クリエイティブで幸せに生きるアイディアを紹介。オージー旦那と国際結婚した日本人妻がメルボルンからお届け〜♪

(3)Sing in Melbourne/メルボルンで歌う:《Seasons of Love》

Sing in Melbourne/メルボルンで歌う
©️https://youtu.be/hj7LRuusFqo

The song/練習曲: Seasons of Love

Seasons of Love – Rent (Music Video)

Sang by/歌ってる人: Rent

 

Lyrics/歌詞

Five hundred twenty five thousand  Six hundred minutes

Five hundred twenty five thousand  Moments so dear

Five hundred twenty five thousand  Six hundred minutes

How do you measure, Measure a year?

 

In daylights, in sunsets

In midnights and cups of coffee

In inches, in miles

In laughter, in strife

In five hundred twenty five thousand  Six hundred minutes

How do you measure  A year in the life?

 

[Chorus/コーラス]

How about love?… 

How about love?…

Yeah..

How about love?

Measuring love

Seasons of love, seasons of love

 

[Woo/ウゥー]

Five hundred twenty five thousand  Six hundred minutes

Five hundred twenty five thousand  Journeys to plan

Five hundred twenty five thousand  Six hundred minutes

How do you measure

The life of a woman or a man

In the truth that she learns

Or the times that he cries

And, bridges he burns

Or the way that she dies?

 

It’s time now to sing out

Tho’ the story never ends

Let’s celebrate

Remember a year in the life of friends

 

[Chorus/コーラス]

Remember the love

Remember the love

Remember the love

Measure in love (8拍伸ばす)

Measure, measure your life in love

Seasons of love

Seasons of love

Seasons of Love (Soprano) /ソプラノのパート練習用


 

コーラスの練習日時と場所について

コーラスを教えてくれてるのは、日本人男性の「かい ゆうや」君。メルボルンには、ワーキングホリデーで来ています。

このゆうや君、日本で音楽の専門学校を卒業した後は、『Sing For Life』と言うチームで活動していたそうです。このチームは、ゴスペルを通して、歌う楽しさ、学ぶ喜び、 誰かの為に歌う心からの感動、様々な社会貢献を目的としたワークショップだそう。

下は、Sing for Lifeが実際に歌っている写真です:

↑この躍動感あふれる写真、すごい! どの人も本当に輝いてますね。「自分もこんな風に歌えたらいいな〜」って、思いません?

うふふ・・・実は、良い方法があるんですよ!

メルボルンに来る前のゆうや君は、東京でボイストレーナーや、TV.アーティストさんのライブステージでのバックコーラス、ソロパフォーマンス、ゴスペル、ミュージカルなどを通し、アーティストとして活動してこられたそうです。

そして、今、このゆうや君が、「メルボルンで一緒に歌ってみたい方」を大募集中です。

実は、私自身、生まれてこのかた、歌や音楽とは、まるっきり無縁の人生でした。音楽に関する専門的な事も、全く分からないし、音楽の楽譜すら読めません。だけど、「Dreams Come Trueの吉田美和ちゃんみたいに歌ってみた〜い!」と思い、参加してます。

私の大好きなドリカムの曲「明日がまた来る」です。伸びやかな声で、大きな笑顔で、自由に歌う吉田美和ちゃん、本当に素敵! 私の目標は、これです↓

https://youtu.be/_DyjKOZ8Tt4

 

さてさて、ゆうや君のコーラスグループで歌を学んでみたい方に、うれしいお知らせ。

なんと、今なら無料です。

ゆうや君自身、「初めての国で戸惑うことばかりなので、先ず最初はボランティアからスタートして、皆と共に一緒に学んで行きたいな」ということです。

✨Facebookページ「Unedliche Melodies」で詳細を見る→ 

毎週土曜日に、Docklandsの「Library at the Dock」のLevel2にあるスタジオで集まり、コーラスの練習をしています。

あ、ちなみに・・・

私たちが練習してる歌詞の中には、「My God is awesome」、「神の愛」、「Glory to God」という言葉が登場する曲もあります。

今だから告白しちゃいますが、一番最初のレッスンに参加する時、「もしや、怪しい団体? 歌で釣っておいて、のちのち、キリスト教に勧誘するつもり?」と、ちょっと心配したんですね。(←メルボルンで、そういう団体に出会ったことがあったのでなおさら・・汗)

