クリエイティブで幸せに生きるアイディアを紹介。オージー旦那と国際結婚した日本人妻がメルボルンからお届け〜♪

Acting job for trainee psychiatrists / 精神病医研修生のロールプレイ実習にて演じる

Acting CV
Royal North Shore Hospital
Royal North Shore Hospital
Image of a doctor and a patient (this photo is quite similar to how we did it today)

I did a role play acting for trainee psychiatrists and specialist international medical graduates at the Royal North Shore Hospital on SAT, 18th of April. This was a big exam for those trainees and graduates. (I didn’t know there was such a job existed. But I learned this role play exam has been getting more common nowadays, and used at many medical schools) As many things are confidential, I don’t go over the details here, but I performed Sarah, a mother who recently agreed to be a foster mother.  Sarah has been fostering a 10 years old girl who was removed from her abusive family.  As this was highly confidential, all details (e.g., full descriptions of Sarah’s character, background info, and how to perform this character) were given to the actors on the day before the exam. It was written in a small font on the 3 sheets of A4 size paper. 

I got to do this role-play work with 16 candidates in total. Each candidate was assessed by 2 examiners.  It was so interesting to see how each candidate responded and interacted with me even if I stayed in a same character and performing consistent…  


This work made me to realise how hard to be a good doctor, too! A good doctor requires to have the ability to ask appropriate questions, listen and gather as much as relevant information from the patient.  Then, he/she needs to retain all information in his/her head, connect dots within the gathered information, and analyse the symptoms.  And finally, reaching a conclusion for what it is, and explain it to the patient with the language that patient would understand.  The doctor also needs to be aware of the time limit–he/she might have only 15 minutes appointment for each patient, but he/she can’t bluntly say ‘sorry, I don’t have much time to talk with you’.  In order to identify an illness,large volume of information needs to be memorised because the doctor can’t google in front of the patient… 


2 examiners I closely worked as a team are usually working as doctors in different hospitals.  I told them that I realized how hard to become a good doctor.  The doctors replied, “I realised how hard to be a good actor, too!” I guess the universe gives us the best ‘part / role’ that we can play in this world… 


今日4月18日(土)はアクティングのお仕事でした。シドニーの大きな病院で、精神病医研修生達とのロールプレイです。このロープレは研修生達の実地試験でした。詳しい内容は秘密なので書けませんが、DV家庭から引き離された10歳の女の子を養子として迎え入れた、母親「Sarah」の役をしました。(日本人の顔してサラってなんやというツッコミは置いといて・・)試験の内容は秘密性が高かったので、外部に漏れないように前日の金曜日に初めて詳細を渡されました。「サラのキャラクター、背景、サラ役の演じ方」について実に細かいフォントで、A4サイズの紙3枚にびっしり書いてありました。

16人の研修生とロープレさせてもらいました。部屋の中では2人の試験官が採点しました。私は終始同じキャラクターを演じるんだけど、研修生の反応やコミュニケーションの取り方はまさに十人十色。いやー、本当に面白かった。


改めてお医者さんの大変さが身にしみて分かりました。膨大な医学書を暗記して、一人一人異なる患者に正確な診断を下していかないといけないんですもんね・・・。正確な診断する為に、まずは的確な質問をして患者さんから必要な情報を引き出して、その内容を注意深く聞く。患者さんが話す症状を記憶して、点と点とを結びつけていって、症状を分析する。ロープレで私が話す内容は膨大なものだったけど、上手な研修医はここでちゃーんと点と点を結びつける事が出来て、患者さんの症状パターンを見抜けていて、患者にも納得のいく診断を下せていた。でも点と点を結びつける事が出来てないと、患者の立場としてはなんか納得がいかないというか、腑に落ちない診断に感じるんだなと理解出来ました。あと診断を下す時に患者に理解出来る言葉で説明が出来るって事も医者の技術次第なんだなと思いました。あとは一人の患者との診察時間は15分と決まっているケースもある訳で、外で待ってる患者を待たせない為にも、その制限時間内で診断を下さなければならないんだなーと。かと言って、患者に「もう時間無いから早めに」とかも言えない。それと、的確な診断を下す為に医者は本当に膨大な知識を詳細にわたって暗記しないといけないんだよね、患者の前でまさかグーグル検索出来ないし。

今回、一緒なチームでお仕事させていただいた試験官のお二人は、普段は他の病院でお医者さんをしてる方達でした。思わず、「良いお医者さんになるって、本当に大変なんですねー!!」と言うと、「いやー、僕もね、良い演技するって本当に大変なんだなーと思った・・・」と。この世界では神様みたいな存在が、その人に一番向いてる「役」を与えてくれてるんだなぁーと思った次第・・。

コメント