クリエイティブで幸せに生きるアイディアを紹介。オージー旦那と国際結婚した日本人妻がメルボルンからお届け〜♪

ハンドメイド作品を感動的に撮影:フジフィルムのミラーレスカメラX-T10とiPad miniの撮影比較

Sewing/ソーイングのアイディア

 

飽きっぽく、なにごとも三日坊主になりがちな私だけど、書くことだけは楽しくて、無料ブログのBloggerで、約10年間ブログを書き続けました。(2017年1月に、このWordpressのブログに引っ越ししました)

だけど、はっきり言って、写真の質とか、考えたことすらなかったの。

ハンドメイド作品を、ブログにアップするようになってからは、iPad miniのカメラや、Sonyのコンパクトデジタルカメラで撮影してきました。

でも、なんか冴えない写真・・・。

もっと見栄えの良い写真が撮影できないものかしら?

・・・ってことで、猛烈なリサーチした後、最終的に、フジフィルムのミラーレスカメラ「X-T10」を買いました。

ミラーレスカメラデビューの、ビフォー&アフターの写真を載せてみましたよ。

ビフォー:iPad miniで撮影した写真

 まずは私のハンドメイド作品「ロールペンケース」を、いつもどおりにiPad miniで撮影。

夜だったので、室内のデスクランプの光の下で撮影しました。

どの写真も、「いかにも、ど素人が撮影した感」が満載の、微笑ましい、しょぼい写真です。

 

アフター:フジフィルムミラーレスカメラX-T10で撮影

 

  

フジフィルムのミラーレスカメラX-T10で撮影した写真、どーです???(ドヤ顔)

午前中の自然光で撮影しました。

ダイソーの白い厚紙で自作したレフ板も使ってます。

撮影した写真をパソコンに取り込み、大画面で初めて見た時の感動ったら!!

マジーーーーーーーーーーッ?!

これ、私が撮った写真なのぉーー?!

(≧∇≦)

いや、もう、ほんとに、信じられなかったです!

ようこ
ようこ

まるでオシャレな雑誌の写真みたい・・・。もしかして私って、天才?!

 

・・・ぐらいの勢いで、自分の写真に酔いしれました。(自画自賛)

念のため、iPad miniの名誉の為に補足すると・・・

・私のiPad miniは初期のもの。今ほど、カメラ性能が良いとは言えません。

・撮影したのは夜。室内のデスクランプを使用しての撮影でした。

・私のカメラ撮影に関する知識は、0の状態。

なので、iPad miniには、ハンデがあり過ぎた、と言えなくもないけど・・・。

それでも、自分でもこんなに差が出るとは思ってもみなくて、正直言ってショックでした。

カメラ選びに試行錯誤した時期「どれが一番いいの?」

フジフィルムのX-T10を買う前に、どのカメラがいいか、随分リサーチしました。

半年以上も!

何しろね、これまでカメラに全然興味がない私だったので、予備知識0からのスタートなんです。正直言って、どれも同じに見える!!

とにかく情報を集めるところから始めました。

  • カメラ専門店に足を運んだり・・・
  • カメラ好きな友人達に聞いたり・・・
  • ネットのレビューを読んだり・・・
  • 本を読んだり・・・

カメラ専門店のスタッフに相談する

まずは、シドニーのCBD(中心部)にある、カメラ専門店「D」店に、足を運んでみました。

男性スタッフ:何かお探しですか?
私:ミシンでソーイングするのが好きで、作ったハンドメイド作品の撮影に使うカメラを探してます。
男性スタッフ:あ、それなら、いいのがありますよ!(店の一番奥の、高価そうな売り場に誘導される)こちらのカメラです!(自信満々)出典:http://www.digidirect.com.au/cameras/medium_format_cameras/leica_s_typ_006_medium_format_dslr
私:あら、なーんだ!カメラって案外安いのね。レンズ抜きの値段で、たったの$27,750(2,300,683円=230万円)しかしないのねぇー。じゃ、今すぐ買っちゃうわ!ちょうど、お財布にも現金で300万円入ってるし!

・・んな訳ありませんって!!(怒)

まぁね、店員の気持ちも分かりますよ。

「カメラの予備知識0」のアジア人女性に、「どのカメラが一番いいですか?」なんて質問されたら、めっちゃ面倒臭いですよね?今日買わないかもしれない人に、根掘り葉掘り「絞りって何ですか?」「一眼レフと、安いコンデジの違いは何ですか?」なーんて質問されたくないですよね。(それにしてもねぇ・・・)

「カメラオタク」の友人に相談

カメラオタク友人:僕は一眼レフカメラと、コンデジと両方使ってるよ。プロのフォトグラファーは、ニコンか、キャノンの一眼レフだよ。ニコンのカメラのスペックは、画素数500万画素~600万画素が何とかで、CCDサイズは2/3型がどーたらこーたら。レンズの焦点距離がf=7.1~21.4mmだと何とかで、F値はF2.8~F4.8かな。ISO感度は・・・

カメラ好きな友人が勧めるぐらいだから、なんか分からんけど良さそう(苦笑)。

でも、意味が全然分かりませーん!!

