オーストラリアのメルボルンで手織り体験するならここ!日本発祥の「さをり織り」を手織り体験ツアーで楽しもう!

手織り体験ツアー
Source: https://www.facebook.com/artweaverstudio/

オーストラリアのビクトリア州で、日本の大阪発祥の手織り「さをり織り」体験ができるところがあるって知ってますか? 

メルボルンのSouthern Cross(サザンクロス)駅から、電車で80分ほど北に向かうと、緑の木々が広がるファームに到着します。その広大な自然の中に、手織り教室「Art Weaver SAORI Studio」があります!

この手織り教室では、日本の昔話「鶴の恩返し」に出てくるような、本格的なパッタンパッタンする手織り機で織ります。

さをり織りとは?

「さをり織り」の名前の意味は、 

それぞれが持つ個性・感性を織り込む、つまり「差異を織る」ところから来ています。「さをりの森」から引用させてもらうと:

「さをり織り」の理念は、「教えないで引き出す」「思いのままに織る」で、色彩や素材・織り方も自由という制約のないところが、既成概念にとらわれない障がいを持つ人たちにも向いており、感性豊かな作品が次々と生まれています。

出典: http://www.saori.co.jp/gaiyou.html

さをり織りは、老若男女、障害の有無、国境を越えて、すべての人々が平等に楽しむことができる手織りです。

さをり織りをすると、「感性を織る。自分を表現する」ことが、うまくなります。

「さをり織りの教室で、どうやって織るのか見たい」という方に♪

手織り体験の様子を動画で見れます:

簡単さをり織り体験
出典:手織適塾さをり

メルボルンのさをり織り教室「Art Weaver SAORI Studio」とは?

メルボルンの手織り教室「Art Weaver SAORI Studio」は、電車のKyneton(カイトン)駅近くにあります。教室は、2014年からスタートしました。

手織りアーティストの「ヘザー先生」と、長年のエンジニア経験がある旦那さんの「グレッグさん」が、教室を運営しています。

この教室では、日本の大阪発祥の手織り「さをり織り」が学べます。

メルボルンの手織り教室「Art Weaver SAORI Studio」の写真です

Source: Art Weaver SAORI Studio

↑ヘザー先生です。(写真かわいい〜)

Source: Art Weaver SAORI Studio

↑この手織り教室の創立者のお二人。

グレッグさん(左)と、ヘザー先生(右)。

Source: Art Weaver SAORI Studio

↑ヘザー先生は、2013年に大阪の「さをりの森」で、「城研三(じょう けんぞう)先生」から、さをり織りを学びました。

さをり織りに出会う前は、教育、デザイン、アート、色彩、テキスタイルに関わる活動をされていたそう。

Source: Art Weaver SAORI Studio

↑ヘザー先生の旦那さん「グレッグさん」。

グレッグさんは、元エンジニアです。手織り教室でも技術スタッフとして、手織り機のメインテナンス、組み立て、修理などで大活躍です。

Source: Art Weaver SAORI Studio

↑手織りに使う、色とりどりの糸です。

Source: Art Weaver SAORI Studio

↑手織りレッスンの光景です。

Source: Art Weaver SAORI Studio
Source: Art Weaver SAORI Studio

↑ヘザー先生の手織り教室はメルボルンから電車で80分のファームにあります。

Source: Art Weaver SAORI Studio

↑ヘザー先生の手織り教室の周りは、自然がいっぱい!

Source: Art Weaver SAORI Studio

↑手織り教室の庭には、ヤギさんもいっぱい!(かわいーい!)

Source: Art Weaver SAORI Studio

↑すごい!地面の草だけでなく、立って木の葉っぱも食べてる〜!

Source: Art Weaver SAORI Studio

↑あぁ、ヤギさんの背中をモフモフしたい・・。かわゆすぎ。

Source: Art Weaver SAORI Studio

↑ヘザー先生のお家の玄関にたたずんでいたハリネズミくんだそう!

