直感とつながるパステルアートワークショップをシドニーで「あゆみさん」から受けたよ/Pastel art workshop by Ayumi in Sydney

スピリチュアル

(上のパステルアートの写真は、あゆみさんのウエブサイトからお借りしました)

私が旦那ラッセルと結婚しシドニーに住み始めた頃、一番最初にお仕事をさせてもらったのは、某日系会社でした。営業事務のお仕事でした。

その会社で、私の右隣のデスクに座っていたのが、先輩「あゆみさん」でした。

(私と違って)バリバリ仕事ができて、とってもかっこいいキャリアウーマンという感じの女性でした。

入社してみたらすぐに分かったのですが・・・

・やってもやっても仕事が終わらない膨大な量の業務。

・「サービス残業の嵐」が当たり前の職場。

・私の前任者は膨大な仕事のストレスで体調を崩して退職・・・。

・・・という現実を目にして、私は最初の2、3日で、すでに胃がキリキリと締め付けられる毎日。

「あかん、ここ。私には無理。会社行きたくない・・」と、早くもギブアップ。マネージャーに「本当にごめんなさい。次の方、探してください」と平謝りして、すぐに退職させてもらいました。

(だって嫌なものは嫌なんだも〜ん)

ところが、人生は何が起こるか全くわからないもので・・・。

数年後に会った「あゆみさん」は、某日系会社をすでに退職し・・・。

パステルアートのワークショップをされてました!!!!

パステルアート・ワークショップを体験!

というわけで、シドニーの友人「あゆみさん」に「パステルアートのワークショップを受けてみない?」と声をかけられてね。

ありがた〜く体験させてもらいました。

パステルアートのやり方

あゆみさんが描いた、パステルアートの見本です(写真は、あゆみさんのウエブサイトからお借りしました)

まず、あゆみさんが描いた「見本」が数枚あったので、その中から「ピン!」と来たものを選びます。

複雑な形の見本もあったけど・・・

あゆみさん:「パステルアートを初めてやる初心者は、まず簡単な形からスタートすると良い」

とのアドバイスをもらいました。

あゆみさんが描いた、パステルアートの見本です(写真は、あゆみさんのウエブサイトからお借りしました)

私は、左上の「大きな丸が1個と、波状のデザインが上下に2個」の見本に「キュン♪」ときました。

そして、あゆみさんにうながされるまま、見本を参考にしながら描きました。

カッターナイフでパステルを削る(写真は、あゆみさんのウエブサイトからお借りしました)

パステルは、そのまま画用紙に乗せて描くのではなく・・・。

カッターナイフで削って、粉状にしたものを、指で画用紙に置いて、こすりながら描きました。だから「ふんわり」しか感じの絵になるんですね。

あゆみさん曰く・・・

見本は、《どんな形をどの辺に描くか》の参考の為にあるんだけど・・・。

見本そっくりに模写する必要はありません。

むしろ、自分の直感の声に耳を傾けながら、自分が惹かれる色を塗っていくのです。

ワークショップでの、あゆみさんの言葉を引用

なるほど、なるほど・・・。

(多分、これは正確な表現じゃないけど・・・)要は、子供の頃にやった塗り絵みたいな感じ。「頭で論理的に考えず」に、「直感を使って」色を決めるのね!

あゆみさんのお手本画には、「大きな丸が1個と、波状のデザインが上下に2個」が描いてありました。

あゆみさんが使ってた色は、レモンイエロー、マジェンダピンク、藍色などでした。とても、あゆみさんらしい色使い。

だけど、この色の組み合わせは、あゆみさん独自の色。「私は選ばないし」・・・っていうか、「私には選べない」色の組み合わせ。

私のパステルアートが完成!

できたー!! (〃∇〃) てれっ☆

あゆみさんは、ワークショップのファシリテイトがすごく上手です。褒めて、褒めて、褒めちぎってくれます。

大人になると、人から目の前で、こんなに褒めまくられることは少ないし、「おだてに弱いB型」の私は、超うれしくなってしまい・・・。

「猿もおだてりゃ木に登る」状態!!(爆笑)

そして、これを描いてる時に直感の声がバシバシ聞こえてきました。

(あ、正確に言うと「声」じゃなくて、色、形、雰囲気みたいなビジュアルのイメージでした。白い紙の上に色が浮かんでくるので、それをなぞるみたいな感じです)

「光」の表現(白い丸や、3本の線)は、金属製のテンプレートと消しゴムを利用して作りました。

色診断の結果

絵の完成後は、あゆみさんが色診断をしてくれました。

ようこさんは、強いエネルギーのある人。

「赤」は、グラウンディング。頭の中で想像するだけじゃなく、実際に行動に移せる人。

「茶色」は、スピリチュアルに見て、古い魂で何度も過去生を経験している人。

「緑・青色」は、他の人に平和を与える人。

ワークショップでの、あゆみさんの言葉を引用

あらまぁ〜!! w(°o°)w おおっ!!

ワークショップを受ける前は、「パステル画の練習かな?」くらいに思っていた私。

だけど実際に受けてみたら、想像していたよりも、ずーっと奥が深かった。

あゆみさんの説明を聞いて感じたのは、

自分の直感に耳を傾けて、「キュン♪」と心ひかれる色を選んでいくと、その人の個性が凝縮されたものが、絵に無意識ににじみ出るのかなぁ・・・

・・・と言うこと。

あゆみさん曰く、

この絵は《陽子さんそのもの!》って感じ!!

そして椿のような『和』なイメージ。

ワークショップでの、あゆみさんの言葉を引用

ほほぉ〜!(≧∇≦)

このパステルアートワークショップ、とっても、おもしろかったぁ!

子供の頃の純粋な気持ちで、ありのままに感じたまんまに描くと良いみたい。

まとめ

これね、「絵は全く描けない」という人でも大丈夫。

・・・と言うのも、このワークショップには「正解」がないから。

「絵を上手く描けるようになるため」のワークショップではないのです。

その人自身の「直感とつながる」ことによって、「その人自身の個性が絵ににじみ出てきたら、満点なのです!!

(*´艸`) クスクス

スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク
スピリチュアル
アイディア、ピカ!⚡️クリエイティブに生きる!

コメント Leave your feedbacks