クリエイティブで幸せに生きるアイディアを紹介。オージー旦那と国際結婚した日本人妻がメルボルンからお届け〜♪

旦那のズボンの、裾上げミシンをしてみたよ

Sewing/ソーイングのアイディア
↑ 裾上げ完成! ↑

旦那に「YOKO、スーツパンツの丈が長すぎるから裾上げしてくれない?」と頼まれました。

「うーーーーん、やった事ないけど、うまく出来るかなぁ・・・」と、私。

ジーンズの裾上げなら縫い目が表に見えても構わないので簡単だが、スーツパンツは縫い目が見えては格好悪いもの。だから表側に見える針目が目立たないように特殊な縫い方をしなくてはいけない。

自信無さそうな私のリアクションを見て、旦那は「難しくてどうしても出来ないなら無理しなくていいよ。仕立て屋に持って行くからさ・・・」と。

そうまで言われると、闘争心がメラメラ~~!!負けず嫌いな私は「なんとしてでもやってやるぅ!!」。

まずはミシン付属の解説本の説明を読む。「ズボンの裾上げって、英語ではBlind hem stitchingって言うのか・・・。しかし、全然やり方が分からん(涙)」

Googleで色々検索してみると、ミシンでの裾上げ方法があるYou Tubeに載ってた。綺麗に裾上げするには、ただ単にズボンの裾を切った後、縫うだけじゃ駄目な事が分かった。ズボンって、裾にかけて微妙に広がってるものなのだ。なのでズボンの裾を切った後、ズボン生地の両横の縫い目を少しほどいて、幅を調節しないといけないのだ。(知らなかった~)

You Tubeを何度も何度も繰り返して見ながら、何とか出来た!初めてにしては上出来き!!表側には点々と縫い目が見えるだけで、ほとんど目立たない綺麗な針目!!!

プロの仕立て屋がやったような仕上がりに、旦那も「YOKO、やっぱりお前はすごいよ~!ミシンの才能あるよなぁ」とべた褒め。(うふふ!)

コメント