《初回》2020年2月のメルボルン手織りツアー詳細

手織りツアーの日程

2020年2月27日(木) & 2020年2月28日(金)。

手織り教室への行き方と、1日の大まかな流れ

《8:55AMごろ》メルボルンのSouthern Cross(サザンクロス)駅内の、「Boost Juice」前で待ち合わせ。

●《9:14AM》Southern Cross(サザンクロス)駅から電車が出発。Bendigo(ベンディゴ)駅行きの電車「V/Line train & coach services」に乗ります。(遅刻した人は待てないので、自力でなんとかして来てね)

●《10:27AM》電車で約80分北上する。Kyneton(カイトン)駅に10:27AMに到着予定。


●Kyneton駅から手織り教室までは8.4km。車で10分かかります。田舎なので、駅からバス・電車などは走っていません。タクシーは出ているそう。今回のグループツアーは、事前に「Kyneton駅〜手織り教室」の送迎の車を手配するので、ご安心を!

●《10:45AMごろ》ヘザー先生の手織り教室に着き次第、午前中の手織りがスタート(ランチ休憩30分をのぞいて、約5時間手織りします)。

●《4:15PMごろ》手織りレッスン終了。送迎の車で、Kytone駅へ行く。

●《4:48PM》Kytone駅から、Southernn Cross駅行きの電車が発車。

●《6:02PM》電車が、Southern Cross駅に到着。駅で解散。

万が一、「Kytone駅4:48PM発の電車」を逃しても、「Kytone駅5:26PM発の電車」に乗れば、Southern Cross駅に6:42PMに到着できます。

手織りツアー募集人数

●教室には手織り機が6台あります。

●なので、1日に参加できるのは、先着6人様のみです。

手織りツアー参加料金(一人当たり1日のレッスン)

今回の、手織りツアーの「一人当たり1日」の参加料金です: 

レッスン代(AU$80)+材料費(1g当たり=AU17セント

です。

・《参考1》レッスン代(AU$80)は、「Kytone駅から手織り教室への送迎代」と「お茶代」が含まれたお値段です。

・《参考2》材料費(1g当たり=AU17セント)は、織るスピードによって値段が変わります。手織りの速度は人によって違うので、手織りが完成した後に、重さを計って材料費を計算します。

・《参考3》Bendigo(ベンディゴ)駅行きの電車「V/Line train & coach services」の往復運賃実費は$36.40です。(片道運賃=$18.20)

ランチについて

・手織り教室の最寄駅「Kyneton(カイトン)駅」周辺に、新鮮なお寿司を買えるお店があるそうです。希望者は、当日の朝そこでお寿司を買うことが可能です。

・自分で作ったお弁当を持参してもいいです。

・手織り教室の周りはファームなので、気軽にランチを買える場所はありません。

参加日数と、この手織りツアーで作れるもの

手織りツアーは、「1日のみの参加」でも、「2日通しの参加」でもOK。

手織りスカーフを絶対に完成させたいなら、2日通しの参加をおすすめします。

手織りのスピードは、人それぞれ。初心者の方は約3時間で、長さ50cm〜150cm織れます。

私が生まれて初めて3時間のクラスに参加したときは、他のオーストラリア人女性たちと一緒に手織りしました。「50cmぐらいの長さ」を手織りした人もいれば、「1mちょっとの長さ」を手織りした人もいて、手織りのスピードは人それぞれ。

「おしゃべりに夢中になると手も足も止まってしまう人」もいれば、「マシンガントークでおしゃべりしながら、手も足もガンガン動かす人」もいれば、「おしゃべりの輪には加わらず、黙々と手織り職人のように集中する人」もいれば・・・という感じでした。

今回の手織りツアーで「2日通しで参加する」と、参加者・先生とおしゃべりを楽しみつつ、リラックスしながら楽しく手織りスカーフを作れると思います。

「1日のみの参加」の場合は、リラックスして楽しみながら、50cmぐらいの長さの手織りの布を織るのも良いでしょう。壁に飾るタペストリーにしたり、ひざ掛けにしたり、ランチョンマットにしたり・・・。ミシンが得意な人ならトートバッグを作ることもできるでしょう。

