Use dropdown menu to choose ENGLISH ↓

【メルボルンで虹織りアート55】虹織りアートシュシュを創作, チャクラ色のタテ糸, 天然素材の糸を使用, Rainbow Weaving Art Scrunchies

虹織りアート/Rainbow Weaving Art

オーストラリアのメルボルンで、虹織り(虹色の手織り)アート作品を創造してる陽子です。

Rainbow Weaving Art | Melbourne | Award-winning textile artist

◆【虹織りアートを創作中 – 撮影&編集 Shion Zion】◆
◆【森の妖精の虹織りアート服 – 撮影&編集 Shion Zion】◆

長い髪の毛、どんな風に束ねてる?

うちの旦那ラッセルは長髪です。短髪は好きじゃないらしい。しかも髪の毛を束ねたりせず、ダラっと下ろしてるのが好きなんだそう。(ご飯食べる時に、ラッセルの髪の毛が彼の口の中に入って、知らずにムシャムシャと食べてる時も!)

私は、それ、できないのよねー。(((;꒪ꈊ꒪;))):ウガー

家の掃除したり、料理作ったり、手織り機で作品を織ったり、ミシンで縫い物をしたり・・・っていう時に、髪の毛がバサーっと顔の周りにきて、手元がよく見えなかったりすると耐えられない。∑(๑º口º๑)!!

そこで、なーんてことない、可愛さもへったくれもない赤色のゴム紐を20cmぐらいの輪っかにして、髪の毛を束ねていることがほとんどでした。まさに機能性重視って感じでした。

でも・・・・。以前から、『虹織りシュシュって可愛いだろうなぁ・・作ってみたいなぁ・・・』と思っていたのでした。 

シンクロや引き寄せがスタート

これ、みんなも体験したことあるかと思うけど・・・。 

『赤いズボンが欲しいな』って意識し出すと、あっちでもこっちでも赤いズボンが目につくことってない?

今回、私もこれを体験しまして・・・。

『虹織りシュシュを作ってみたいなぁ〜♪』って意識し始めたら・・・。インスタやフェイスブックをパッと何気なく開けても、シュシュが『バーン!』とお約束のように登場するし・・・。( ✧д✧)キラーン

あっち見ても、こっち見ても、自分の周りが急にシュシュだらけになりました!
キャー(⁎˃ ꇴ ˂⁎)ッ 

これは作ってみるしかないべ!

【動画】虹織りシュシュ(8個)の見た目&使い方

↑上の動画が表示されない場合は、こちらをクリックすると見れます

◆髪質によっては、手織りシュシュが髪の毛から落ちやすい方もいるかもしれません。

◆その場合は市販のヘアーゴムで髪の毛を結んでから、その上に手織りシュシュをつけるとズレ落ちにくくなります。

【動画】完成作品(8個)を髪につけてみました

上の動画が表示されない場合は、こちらをクリックすると見れます

◆機械織りの布地で作った、一般的な大量生産されている市販のシュシュは薄手です。ミシン糸のように細い糸で、機械織りされた布地だからです。

◆一方、手織り生地で作ったシュシュは厚手です。手織りで使う糸はタコ糸ぐらいの太さだからです。

【写真】虹織りシュシュの完成作品(8個)です

↑(1)赤系:A面
↑(1)赤系:B面(裏返し)
↑(2)ブルー系:A面
↑(2)ブルー系:B面(裏返し)
↑(3)レインボー系:A面
↑(3)レインボー系:B面(裏返し)

シュシュ8個、全員集合!

↑A面(夕方撮影)
↑B面・裏返し(夕方撮影)
↑A面(早朝撮影)

◆夕方に撮影した写真は、スッキリした爽やかな色合いで写ってます。

◆早朝に撮影した写真は、部屋に朝日が差し込んでいたので、黄色味がかった暖かな色合いで写ってます。

【Sold】シュシュ:1番目

◆売り切れました。

↑A面(夕方撮影)
↑B面(夕方撮影)
↑A面(早朝撮影)
↑B面(早朝撮影)

【Sold】シュシュ:2番目

◆売り切れました。

↑A面(夕方撮影)
↑B面(夕方撮影)
↑A面(早朝撮影)
↑B面(早朝撮影)

【Sold】シュシュ:3番目

◆売り切れました。

↑A面(夕方撮影)
↑B面(夕方撮影)
↑A面(早朝撮影)
↑B面(早朝撮影)

【Sold】シュシュ:4番目

◆売り切れました。

↑A面(夕方撮影)
↑B面(夕方撮影)
↑A面(早朝撮影)
↑B面(早朝撮影)

シュシュ:5番目

↑A面(夕方撮影)
↑B面(夕方撮影)
↑A面(早朝撮影)
↑B面(早朝撮影)

【Sold】シュシュ:6番目

◆売り切れました。

↑A面(夕方撮影)
↑B面(夕方撮影)
↑A面(早朝撮影)
↑B面(早朝撮影)

【Sold】シュシュ:7番目

◆売り切れました。

↑A面(夕方撮影)
↑B面(夕方撮影)
↑A面(早朝撮影)
↑B面(早朝撮影)

【Sold】シュシュ:8番目

◆売り切れました。

↑A面(夕方撮影)
↑B面(夕方撮影)
↑A面(早朝撮影)
↑B面(早朝撮影)

創作プロセスお見せします!

