【メルボルンで手織り15】カスタムオーダーの虹織りアートスカーフを作る♪(メルボルン在住のファイナンシャルプランナー京子さんの巻), Weaving a custom-made Rainbow Art Scarf for KYOKO in Melbourne

虹織りアーティスト

オーストラリアのメルボルンで、虹織り(虹色の手織り)をしてる陽子です♪

さて、今回は、メルボルンでファイナンシャルプランナーをされてる「京子さん」からのご依頼で、虹織りアート作品のスカーフをお作りしました。

虹織りアート作品の、つくり方について・・・

わたしは、《ミディアム織り》というか、降りてくる直感で織るのですが・・・。

自分のインスピレーションを信じて、「その瞬間、瞬間に直感で降りてくるモノ」を手織りします。

なので、事前に、「どんな色の組み合わせのモノが、最終的に仕上がるか?」は、誰にもわかりません。

私自身ですら、なーんにも予測できません。

私の場合は、お客さまのことを想像すると、たいてい、音楽や色のイメージが、「ポワ〜ン!」と頭に浮かぶので、そのインスピレーションを元に、手織りしていきます。

そうやって「その瞬間、瞬間に直感で降りてくるモノ」を手織りして出来るのが、カスタムオーダーの虹織りアートスカーフです。

あ、ちなみに、カスタムオーダーの詳細は、こちらです:

動画:完成した虹織りアートスカーフです

ご依頼いただいたお客さまは、マゼンタピンクとブルーがお好きな方でした。私の頭の中には、「This is Me」の曲が、「ぽわ〜ん」と流れてきました↓

なので、この虹織りアートスカーフの、作品タイトルも「This is Me」になりました↓

完成写真(全体像):京子さんの虹織りアートスカーフ

完成写真(両端のフリンジ):京子さんの虹織りアートスカーフ

風に吹かれて、ひらひらと踊るフリンジが、めっちゃ可愛い〜!

完成写真(織り生地のアップ写真):京子さんの虹織りアートスカーフ

タテ糸とヨコ糸の色の組み合わせによって、いろんな表情を見せてくれるので、どこも可愛い〜!!

赤には赤の良さがあり・・・オレンジにはオレンジの良さがあり・・・ブルーにはブルーの良さがあり・・・いろんな色が勢揃いすると、それも良し・・・

手織り機で織ってる写真:京子さんの虹織りアートスカーフ

↑天然素材の糸ちゃんたちです(シルク、リネン、コットン、アルパカ、ウール、メリノウール)
↑タテ糸を整経(せいけい)してるところです
↑整経(せいけい)したタテ糸を、これから織り機に巻き取って行くところです

メルボルンはロックダウン中なので、今回の虹織りアート作品は郵送させてもらいました♪

京子さんの、もう1つのカスタムオーダー品です

今回の京子さんからのオーダーのあと、「京子さんのお母さんの80歳の誕生日プレゼント」のカスタムオーダーも、いただきました。

京子さんのお母さんは、「黒いタンスの上に敷くテーブルランナーのような織り地」をご希望でした♪

そのテーブルランナーの上に、置物を飾りたいとのことでした♪

詳細は、こちらです↓:

では、では〜!

虹色の手織り生活を、お楽しみくださいね〜♪ 

Happy rainbow weaving♪

(﹡ˆᴗˆ﹡)

スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク
虹織りアーティスト
⧵ この記事をシェアする ∕
⧵ フォローする ∕
虹織りアーティスト 陽子

コメント Leave your feedbacks