虹織りアート作品の、お手入れについて♪

虹織りアーティスト

◎虹織りアート作品は、風合いやデザインを大切にしており、非常にデリケートな天然素材を使用しています。

◎以下の注意事項をよくご理解頂き、長くご愛用いただけると幸いです。

お取り扱い上の注意

・すべて手作業の手織り作品のため、1点1点、個体差があります。

・極限まで甘く織った生地は、ひっかかりやすく、ひきつれやすいため、着用の際は、爪やアクセサリー等に十分ご注意下さい。

・使用時の摩擦等により、目寄れが生じることがありますのでご注意下さい。目寄れは指先で優しく整えることにより、ある程度回復します。

・デザインや素材の特性上、着用、洗濯・クリーニング時の摩擦により、多少ほつれ、毛羽立ち、毛玉が生じることがありますのでご了承下さい。 その際はお早めに、毛玉とり器などで手入れしてください。

虹織りアート作品のお手入れ方法

スカーフ・ヘアーバンド の場合

・手洗いで洗えます。 

・洗い方は、下記の詳細をご覧ください。

テーブルランナーの場合

・洗えません。 

・汚れた場合は、固く絞った布に薄めた中性洗剤を含ませ、軽く部分的に叩くように拭き、その後水洗いした布で洗剤を拭き取り、最後は乾拭きで陰干ししてください。

虹織りアートスカーフやヘアーバンド のお洗濯について

◎洗濯を繰り返すうちに、風合いが変化してきます。 

・変わっていく風合いも、合わせてお楽しみ下さい。

◎虹織りアートスカーフやヘアーバンド は、ソープナッツのお洗濯をオススメしています。 

・ソープナッツは、「ランドリーナッツ、ムクロジの木の実」とも呼ばれます。 英語名は「Soapberries」です。

・デリケートな素材(ウール、シルク、麻)にも使え、天然の界面活性剤サポニンは、汚れを落とすだけでなく、洗濯物を柔らかく洗い上げるため、柔軟剤も不要。 

・繊維に優しく、大切な衣類の色合いと風合いを守ります。

・ブログ「プラなし生活」にも、ソープナッツの使い方が書かれてます: 

◎ソープナッツが手に入らない場合は、中性洗剤をお使いください。 

・中性洗剤は、一般に「おしゃれ着洗い用」と表示され、パッケージの裏に「中性洗剤」と書かれています。 

・ウールは、熱・摩擦・弱アルカリ性によって縮みます。 

・一般的な洗濯洗剤は、弱アルカリ性のものが多いです。 

◎虹織りアートスカーフやヘアーバンド のお洗濯の際のご注意

・縮む恐れがありますので、洗濯機・乾燥機は使用しないでください。 素材の特性上、表示通りに洗っても縮む場合がございます。 ご了承ください。

・洗濯は手洗いで優しく行い、漂白剤は使用しないでください。

・色が移る恐れがありますので、お洗濯の際は、他のものと分けて洗ってください。

・濡れた状態で長時間放置すると、型崩れの原因となります。

・長期間ご使用のない場合は、洗濯後よく乾かしてから平たたみにし、風通しの良い暗所にて保管してください。

虹織りアートスカーフやヘアーバンド の洗い方手順

(1)スカーフの場合は、ヒモや輪ゴムを6つほど用意し、両端のフリンジを軽く結びます。 お洗濯の時に、フリンジがもつれにくくなります。(ヘアーバンドはフリンジがないので、このプロセスは省略)

(2)なるべく大きく洗いやすい桶を用意します。 水をはり、ソープナッツ液(または中性洗剤)を溶かしてから、軽く畳んだスカーフを入れます。 スカーフやヘアーバンドは空気を含んでいるので、初めは沈みにくいですが、優しく押すと、徐々に水を吸って沈みます。

(3)強くかき回さずに、10分程度漬け置きます。 中性洗剤の場合は洗剤の説明書を読んで時間を調整してください。 もみ洗いは厳禁。 形が崩れる場合があります。

(4)水を捨て、すすぎます。 洗剤が残らないように、何度か水をかえて、よくすすいでください。

(5)洗ったスカーフを水切りします。 畳んだスカーフやヘアーバンド を手で挟んで、水を出していきます。 強く絞らないこと。

(6)乾いたタオルの上にスカーフを伸ばして広げ、タオルと一緒に巻いていきます。 タオルに水を吸わせておくと、乾燥が早く歪みも少なくなります。 濡れたまま長時間放置すると色落ち、色移りの原因になります。 乾燥機は使用せず、自然乾燥させてください。

(7)干す前に縦・横に形を整えます。 

(8)両端のフリンジに結んだヒモや輪ゴムを、生地を傷めないように、ゆっくりとほどきます。 (ヘアーバンドはフリンジがないので、このプロセスは省略)

(9)平干しで陰干しします。 直射日光に当てて干すと日焼けします。

虹織りアートスカーフやヘアーバンド のアイロンがけについて

◎アイロンがけは不要ですが、もしするなら生乾きの状態で。

(1)虹織り作品は、なるべく真っ直ぐになるように置き、当て布(要らなくなったシャツ生地やハンカチの端切れなど)を用意します。

(2)アイロンは中温(140-160℃)に温める。 当て布を使いながら、スチームを使用して、上から押すようにかける(アイロンを滑らせると織り目がゆがんでしまうことも)

(3)アイロン後に虹織り作品に水分や熱が残らないように、少しの間、陰干し。

虹織りアート作品を郵送する場合のラッピングについて

虹織りアート作品を郵送する時は、無駄なゴミが出ないように、過剰包装はしていません。

郵送の時に、作品が入っていた半透明の袋について

もしも、「えぇ~!!プレゼント用なのに、こんなゴミ袋みたいな袋に入れてラッピングするなんてー!!」と、驚かせてしまったら、ごめんなさいね。

セロファンなど透明度の高い、石油由来のプラスチックでラッピングすれば、ツヤツヤと光沢が出て高級感が出ますが・・・・・作品を取り出したあと、すぐに地球のゴミになります。それが嫌で、どうしてもセロファンなどは使いたくないのです。

私がつくる手織り作品は、地球環境・動物・人間に優しい、サステイナブル(持続可能・再生可能資源)な天然素材のみで作っています。

ラッピング用の素材も、本当なら紙だけを使いたいのですが・・・・・郵送中の事故による濡れ・汚れから、お客さまへの大切な作品を保護するために、Bio-PE (バイオポリエチレン)というサトウキビ植物由来のポリエチレンの袋に入れています。

この植物由来のグリーンポリエチレンは、再生可能資源です。

郵送方法について

・通常は、Australia Postから、「追跡機能つきのExpress Post」で郵送します。

・郵送後に、「Tracking Number(追跡番号)」をお伝えします。

・通常、メルボルン市内なら、郵送した翌日か、翌々日には到着します。

・郵便物の追跡は、下の方法でどうぞ:

(1) 下のAustralia Postのウエブサイトに行きます:
https://auspost.com.au/mypost/track

(2)郵送後に送る「Tracking Number」をコピペします:
追跡番号は、こんな感じの16桁の番号です:「R000000000000000」

あとは、あたたかくて綺麗で、世界のエッセンスが、「ぎゅっ」と詰まってる虹織りアート作品が届くまで、楽しみに待っててね。

(どんな夢色になるかは、届いてからのお楽しみです!)

\\\\٩( ‘ω’ )و //// うひょ〜♪

English instructions

スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク
虹織りアーティスト
⧵ この記事をシェアする ∕
⧵ フォローする ∕
虹織りアーティスト 陽子

コメント Leave your feedbacks