今の、日本語?!!

とにかくね、一眼レフが良さそうなのは分かったけど、スペックがどーのこーの以前に、ゴッツくて、大きくて、重いので、私は好きになれませんでした。

なので、却下!

ネットでカメラについて検索

カメラオタクの友人のアドバイスは、私には難易度高すぎるなと思い、「困った時の頼りの綱」グーグル先生に聞いてみました。

でも・・・

結果は同じ(苦笑)。スペックオタクの自慢大会に、意気消沈・・・。

ガーーーーーーーーーーン!! 高いカメラは難しい!ネット見ても意味分からんし。せっかく高級カメラ買っても、使いこなせなさそう・・・諦めるしかないかな・・・

そんなある日、良い情報を見つけたんです!ヒガシーサーさんっていう、沖縄在住のカメラ好き男性のウエブサイト。

富士フイルムのミラーレス一眼は全てオススメしたいくらいの愛情がありますけど、初心者さんが初めて選ぶならX-T10しかありません。

価格も手頃ですし、まずはX-T10に単焦点レンズを付けて写真を撮ってみてください。

出典:https://higashisa.com/fujifilmmatome/

ヒガシーサーさんのウエブサイトは、カメラ超初心者の私でも分かるように、優しく説明してくれてるの。

「玄米の硬いお米」を、「ドロドロのおかゆ」ぐらいに、食べやすくしてくれてるっていうの?

彼のウエブサイトを、毎日毎日、読みました。そのうちに、徐々にカメラの知識もついてきました。

そして、フジフィルムのX-T10を買おうと決心したのが、この言葉:

X-T10とX-T1は、今一番FUJI機のなかでハイスペックなカメラとなっています。

X-T10は防塵防滴を省きつつも、T-1と同等の性能を持っています。価格は安いとは言えませんが、進化したAFやゾーンAFが使用できるのも魅力。ヒガシーサー的にはX-T10が一番おすすめですね。

X-T10はX-T1の精細な描写をそのままに、コンパクトに仕上がっています。その上、オートフォーカス性能や、シャッター速度、ビューファインダーの見やすさなどが向上しています。防塵・防滴機能がないことを除けばほとんどX-T1に劣るところがありません。

それでいて価格は約8万円とリーズナブルです。X-T1の価格は約12万円なので、X-T10はかなり費用対効果が高いカメラと言えます。X-T1だけの性能がどうしても必要という方以外には、X-T10を強くおすすめします!

出典:https://higashisa.com/fujixt10/

なので、私が、今、フジフィルムのミラーレスカメラ「X-T10」を持っているのは、このヒガシーサーさんのブログがあってこそだったのです。

あの時、ヒガシーサーさんのブログに出会っていなかったら、未だに、カメラ選びで迷ってたか・・・

それとも、諦めてiPad miniでこれまで通りの冴えない写真を撮り続けていたか・・・。(苦笑)

 

追記情報:2017年5月29日

2015年に出たフジフィルムのミラーレスカメラX-T10ですが、今は出荷終了してます。現在店頭に出回っているもので最後になります(今も残ってるのかな?)。あとは、中古品を狙うか・・・。

でもっ!

X-T10の後継機である、X-T20が早くも発売。2017年2月28日に発売されました。

フジフィルムのデジタルカメラと一緒に使ってるもの

シドニーでカメラを買う前に、これらのものをあらかじめ準備しておきました。

* カメラを買ってすぐに装着し、液晶を保護する透明フィルム:

フジフィルムX-T10専用液晶保護フィルム(ハクバ社製)

* カメラを買ってすぐに装着し、レンズの傷を防ぐ:

DHG 58mmスーパーレンズプロテクト(マルミ社製)

* ハンドメイド作品のディテールを、アップで撮影したい時に(高級レンズを買うよりめっちゃ安いし、かなり近くまで寄れます!):

クローズアップレンズMC +4 58mm(マルミ社製)

* お得なクーポン(フジフィルムのデジタルカメラの購入を考えてるなら♪):

FUJIFILMデジタルカメラ

私は、大事なカメラに、ベタベタと指紋つけたくなかったので、保護フィルムをカメラに装着させる時は、白い手袋はめて、「手術のオペをする外科医」のように、完全防備で挑みましたよ!(笑)

では、撮影楽しんでみてね♪

コメント