【メルボルンで手織り16】カスタムオーダーの虹織りアートテーブルランナーを作る♪(メルボルン在住のファイナンシャルプランナー京子さんのお母さんの誕生日ギフトの巻), Weaving a custom-made Rainbow Art table runner for KYOKO’s mum in Melbourne

虹織りアーティスト

オーストラリアのメルボルンで、虹織り(虹色の手織り)をしてる陽子です♪

さて前回、「メルボルンでファイナンシャルプランナーをされてる、京子さん」からのご依頼で、《虹織りアート作品のスカーフ》をお作りしました。

*こちらです↓:

そして今回は、その京子さんから、「お母さんの80歳の誕生日プレゼント」のカスタムオーダーをもらいました♪

京子さんのお母さんは、黒いタンスの上に敷くテーブルランナーのようなものをご希望でした。そのテーブルランナーの上に、置物などを飾りたいとのこと。

作品タイトル:「Renaissance of Celtic Harp + 越前海岸」

京子さんのお母さんが手作りした手芸作品や、お母さん自身の写真を見せてもらった時に、私の頭の中に、「ぽわ〜ん」と浮かんだのは、こちら:

Alan Stivell氏の曲「Renaissance of Celtic Harp」でした。特に、冒頭の「ザザ〜」という波の音↓:

Alan Stivell – YS

それと同時に・・・・

私の生まれ故郷である福井県の、私がよく行った越前海岸のイメージも、「ぽわ〜ん」と出てきました↓:

・・・ということで、今回の作品タイトルも、「Renaissance of Celtic Harp + 越前海岸」になりました↓:

完成写真(全体像):京子さんのお母さんへの誕生日ギフト

完成写真(両端のフリンジ):京子さんのお母さんへの誕生日ギフト

黒いタンスの上に乗せたら、布の両端が20cmほど、タンスの横に垂れる長さにしました

完成写真(織り生地のアップ写真):京子さんのお母さんへの誕生日ギフト

↑あ、この茶色い丸いのは、ソープナッツです
↑ソープナッツは、お洗濯に使います

手織り機で織ってる写真:京子さんのお母さんへの誕生日ギフト

↑今回の、メインの糸ちゃんたち:(左下から順に)「シルク」、「コットン」、「リネン+オーガニックコットンの混紡」、「オーガニックコットン」
↑タテ糸を整経(せいけい)してるところ

メルボルンはロックダウン中なので、今回のアート作品は郵送させてもらいました♪

↑左のブルーのが今回の作品。右のピンクの作品は、京子さんへの虹織りアートスカーフです。

「メルボルンでファイナンシャルプランナーをされてる、京子さん」への《虹織りアートスカーフ》は、こちらです↓:

あ、ちなみに、「カスタムオーダーについて」は、こちらです:

スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク
虹織りアーティスト
⧵ この記事をシェアする ∕
⧵ フォローする ∕
虹織りアーティスト 陽子

コメント Leave your feedbacks