虹織りアート作品の、カスタムオーダーについて

虹織りアーティスト

おかげさまで、最近、「虹織り作品」のカスタムオーダーについて質問されることが増えてきました。

これまで、個別にフェイスブックのメッセンジャーで対応させてもらっていましたが・・・。

お問い合わせが増えてきたので、わかりやすいように、こちらにまとめてみました。

「虹織りスカーフ」のカスタムオーダーについて聞かれることが一番多いので、今回、そのことを中心に書いてみますね。

一応、誰もが、1番気になるであろうことを、最初に、正直にお伝えしますね。

カスタムオーダーをお受けすることについて

実は、カスタムオーダーは、積極的にはお受けしていません。

( ̄▽ ̄) チーン

なぜかと言うと・・・。

わたしは、ミディアム織りというか、降りてくる直感で織るのですが・・・。

カスタムオーダーで、「誰か特定の人のためにお造りする」作品は、すっごい莫大なエネルギーがいるんです。

私は、自分のインスピレーションを信じて、「その瞬間、瞬間に直感で降りてくるモノ」を手織りします。

なので、事前に、「どんな色の組み合わせのモノが、最終的に仕上がるか?」は、誰にもわかりません。

私自身ですら、なーんにも予測できません。

私の場合は、お客さまのことを想像すると、たいてい、音楽や色のイメージが、「ポワ〜ン!」と頭に浮かぶので、そのインスピレーションを元に、手織りしていきます。

例えば、「越前海岸」という言葉だったり、「ザザーという波の音が入った音楽」が聞こえる

そうやって「その瞬間、瞬間に直感で降りてくるモノ」を手織りしたのが、こちらのカスタムオーダーの虹織りスカーフです。

ご依頼いただいたお客さまは、マゼンタピンクとブルーがお好きな方でした。私の頭の中には「This is Me」の曲が流れてきました:

ちなみに、事前コンサルテーションで、お客さまの好きな色はお聞きしますが・・・。その色を、「どこにどれだけ織り入れる」などの指定は、お受けできません。

なので、そういうことも含めて、私を信用していただけて、全てお任せいただけるなら、オーダーをお受けしています。

なお、私が、カスタムオーダーのスカーフをお作りするお客さまは、基本的には、対面やオンラインでお会いしたことがある方としています。

その方の人間性や性格が好きで、「この人のために、お造りして、喜んでもらいたい!」と思えると、やる気のスイッチが入って、火がつくのです!

\\\\٩( ‘ω’ )و //// うおおおおおお!!!

たまに面識のないお客さまから、「Facebookで作品を見たけど、虹織り作品を作って」と、カスタムオーダーを打診されることもありますが・・・。

そのお客さまのことを、よく知らないと、色のイメージが湧いてこないし、なんのイメージも想像できないので・・・。それを正直にお伝えして、お断りさせてもらっている時もあります。

手織りの種類について

メルボルンの「さをり織り教室」へ日帰り遠足ツアー。さをり織りは「個性」を活かす織り方です

「手織り」とひと言で言っても、いろんな手法があります。

私の「虹織り」は、「さをり織り」という手法がベースになってます。「さをり」では「機械のマネはしない」ということをスローガンとしています。

私が、さをり織りを通して学んだことは・・・

・均一・均質、パターン化されたものから抜け出す。
・常識や既成概念から離れ、自由な発想と視点を大切にする。
・心を「無」にして織る…。

・みんな違ってていい。みんな天才。

などの、考え方です。

・さをり織りの詳細:https://www.saorinomori.com/saori

私の「虹織り」は、「さをり織り」の考え方がベースになっていますが、その後、私なりに試行錯誤して、独自に、生み出したやり方です(今も進化中)。

カスタムオーダーのプロセスについて

手織りのカスタムオーダーは、1つの作品を仕上げるのに、全工程で1ヶ月前後かかります。

「そんなにかかるの?」と、びっくりしましたか?

