「吉祥 日本画用絵具 角顔彩 上製 48色」と「ホルベイン 固形水彩絵具 アーティスト パンカラー パームボックス プラス 36色セット」で描き比べしてみたよ

シドニーでインテリアデザインを学ぶ
 初めて水彩画に挑戦してみましたー!

水彩画は習った事が無いので、水彩画のハウツー本を見ながら、独学です。

今回使った絵の具は、

吉祥 日本画用絵具 角顔彩 上製 48色」と、

ホルベイン 固形水彩絵具 アーティスト パンカラー パームボックス プラス 36色セット

です。

(1)「吉祥 日本画用絵具 角顔彩 上製 48色」です

これ、吉祥顔彩のフタを開けたところです。

色見本を、自分で作りました。

A4画用紙に、鉛筆で「縦6列 x 横8列 =48色分」になるようにマスを描き、顔彩で色を塗りました。

ちょっと手間ですが、これを作っておくと、実際に紙に描いた時どんな色になるのかが、一目で分かって便利です。

「吉祥 日本画用絵具 角顔彩 上製 48色」でフルーツを描いてみる

顔彩と水彩絵の具の仕上がりの違いを比較する為、同じモチーフで描き比べします。

色のにじみ方の違いがどう出るのか、興味深々でした。

まずは、顔彩で描いてみました。

↑洋梨(顔彩)

 

↑白いマッシュルーム(顔彩)

 

↑オレンジ(顔彩)

 

↑さくらんぼと洋梨(輪郭は墨。色つけは顔彩)

 

(2)「ホルベイン 固形水彩絵具 アーティスト パンカラー パームボックス プラス 36色セット」です

ホルベイン水彩絵の具。

フタがしまった状態です。

デザインの学校に持って行く時や、外でスケッチする時も、手の平サイズで手軽です。

フタを開けたところ。

キューブ状の固形絵の具が入ってます。

色見本を作るための白い紙が付属でついてきます。色は塗られてないので、自分で色を塗りました。

↑お団子(ホルベイン水彩絵の具)

「比較のために同じモチーフで描く」とか言っておきながら、いきなり全然違うモチーフで、すみません・・・。

衝動を抑えられなかった!(笑)

↑洋梨(ホルベイン水彩絵の具)

 

↑オレンジ(ホルベイン水彩絵の具)

 

↑さくらんぼ(ホルベイン水彩絵の具)

 

↑白いマッシュルーム(ホルベイン水彩絵の具)

 

↑白いマッシュルームと、松茸(ホルベイン水彩絵の具)

おまけ:うちの旦那ラッセル作

うちのオージー旦那ラッセルが、私の描いたイラストを見よう見まねで描きました。

ラッセルに、「恥ずかしいから、ブログに載せないでー!」と言われたけど、なんか、ほのぼのしてて可愛いので載せちゃったー(笑)。

ホルベイン水彩絵の具で描きました。

まとめ:吉祥顔彩とホルベイン透明水彩絵の比較

「吉祥 日本画用絵具 角顔彩 上製 48色」と「ホルベイン 固形水彩絵具 アーティスト パンカラー パームボックス プラス 36色セット」を、実際に描いて比較してみたら・・・

「ホルベイン 固形水彩絵具 アーティスト パンカラー パームボックス プラス 36色セット」の方が、絵の具の伸びも良く、にじみも大きかったです。

にじみを活かした絵を描きたいなら「ホルベイン 固形水彩絵具 アーティスト パンカラー パームボックス プラス 36色セット」だなと思いました。

私自身は、伸びが良くにじみを活かした、いかにも水彩画という表現の方が好みなので、ホルベインの方が、より好きでした。

ただし「吉祥 日本画用絵具 角顔彩 上製 48色」は、水彩絵の具にはない、和風な色があるのが魅力的です。銀、金、パールがかった色なども入ってますし。

描きたい絵の雰囲気・用途によって、使い分けると良いかな。

参考リンク:今回使った絵の具や、本です

私が使ってる「吉祥 日本画用絵具 角顔彩 上製 48色」はこれです:

私が使ってる「ホルベイン 固形水彩絵具 アーティスト パンカラー パームボックス プラス 36色セット」水彩絵の具はこれです:

今回描いた「マッシュルーム、洋梨、オレンジ、チェリー」などのイラストは、2冊の水彩画の本を参考に、独学で描きました。

まず1冊目はこれ。「花、フルーツ、野菜、チーズ、マッシュルーム」などのイラストの描き方が載ってます。ふんわり甘〜い感じのタッチで、可愛いイラストっぽい感じが好きな方向け:

2冊めの本はこれ。「花、フルーツ、野菜、季節の風物詩」など、絵手紙や年賀状に使えそうなイラストの描き方が載ってます。上の本と比べると、より写実画に近い感じで、大人っぽいイラストが好きな人向け:

楽しんでいただけたら、うれしいです!

コメント Leave your feedbacks