アマゾンの海外発送(2):オーストラリア在住の私が日本語の本を買うなら「honto!」か「アマゾン」でお買い物するよ。その理由は?

オーストラリアで日本語の本を読む
出典:「YOKO Finds Her Way」 (by Rosemary Wells)

上の「YOKO Finds Her Way」の写真は、 Rosemary Wellsさんが描いた絵本からお借りしました。

「YOKO Finds Her Way」とは、「ようこが、やっと道を見つける、たどり着く」という意味です。

手織りやソーイングの日本語の本が大好きで、どうやったら海外に住みながら、より安く簡単に日本語の本を買えるのかと、随分と試行錯誤しました。

そんな私が、「やっと道を見つけた」ので、シェアしますね♪

オーストラリアで日本語の本を買うなら:「アマゾン」か「honto!」か?

ある日、友人から

オーストラリア在住の人はamazon.com.auでしかお買い物できなくなるんだね。日本のamazon.co.jpや、アメリカのamazon.comでショッピングできなくなっちゃうんだね。残念!

・・・と言われて、びっくりした私です。真相を知りたくて、いろいろ実験をしました。

日本のいろんなウエブサイトで実際に日本語の新書・中古本、商品を買ってみて、海外在住者にオススメな日本の商品の買い方を見つけました。

簡単に言うと、「日本語の新書」を買うなら「honto!」と「アマゾンジャパン」を用途によって使い分けしてます。

ちなみに、「日本語の中古本」を買うなら、「シドニーのFULL OF BOOKS」を利用してます。そして「日本の商品」を買うなら、「楽天の海外発送」サイトを利用してます。詳細な理由や、使い分けの仕方は下のリンクで読めます:

日本語の新書を買う方法1:ネットストア「honto!」で買う

「海外にいても、気になる日本語の新書を今すぐ読みたい!」ってこと、日本人なら誰にでもありますね。

そんな時、私は、ネットストア「honto!」から買ってます。

一番お得だからです。

私自身、オーストラリアに来てからの約11年間、何度も何度も利用させてもらってます。日本語の新本の90%は、こちらの

書籍と電子書籍のハイブリッド書店【honto】

で、買ってます。

「honto!」では、紙の書籍と、電子書籍の購入ができます。

「honto!」が良い理由は・・・

(1)海外発行のクレジットカードも使える!

・オーストラリアの銀行で発行されたカードも使える。

・私、日本の銀行口座も持ってますが・・・。口座の残金が少ないので、そっちからのお支払いは困ります。

・なので、普段オーストラリアで使ってる銀行のカードで、普通にお支払いができる「honto!」のサービスは、本当に助かります。

(2)海外発送の手段が選べる

・「honto!」でお買い物をすると、EMS便、SAL便、航空便、船便の中から、自分の好きな手段を選べます。

・私自身、Wordpressでこのブログを立ち上げる時や、リネンなど天然素材のワンピースを作るためのソーイングの本を大量に購入する時に、「honto!」の本を10冊単位で、SAL便で発送してもらいました。EMS便より時間はかかりますが、緊急でないならSAL便の料金は魅力的です。

・お子さんの絵本など、もっと大量に日本語の本を買いたいなら、船便も良いかも♪

(3)海外に住んでる人は、日本の税抜き価格でお買い物ができる

・「honto!」でお買い物をすると、「海外への配達料金」の実費のみを払うだけで配送してくれます。

・「海外発送用の手数料」などを、別途追加されることもありません。

(4)書籍を安く買える、お得なクーポンキャンペーンを実施している

・定期的に3%ぐらいの割引クーポンがもらえます。「1,000円のお買い物で30円の割引」、「10,000円のお買い物で300円の割引」、「30,000円のお買い物で900円の割引」ですね。

(5)電子書籍で買うと、割引率がもっと高くなる

出典:honto!

・「honto!」の電子書籍は国内最大級の品揃え。小説、ビジネス、コミック、雑誌などの新本あり。

・スマートフォン、パソコンで読める。iPhone、iPad、AndroidもOK。 ・ お買い物すると、ネットだけでなく日本全国の丸善、ジュンク堂、文教堂の提携書店で使えるhontoポイントが貯まってお得。

・電子書籍のクーポンは、しょっちゅう配られてます。紙の書籍よりも割引率が高め。

(6)本を買ったら、100円で1ポイントもらえる

・ポイントは、税引き後の価格の1%を付与されます。

・次回のお買い物の時に、貯まったポイント分の割引をしてもらえる。

(7)「honto!」は、丸善、文教堂、ジュンク堂との提携店

・日本帰国の際、この3つの書店で本を買うと、100円(税別)につき1ポイントもらえます。(私は、一時帰国で東京に寄るとき、丸善の「丸の内本店」で万年筆を見るのが楽しみ〜)

・ポイントは、ネットでもリアル書店でも使えます。

(8)検索機能がアマゾン並みによい

オンライン書店によっては、正確な書名をいれないと「ヒットしない」ところもありますが・・・。

「honto!」は、うろ覚えでも検索できます。

ようこ
ようこ
ええっと、作者名が思い出せないわ。「飯田」何とか・・・。本のタイトルは「カラー」何とかだけど・・・。う〜〜ん。

・・・という場面でも、

↑「飯田、色彩」とだけタイプして「検索」ボタンを押すと・・・

↑おおおおおおおおおおお〜!

私が欲しい本が、1番上に候補として出てきました!

「honto!」の残念なところ・・・

私の大好きな「honto!」ですが、2つだけ残念なこともあります。

(1)出版日が古くなると、取り扱いがない本もある

↑例えばこの本は、 「honto!」での取扱開始日が2017年ですが、今現在(2019年5月25日現在)、「購入できません。現在お取り扱いができません」となっています。

「honto!」で購入できる本は、基本的には新書のみです。

出版日が古くなると、取り扱いがない本もあります。

(2)中古本は、取り扱いがない

例えば、「レシピ本」など、別に新書でなくても、いい本であれば中古でも買いたいと思う時があります。

でも「honto!」の本は、新本のみで、中古の本はありません。

まとめ

私は、「日本語の新書」を買うなら、ほぼ90%は、こちらの、

書籍と電子書籍のハイブリッド書店【honto】

・・・で買ってます。

ただ、「honto!」さんでは、出版日が古くなると取り扱いがない本もあるし、中古本の取り扱いもないので・・・。

出版日が古くて、「honto!」さんでは取り扱いがないけど、どうしても欲しい本だけは、「アマゾンジャパン」さんを利用してます。

オーストラリアからは、もう直接「アマゾンジャパン」さんでお買い物ができないので・・・・。そういう時は、数ある転送業者の中でも、私の一番好きな「転送JAPAN」を経由してのお買い物になります。

日本の消費税も支払わないといけなくなるし、転送業者さんに支払う手数料もあるので、「honto!」さんと比較すると割高にはなるけど・・・。

なので、海外に住んでいるなら、日本語の本は、やっぱりこちらの

書籍と電子書籍のハイブリッド書店【honto】

・・・さんが、私は一番好きです♪

スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク
オーストラリアで日本語の本を読む
⧵ この記事をシェアする ∕
⧵ フォローする ∕
虹織りアーティスト 陽子

コメント Leave your feedbacks