((((;゚Д゚))))))) ウハー!

私の場合は、こんな風なプロセスでやります。

(詳細は省きますが、簡単に説明すると、こんな感じです)

① お客さまと、事前のコンサルテーション

・お客さまに、事前の宿題をしてもらいます。お客さまに「ピン!」と心惹かれるイメージ画像(お花、木の葉っぱや幹、キノコ、鳥、動物、山、森、海、波、川の写真や絵など)を、なるべくたくさん選んでもらいます。

・上で選んでもらったたくさんのイメージの中で、特に「気になる色の組み合わせ」の写真を3枚選んでもらい、わたし宛に送ってもらいます。

② 何を、どんな糸で、どのように織るかを決める

・お客さまの好きな色を2色ほど、お聞きします。

・お客さまが、カスタムオーダー作品を使う用途や時期を聞き取りして、それに合った素材の糸を、お客さまにご提案します。

・私がすでに持ってる糸の在庫の中に、お客さまにぴったりな糸がすでにあれば、そこから織っていきます。そうでない場合は、手織り糸の専門店から、その人専用の色・素材・質感の糸を仕入れます。

③ 整経台にタテ糸をかける

・ワープスティックという木の棒の、本数を増やしたり減らしたりして、さまざまな長さのタテ糸が張れる仕組みです。

・織り地は、織り機からはずすと、長さ・幅ともに約10%縮みます。なので、この縮み分を考慮して、「織り長さ」と「織り幅」を決めます。最終的なアート作品のできあがり寸法(織り機からはずした状態の寸法)の、約1.1倍に設定します。

・ また、スカーフの場合は、「縮絨(しゅくじゅう)」というお洗濯の過程があるので、その時の縮み分も考慮します。コットン、シルク、リネンは、ほぼ縮みません。でも、「ウールは約1〜2割」、「カシミヤの残糸、アルパカ、キャメルは約3〜4割」縮みます(縮絨については、⑩でご説明してます)。

・これらの縮み分を考慮して、長さ・幅を決めます。

④ タテ糸の必要な箇所を縛り、整経台からはずす

⑤ ボビンに糸を巻いて、ヨコ糸を準備

⑥ ヨコ糸を織っていく

⑦ スカーフが織り上がったら、織り機から取りはずす

この瞬間は、何度体験しても、「わああああああ〜〜!!!」と、感動の嵐です。

まるで、待ちに待った、赤ちゃんが生まれて来た瞬間のような感激です!

⑧ タテ糸を房結びする

・タテ糸を束ねて結び、房を作ります。こうすると、ヨコ糸が、もうほどけてきません。

・このままでスカーフとして使うこともできますが・・・。 使用しているうちに、房の糸が、からまりやすいです。

・からまった房を、無理に、ほどこうとすると生地が傷む可能性があります。

⑨ 房結びしたタテ糸を、フリンジツイスターという道具で、ツイストしていく

↑小型の洗濯ばさみのような道具で、房をつまみ、ネジネジとツイストしていきます
↑ツイストしたフリンジ の、アップ写真です
↑全部の房をツイストし終わったところ

・両端の房をツイストするのは、とても手間と根気のいる作業です。

・でも、こうやってツイストすることで、フリンジ同士がからまったり、生地が傷むのを防ぎます。

・虹織りアート作品は、より長くご愛用いただけるように、愛情たっぷり込めて1つ1つ作っています。

⑩ 縮絨(しゅくじゅう)する。

・縮絨(しゅくじゅう)とは、繊維同士を絡ませて、さらに風合いを増し、肌触りを良くするための作業です。

・30度ぐらいのぬるま湯で、洗剤を入れた洗濯機で3〜7分洗います。摩擦を掛け繊維同士を絡ませることにより、素材本来の特徴を生かすのが目的です。

・私は、縮絨の時、ソープナッツで洗っています。理由は、デリケートな素材(ウール、シルク、麻)にも使え、天然の界面活性剤サポニンは、汚れを落とすだけでなく、洗濯物を柔らかく洗い上げてくれるからです。柔軟剤も不要です。

・そのあと、「すすぎ、脱水、アイロンがけを経て、陰干し」をします。

【メモ】
・スカーフとして使う場合は、風合いを増し、肌触りをよくするために縮絨します。

・タペストリーやテーブルセンターとして使う場合は、縮絨しないのが一般的です。

虹織りアート作品が完成!!

