クリエイティブで幸せに生きるアイディアを紹介。オージー旦那と国際結婚した日本人妻がメルボルンからお届け〜♪

シドニーで差し歯の歯列矯正9:セッ●スと、ニラ玉入りそうめん煮込み鍋(2013年8月22日)

歯列矯正で幸せな笑顔に
⬆青いこれ、何でしょう?
⬆ニラ玉入りそうめん煮込み鍋⬆

歯列矯正前の下準備:セッ●ス!!

歯列矯正の下準備にすることは、「セッ●ス」!!

何か、分かる?

えっと「セップス」です。(ハッハッハー!)

すみません、誤解するような書き方しちゃって・・・(爆笑)。

でも楽しいから、お友達に「今日ね、歯列矯正前の下準備で、セッ●スしてきたよ!」というタイトルで、メールしてみたらどう??(笑)

The Ortho Practiceに行く

今日は私の通ってる歯科矯正クリニック「The Ortho Practice」に行って来ました。8個分の「セップス」を奥歯に装着してもらいました。セップスと言うのは。。。

奥歯は大抵ひしめき合っているので、歯科矯正ブレスを装着する前に少しスペースを空ける必要があるようです。セップスは青い小さな輪ゴムって感じです。痛くはないけど、丸ごとのトウモロコシを食べた後みたいな感じ。。。奥歯にトウモロコシのカスが詰まって取れないみたいな。

日本語では「奥歯に物が挟まったような言い方をする」という言い回しがあるけど。でもFacebookで公開しちゃってるぐらいだから、奥歯に物が挟まったような言い方をする私ではないかな?

セップス装着後・・・

もうね、固形物が全く噛めなくなってしまった。

「チーズやイチゴぐらいの硬さ」でも、歯が割れそうに痛い。イチゴだよ!

普段は気づかなかったけど、意外に凄い力が歯にかかっていたんだと思い知る。セップスは奥歯の間に挟まってるけど、歯の高さより数ミリ高いのです。物を噛もうとすると、セップスがメリメリと歯の隙間にめり込んで行く感じで押されて、これが痛いのなんのって!

なので、噛まなくても食べれるものをと思い、このレシピニラ玉入りそうめん煮込み鍋」

作ってみたら滅茶苦茶美味しくて(写真が美味しそうに見えるかどうかは、まあ置いといて)、これは歯が痛くなくても常連レシピになりそう!

風邪の時にも良いとおもうし。

材料

  • そうめん(60g)
  • 卵(4個)
  • ニラ(2束)(細かめにみじん切り)
  • (A)【水6カップ、チキンスープの素パウダー小さじ2、塩小さじ1、醤油大さじ1と1/3、こしょう少々】
  • 豆板醤、にんにくのすりおろし(少々
  • 塩(少々)
  • こしょう(少々)
  • ごま油(少々)
    (レシピにはモヤシも加わっていたけど、歯に痛そうなので省略。私は歯が痛いのでそうめんを入れたけど、正式なレシピにはビーフン/ライスヌードルを使うようですが、そうめんの方が私好みの仕上がりでした)

作り方

①卵はほぐし、塩こしょう少量を加える。にらは3cm長さに切る。
②フライパンにごま油大さじ1〜1と1/2を熱してニラを炒め、しんなりしたら卵を加えて大きく混ぜ、半熟になったら取り出す。
③土鍋(無ければ鍋)に(A)を煮立て、そうめんを加える。
④2のニラ玉を加える。
⑤豆板醤とニンニクのすりおろしをつけて食べる。

はっきし言って、旨い!!

食べた後、吐く息は少々臭うけど。。。

旦那、すまん!

でも、妻が美人になるためだ!

コメント