または、「1日のみの参加」でも手足をフル回転で動かし、わき目もふらず手織りすれば、1日レッスンで、スカーフ1枚を完成させることが出来る人もいるかもしれません。その場合は、かなり必死こいて手織りする覚悟で来てくださいね。(手織りのスピードは人それぞれなので、「誰もができる!」とは保証できないけど)

参考までに、私が初めてヘザー先生の手織り教室で手織りした時(2019年2月)に作った作品をご紹介します。3時間クラスに参加して、横幅60cm x 長さ140cmの「肩掛けショール」を織りました。下のリンクに、たくさん写真を載せてます:

よくある質問

ヘザー先生のウエブサイトに、<手織り初心者さんから、よく聞かれる質問&回答>が書かれています(英語):

《おまけ》私が、ヘザー先生の手織り教室で作ったものシリーズ

ご参考までに、私が、ヘザー先生の手織り教室で作ったものをご紹介します。

スカーフ以外の作品は、ミシンも使ってます。(ヘザー先生の教室で布を手織りしたあと、メルボルンのライブラリー「Library at the Dock」のミシンなどで洋服の形に縫いました)

(1作目)虹色のスカーフ(初めてのクラスで手織り)

生まれて初めての、さをり織り体験(3時間コース)で手織りしました。詳細はこちら↓:

(2作目)虹色のポンチョ

詳細はこちら↓:

(3作目)虹色のスカート

詳細はこちら↓:

(4作目)虹色のワイドパンツ

この布は、私の好きな虹色の縦糸を整経(縦糸を手織り機にセット)するところからやりました:

詳細はこちら↓:

手織りツアーの参加を希望するなら?(申し込み方法のご案内)

募集締め切り日と、連絡先

●締め切りは、2020年2月11日。11:11AM。(ただし手織り機の数が6台と限られているので、お席がなくなり次第、募集を締め切ります)

●手織りツアーの参加希望者は、下のFacebookイベントページでお申し込みしてね:

今回の手織りツアーは初回ということもあり、私自身、「どうなるかしら?」と、ドキドキワクワクです。

今すでに、「手織りツアーに参加したい!」と言ってくださってる方が複数名いらっしゃいます。「地球や、環境や、動物や、人間にやさしい活動をされてる」愛情たっぷりで心の温かい人たちばかりが集まってます!

この人たち全員が集まったら、とっても面白い化学反応が起こりそうでワクワクしてます。

「ピン!」と来た方、連絡お待ちしてまーす!

(*´▽`*) てへっ

ヘザー先生のさをり織り教室の詳細です

名称Art Weaver SAORI Studio
住所Art Weaver SAORI Studio, Walnut Farm, 33 Bark Lane,
Kyneton, Victoria, 3444, AUSTRALIA
電話0414 342 644
営業時間曜日によって異なります。ウエブサイトをご確認ください。
http://www.artweaverstudio.com.au/contact/
定休日クリスマスホリデー & 年末年始
アクセスSouthern Cross(サザンクロス)駅から、Bendigo(ベンディゴ)駅行きの電車「V/LINE TRAIN & COACH SERVICES」で、約80分北上するとKyneton(カイトン)駅に到着。

Kyneton駅から手織り教室までは車で10分(8.4km)。手織り教室まではバス・電車などは走っていませんが、Kyneton駅からタクシーが出ています。
駐車場手織り教室前にあります。
車のアクセス車で来るならグーグルマップが一番正確。車のGPSは情報が不正確。

Bark LaneへはRedhill Roadからしか入れません(Kyneton-Metcalfe Roadを曲がります)。 車のGPS情報でBark Laneは通り抜けできる道だと示されますが、行き止まりです。
SNSInstagram https://www.instagram.com/artweaverstudio/

Facebook www.facebook.com/artweaverstudio
Webwww.artweaver.com.au
料金1人1日当たりの手織りレッスン代$80(Kyneton駅から手織り教室までの送迎+お茶代込み)+材料費(1gにつきAU17セント)
スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク
手織り体験ツアー
⧵ この記事をシェアする ∕
⧵ フォローする ∕
アイディア、ピカ!⚡️クリエイティブに生きる!

コメント Leave your feedbacks