14メルボルンで手織り:リネン糸で虹色のテーブルランナーを作る♪, Weaving a SAORI-style linen rainbow table runner

虹織りアーティスト

オーストラリアのメルボルンで、虹織り(虹色の手織り)をしてる、陽子です! 

今回は、《虹織りテーブルランナー》を手織りしました♪

テーブルランナーは、テーブルの中央に掛ける帯状の1枚の布です。テーブルクロスのように、テーブル全体を覆うものではないです。テーブルクロスの上に、使うこともあります。

テーブルランナーは、テーブルを華やかに演出してくれるものです。

基本的には、左右に布を垂らして使います。テーブルのサイズとのバランスにもよりますが、テーブルの端から20~30センチ垂らすと美しく見えます。

リネン100%のスカーフ?

今回、このテーブルランナーを作る時に使ったのは、リネン100%の糸です。 

リネンの糸だけで手織りすると、シャリ感が出て、張りのある布地に仕上がりました。

リネンは丈夫で、お洗濯すればするほど、柔らかく手触りがよくなる素材です。

だけど、織り上がったばかりの布地は、あまりにもシャリ感がありすぎて、このままスカーフとして使うのは無理です。ゴワゴワな感じで、変にボリュームが出過ぎます。

ただーし!! 

今回、私が使ったリネンの糸は、かなり太めの糸でした。織り方も、結構、きつめに織りあげました。 

スカーフとして使うなら、もっと細めの糸にして、ゆったりと甘い織り方にすれば、しなやかさも出て、夏のスカーフに良いかも〜♪

スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク
虹織りアーティスト
⧵ この記事をシェアする ∕
⧵ フォローする ∕
虹織りアーティスト 陽子

コメント Leave your feedbacks