この記事を読まれて、私と同じように、そういうモヤモヤを感じる方のために、正直にお伝えすると・・・。私自身は、キリスト教徒ではありません。特定の宗教を熱心に信じてもいません。

(ただ、人によって呼び名は色々あると思うけど、「宇宙」「Universe」「神さま」「大いなる存在」「目に見えない存在」みたいなものは、あると信じています。毎日の日常生活の中で、直感・第六感・シンクロのような形で、メッセージをもらったりしてるので)

このグループに参加した理由は、「歌を学んでみた〜い!」と思ったから。

レッスン中に、ゆうや君も、こう説明してました:「歌詞の中にGodや神が出てくるから、熱心なキリスト教信者じゃなきゃダメとか、そういうんじゃなくてね。Godや神というのは、自分が大切に思う人、例えば両親、恋人、友達とか、そういう人のことを思い浮かべながら歌って欲しいな。」

ゆうや君が選曲する曲は、どれも素敵な歌ばかり。つらい時や落ち込んだ時でも勇気が出たり、また明日も頑張るぞ!と思わせてくれる、自分や人が幸せになる曲です。

90分間の練習で思いっきり歌うと、気分もスッキリ爽やか。背骨から、首、頭を通って、シュワーっと天に向かってエネルギーが舞い上がる感じ。いいですよ〜!

Contact us/コーラスグループに連絡する

歌を歌ってみたい方、ゆうや君に質問してみたい方、まずはお気軽にFacebookページから連絡お待ちしておりま〜す!(*´∀`)♪

✨Facebookページ「Unedliche Melodies」から連絡する→ 

今、コーラスグループで練習中の曲は、こちら

(1)Sing in Melbourne/メルボルンで歌う:《Awesome》
The song/練習曲: Awesome Sang by/歌ってる人: Charles Jenkins (2012) Lyrics/歌詞 My God is awesome, he can move mountains ...
(2)Sing in Melbourne/メルボルンで歌う:《From Now On》
The song/練習曲: From Now On (↑Song starts from 1:20/歌は1:20からスタートするので早送りしてね) Sang by/歌ってる人: Hugh Jackman Songwri...
(3)Sing in Melbourne/メルボルンで歌う:《Seasons of Love》
The song/練習曲: Seasons of Love Sang by/歌ってる人: Rent Lyrics/歌詞 Five hundred twenty five thousand  Six hundred mi...
(4)Sing in Melbourne/メルボルンで歌う:《You Were Born to be Loved/君は愛されるため生まれた》
The song/練習曲:You Were Born to be Loved/君は愛されるため生まれた Sang by/歌ってる人:Yuuka Matsumoto/松本優香 Lyrics/歌詞 きみは愛されるため生まれた き...
(5)Sing in Melbourne/メルボルンで歌う:《Worth》
The song/練習曲: Worth Sang by/歌ってる人: Anthony Brown Lyrics/歌詞 You thought I was worth saving So you came and chan...
(6)Sing in Melbourne/メルボルンで歌う:《Hapiness/ハピネス》
The song: Happiness/練習曲: ハピネス Sang by/歌ってる人: AI Lyrics/歌詞 余裕がなくて 優しくなれない そんな時でも ちゃんと 分かってくれている人がいる 周りを見渡...

 

おまけ:ゆうや君との発声練習の様子です(音源のみ)

(1)Vocal exercise1: Breathing/発声練習1:スー呼吸

 

(2)Vocal exercise2: Rubber principle/発声練習2:ゴムの原理

 

(3)Vocal exercise3: Falsetto/発声練習3:ファルセット

 

(4)Vocal exercise: Low voice/発声練習4:ローヴォイス

 

(5)Vacal exercise5: AEIOU/発声練習5:エーイーアイオーユー

 

(6)Vocal exercise6: AEIOU/発声練習6:エーイーアイオーユー

 

 

コメント