↑両端のフリンジをツイストすると重みが出て、スカーフがより綺麗に見えます

カスタムオーダーの待ち時間について

わたしは、マルチタスクが、「全くできない人間」です。

( ̄∀ ̄) ガーン

でもっ!! 

1度に1つのことを、ものすごく集中してやるのは得意です!

\\\\٩( ‘ω’ )و //// ぬはは〜!

そういうわけで・・・。

「複数のお客さまの、細かいご希望」を、事前に聞き取りできません。頭の中がパニックになって、優先順位がつけられなくなるのです。

((((;゚Д゚))))))) ガビーン

なので、カスタムオーダーを受けた順番で、1つ1つ作品を仕上げてます。

1つの作品制作が終わり次第、次にお待ちのお客さまに連絡をして、そのお客さまのご希望を聞き取りする感じです。

オーダーが混み合っている時期は、少々お待ちいただくこともあるかもしれません。

カスタムオーダー作品の素材について

わたしのお造りするカスタムオーダー作品は、安い糸を使ってません。

一般的な安いスカーフは、合成繊維のアクリル糸、ナイロン糸、ポリエステル糸、またはチクチクする低品質なウール糸など、安い素材の糸が使われている場合もあります。

実際、合成繊維のアクリル糸やポリエステル糸を使えば、原価も、ずっとずっと安くなります。。。。。そして市販のスカーフや洋服のほとんどは、実際に、そういう素材で作られていて、安いのだけど。。。。。。

でも、そういう合成繊維の糸さんは、万が一、いつかゴミになった時に、何百年も分解されない。。。。。埋め立て地に行っても、土の中の微生物ちゃんたちは、合成繊維を分解できない。。。。。。。

それに、お洗濯すると、糸くずが下水道に流れる。。。。合成繊維の糸くずなどは、マイクロプラスチックになって。。。。。。海のお魚ちゃんたちが食べると、分解できない。。。。そして、お魚ちゃんのお腹に溜まっていく。。。。

それに、合成繊維のスカーフや洋服は、静電気が起きやすかったり、蒸れたり、チクチクしたりして。。。。。私自身が、大の苦手ーーー!!

(わたし、市販の洋服を買っていた時は、服についてるポリエステル製のタグですら、すぐにハサミで切り取っていたぐらいです)

もともと、手織りを始めた時は、「お客さまに販売しよう」とか、全然、想定してなくて・・・(笑)。

だから、原価やコストも全部無視して・・・。自分自身が使って、本当に肌触りがよく、着心地の良い、最高級な天然素材の良い糸だけで、手織りしてます。

それに、「いつかゴミになった時に、地球のお荷物になる素材」も使いたくないっていう氣持ちもあり、天然素材だけで手織りしてるので。。。。。どうしても原価は高くなります。

はっきり言って、「効率化」とは真逆の、独自路線を突っ走ってまーす!

\\\\٩( ‘ω’ )و //// わはは〜!

