メルボルンで手織り(3):フレーム手織り機を3Dプリンターで無料で作る/Loom by Beatrice1975/Thingiverse/Library at the Dock/Makerspace

虹色の手織りアーティスト

メルボルンで、手織りを始めました〜♪

前回は、

・腰機(こしばた)、

・Backstrap loom(バックストラップ織機)、

・いざりばた

・・・と呼ばれる木製の手織り機を作りました:

その木製手織り機で、シルク&モヘアの虹色スカーフも手織りしました:

そして今回は、

・フレーム織り機

というタイプの手織り機をつくります。

フレーム織り機とは?

出来上がったフレーム織り機です

メルボルンのライブラリー「Library at the Dock」のMakerspaceに置いてある「3Dプリンター」で作りました。

これは、樹脂製です。

フレーム手織り機でどんなものが作れるの?

織ってる途中です

ええと・・正直言って、私の性格には向いてなかったみたい。

(;´д` ) トホホ

途中まで織ってみたけど・・・この後、

「ウガガガー!作業がチマチマと細かすぎて、無理〜!!!」

( *`ω´)うう〜

と、フラストレーションを起こしまして・・・(爆笑)。

見事、ギブアップしました!(°▽°)ガクッ

私は完成させることができなかったけど・・・

手縫いでチクチクと刺し子したり、クロススティッチをするのが好きなタイプの方なら楽しめる気がします。(←私は、どちらも根気が続かないタイプ)

作品例:他の人が作った作品です

出典:https://www.thingiverse.com/make:235308
出典:https://www.thingiverse.com/make:73027

同じフレーム織り機で作った、他の人の作品です。

手の平サイズの手織り作品が作れます。「マグカップを置くコースター」や、壁に飾るミニ・オーナメントみたいなものが作れそう。

また、これをカラフルな毛糸で沢山つくり、パッチワークのようにつなげるアイディアも良いかも。例えば・・・

・足拭きマット

・膝掛け

・ブランケット

・・が作れるかも?

(私の性格では、そんな根気が続かないので到底ムリだけどね・・爆笑)

この手織り機は、どうやって作ったの?

メルボルンのライブラリー「Library at the Dock」内の「Makerspace」で作りました。

なお、「Makerspace」を初めて利用する人は、インダクション(どうやって機械・設備を使用するかを教わるセミナー)を事前予約して、スタッフから基礎的なことを30分ほど学んでからです。

まず、Makerspaceのパソコンで、無料テンプレートをダウンロードしました。

(ちなみに、手織り機をつくるための材料費は無料でした〜)

私が選んだ、無料テンプレートは、「Thingiverse」の「Loom by Beatrice1975」です。下のリンクから飛べます:

3Dマシーンをセットする(スタッフの人が手伝ってくれました)
3Dプリンターで印刷し始めたところ
真横から見ると、こんな感じ
徐々に完成品らしい形になってきました
3Dプリンターで印刷し終わった時は、こんな状態

3Dプリンターで印刷したばかりの手織り機は、部品の周囲に余分な樹脂がくっついてます。

Makerspaceには無料で使えるサンドペーパーやペンチがあるので、樹脂の表面を滑らかにしたら完成です。

サンドペーパーで磨いて、完成!

フレーム織り機を使ってみた私の感想

この織り機の良かった点:

すべて無料で、この手織り機を作れるって、すごいです。

ライブラリーの3Dプリンターは、ライブラリーのメンバーになり、インダクションさえ受ければ、誰でも無料で使えます。

樹脂製の手織り機は、丈夫で、長年の使用にも耐えられます。

フレーム織り機は、手の平サイズで持ち運びも簡単。

この織り機の難点

このフレーム織り機は、綜絖(そうこう)がないタイプ。そのため、縦糸の「上糸」と「下糸」の間に開いた空間に、横糸を「ササッ」と一瞬で渡すことができません。

横糸を渡す時には、織り針を、縦糸の一本一本のの上や下に、ぐねぐね動かして、渡していきます。(私の性格では、これが面倒で、できませんでした)

このフレーム織り機は、手の平サイズで小さいので、縦糸と縦糸の間隔が狭いので、織り針を上下にぐねぐね動かすのも、難しかったです。

実は私、10年以上前に、ダンボール織り機を手作りしたことがあります。その時は、A4サイズ〜A5サイズの大きなダンボールの上下に、切れ目を入れて手織り機を手作りしました。縦糸同士の間隔も、1cmぐらいだったかな?その時は、今回のミニサイズのフレーム手織り機ほど難しくなかった記憶があります。

おおざっぱな性格の人には、フレーム織り機は、ある程度の大きさがある方が、扱いやすいかな。

私の大好きな、虹色の手織りについて

出典:建築家「細川卓哉」さんのFacebookよりお借りしました

虹って、ステキ (//∇//)きゃ〜ん

虹を見ると、みんなが幸せになる

私も、そんな虹のような手織りをして

身につけた人が

幸せ〜になる作品をつくっています!

。。:*:。。:*:。。:*:。。:*:。。:*:。。:*:。。

Rainbow Artist Weaver(虹色の手織りアーティスト)

Blog(ブログ):http://yokokawabata.com/category/weaving/

Instagram(インスタグラム): https://www.instagram.com/yoko.kawabata11/

Facebook (フェイスブック):https://www.facebook.com/yoko.kawabata11

。。:*:。。:*:。。:*:。。:*:。。:*:。。:*:。。

 

私の手織りの旅は、まだ続きます。

この記事につづく・・・

手織りに興味が出てきた私は、オーストラリアの羊ミュージアムにも行ってみました:

スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク
虹色の手織りアーティスト
⧵ この記事をシェアする ∕
⧵ フォローする ∕
アイディア、ピカ!⚡️クリエイティブに生きる!

コメント Leave your feedbacks