タテ糸の巻き取り

↑5m分のタテ糸を、織り機で巻きとり

タテ糸を経通し(へとおし)

↑タテ糸を一本づつ、金属製のスリットに通していく(経通し=へとおし)
↑タテ糸を穴に通していく。手前の穴にタテ糸を通したら、次は奥の穴に通す。一本づつ交互に通す。

ヨコ糸を織り込んでいく

↑ヨコ糸を一本づつ織り込んでいく。

シュシュ1個分(50cm)の織り生地を織るのに、だいたい1時間ぐらいかかります。

ヨコ糸の色を頻繁に変えると、一つのシュシュの中に、より多くのカラフルな色が入ります。

(その分、手間と所用時間も増えますがー!)ドキ(✱°⌂°✱)ドキ

縮絨(しゅくじゅう)

↑洗濯機で洗いにかけて、布地を縮絨(しゅくじゅう)。日陰で干す。

シュシュを仕立てるために、布地をカット

↑5mのタテ糸で、8個分のシュシュ生地を裁断できたよ
↑カットした生地

ミシンで筒状に縫う

↑同じ長さにカットした布地を、筒状に縫う

縦半分に折り、ミシンで端を縫っていく

↑シュシュ生地を縦半分に折る。クリップで押さえて固定。ミシンで端を縫っていく

返し口から、生地を裏返し

↑返し口から、内側に入ってる生地を引っ張り出す

シュシュの外側を押さえ縫い

↑手前のシュシュは、生地の裏返しが終わったところ

◆機械織りされた市販の布地でシュシュを作る時は、生地を裏返した後、返し口を手縫いで縫いとじたらオッケー。

◆手織り生地は市販の生地より分厚いので、このままではシュシュ生地がもたつく。なので最後の仕上げに、『シュシュの外側を縫い押さえ』する工程が入ります。

最後の仕上げ:シュシュの外側を縫い押さえ

↑外側から2mmぐらいのところを押さえ縫いして、生地を落ち着かせる

完成!

シュシュの外側をミシンで押さえ縫いしたら、生地がもたつかなくなった

素材

◆タテ糸:チャクラ色の天然素材の糸(コットン、リネン)

◆ヨコ糸:いろんな色の天然素材の糸(コットン、リネン)

お値段

$30オーストラリアドル(シュシュ1個につき) + 送料実費

◆メルボルンにお住まいの方で、Box Hill駅近くでピックアップ出来る方は送料なしで大丈夫です。

再販予定

◆なし

【再販をしない理由】今回、タテ糸を5m仕込んで、出来上がったシュシュが8個分でした。

実際にやってみて分かったけど・・・。

シュシュの生地は、細めの手織り糸で薄手の生地を作らなくてはいけません。これを5m分作るって、かなりの大仕事でしたっ(滝汗)。なのに、『たったの8個分しかシュシュが作れない』って知って、愕然としました。(((;꒪ꈊ꒪;))):ガーン

創作するためにかかる手間と時間が膨大な割には、数が全く量産できないのです。(ひぃぃぃ〜っ)((((;゚Д゚))))ガクガクブルブル

今回は初めて作るモノだったので、私も『どんな風になるんだろう〜?』と楽しくワクワクしながら作れました!(←これ、めっちゃ大事!)

私は自分の創作する虹織り作品に『しあわせなワクワクエネルギー』だけを乗せたいからです!(((o(♡´▽`♡)o)))ホワーン

でも・・・。『虹織りシュシュをもう一回作って再販して!』と言われたら、どMな拷問地獄になってしまいます。(私は、そういうエネルギーが乗ったモノはお造りしたくないのです!)

そういう理由で、虹織りシュシュは今回の8個限りになりそうです。次回の創作は多分ないです!(あしからず!)( ̄^ ̄)ゞピッ

なので、欲しい人は、今回ゲットしてみてね!(๑ˊ͈ ꇴ ˋ͈)アリガト~

◆【オンラインショップ / SHOP ONLINE】◆
◆【虹織りアートスカーフをカスタムオーダー】

▶︎世界に一つだけの『あなた色』の虹織りアートスカーフをカスタムオーダーしませんか?
▶︎Custom-order your one-of-a-kind handwoven wearable Rainbow Weaving Art Scarf?

◆【しあわせをよぶ虹織りアートの魔法】◆

虹織りアート作品には厄除け&お守り効果がある!と、たくさんのお客さまから感動の声をいただいています!

・タテ糸にチャクラ色(虹色)を織りいれて創作。チャクラ色の波動が身体バランスを整える。

・昔から『七色のものを身につけると災厄を防ぎ、幸運を招く』と言われます。風水や四柱推命でも『厄年の時など、厄がつきやすい時には虹色のものを家に置くと良い』と言われます。虹色の不思議な効果をまとめました▶︎▶︎

・高品質でお肌に優しい天然素材の糸で創作。

・厄除け・しあわせをよぶ虹織り作品を身につけて、豊かに幸せに生きましょう。

◆【メルマガ登録/JOIN OUR NEWSLETTER】◆

▼氣が向いた時に恩送り無料ギバーやってます!(メルマガ登録者だけにコッソリお知らせします)↓
▼Be the first to know about new arrivals, sales, and special events↓

Subscribe

* indicates required
◆【虹織りアート体験ワークショップ – 撮影&編集 Shion Zion】◆
虹織りアート/Rainbow Weaving Art
虹織りアーティスト 陽子

コメント Leave your feedbacks