カスタムオーダー作品のお値段

今のところ、スカーフサイズのカスタムオーダーは、オーストラリアドルで$380(プラス郵送料実費)いただいてます。

日本円の場合は、その時の為替レートで計算します。

安いスカーフが欲しいなら、今の時代、ネットやお店で、いくらでも安いのは、見つかると思います。そういうのと比べたら、「スカーフ1枚に、そんな値段、高すぎる!」と思われるかもしれません。

私も、手織りをやったことがないお客さまの立場だったら、「あ!かわいいスカーフ!スカーフなら、だいたいそこら辺のお店で◯◯円で売ってるし、そんな感じやろう!」と思うだろうから・・・。分かりますよ、その気持ち。

実際、ネットで検索すれば、安くてかわいいスカーフは、いくらでも買えると思うし。機械織りのスカーフは、機械が超高速で、何時間も連続で織ってくれるから、人件費ほとんどかからないし。均一なモノが早く織れるから、安いと思う。。。

また、後進国のカンボジアとかで作られたスカーフも、人件費がすごく安いから、安く販売できると思う。

私が、虹織りを始めてから・・・・。おかげさまでで、いろんな人から、「私も欲しい!注文受け付けてますか?」と聞かれるのだけど。。。

「人件費がほとんどかからない機械織り」や、「カンボジア産」のようなお値段で販売しちゃうと。。。多分、私、ものすごく忙しくなると思う。。。

だけど、1ヶ月前後かけて全力で頑張っても、「赤字続き」いう生活になってしまうかも。だから、今のところ、こういうお値段設定になってます。

私がまだ駆け出しで、こういうカスタムオーダーを始めたばかりの頃は、練習の意味もあって、「今だけ限定の、破格なお値段で$250」でお造りさせてもらっていましたが・・・。

全工程で1ヶ月前後かかるし、最高級な素材だけで作るので・・・。正直に言うと、この破格なお値段でさせてもらっていた頃は、もうけが無いどころか、完全に赤字でした。。。(普通にマクドナルドとかで、時給でバイトした方が儲かるぐらいって感じでした)

でも、カスタムオーダーを何回かお受けして・・・。自分でも「よし、これなら自信を持って、お客さまにお造りできる!」という手応えを感じ始めたので、ちょっと値上げさせてもらいました。

そんな感じでもOKなら、お返事お待ちしてますね〜。

あたたかくて綺麗で、世界のエッセンスが、「ぎゅっ」と詰まってるようなものを織りますね。

(どんな夢色になるかは、出来てからのお楽しみです!)

☆*:.。. o(≧▽≦)o .。.:*☆  わぁぁぁ!

虹織りアート作品のお手入れ方法について

下の記事を、ご参考にどうぞ♪

メルボルンの、日帰り手織り遠足ツアーについて

初回の「日帰り手織り遠足ツアー」です

あ、でも、無理して、私から、カスタムオーダーのスカーフを、お買い物してくれなくて、いいからね。本当に。

メルボルンに住んでいる人には、私の手織りの先生の教室でやる、「日帰り手織り遠足ツアー」にお誘いしてます。

メルボルンのCOVID19のロックダウンの規制が緩くなって、自由に外出可能になったら、私の手織りの先生の教室で、一緒に手織りしませんか?

先生の教室には、足ペダル付きの大きな手織り機があり、初心者でも1日あれば、手織りスカーフやショールが仕上げられます。(10歳ぐらいの子供さんたちも、教室で手織りしてます)

自分の好きな色・素材・柄の糸で、自分だけのオリジナルな手織りのスカーフやショールが仕上げられます。お値段も、ずっと安く済みます。

・初回の「日帰り手織り遠足ツアー」の体験記:

日本・世界各地の、さをり織り教室について

私が、初めて手織りを学んだのは、メルボルンの「さをり織り教室」だったけど・・・。

メルボルン以外の場所にお住まいの方は、日本・世界各地の、「さをり織り教室」に行くことも可能です。

そこに行って自分で手織りすれば、自分の好きな色の糸で織れます。自分で手織りしたスカーフ、とってもかわいいよ。

・日本・海外の、さをり教室の詳細:https://www.saorinomori.com/link

スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク
虹織りアーティスト
⧵ この記事をシェアする ∕
⧵ フォローする ∕
虹織りアーティスト 陽子

コメント Leave your feedbacks