クリエイティブで幸せに生きるアイディアを紹介。オージー旦那と国際結婚した日本人妻がメルボルンからお届け〜♪

ダイソー割り箸、セロファン、ティシューペーパーで可愛いランプシェードを手作り

海外で学ぶ・働く
Handmade lampshade

 

 

 ランプシェードの枠を、ハンドメイド

オーストラリアでは、玄関前の芝生に不用品を山のように固めて「欲しい人はご自由にどうぞ」的に置いてあったりします。

今回、古びたランプシェードと、それを取り付ける土台が、ご近所さんの芝生に置いてありました。

ランプシェードは古臭い柄で全然可愛くなかったけど・・・。でも、それを取り付ける土台はちゃんと電気もつきました。

「ランプシェードさえ、自分で可愛いのを手作りすれば、まだ十分使える!」と、思いつき、無料で拾ってきました。

ランプシェードの基礎部分は、グルーガンを使って、ダイソーの割り箸を組み立てました。

次に薄いティシューペーパーを、ハサミで適当に丸くカット。(直径10cmぐらいの丸にしました)それをグルーガンで、先ほど作った割り箸の基礎部分にくっつけていきます。

あと、赤・紫・オレンジのセロファンも、同じように丸くカット。そしてグルーガンでくっつけていきます。

あとは、カラフルなビーズ(ダイソーの透明なビーズに、ガラス用ペイントで色をつけました)も、グルーガンで、割り箸の基礎部分にくっつけていきます。

普通のWarmタイプのLED電球ですが、ティシューペーパーを通した柔らかな光は、お部屋が魔法のように素敵にしてくれますよん!❤️


 Made a pretty lampshade!

I picked up an unwanted old lamp from neighbour–this was thrown as a garbage.

The original lampshade was old and tacky–I removed it and created a new one from scratch.  

I basically used whatever the materials I had at home–a pack of disposable chopsticks, cellophanes (Red, Orange, Purple), tissue paper (Light pink, Yello), and a glue gun.

I used the chopsticks to make the base structure. I also used the leftover glass beads, which I used for making my school assignment, lantern.  

コメント