クリエイティブで幸せに生きるアイディアを紹介。オージー旦那と国際結婚した日本人妻がメルボルンからお届け〜♪

オーストラリアの紫外線対策:シミ・シワに効くオススメ日焼け止めとたるみをUPする美顔ローラーを体験

いつまでもツヤツヤで可愛いと言われる魔法

オーストラリアの皮膚ガン発生率は、世界一

オーストラリア上空には、オゾンホールが観測されています。

なんと、日本の5ー7倍の紫外線が降り注いでいるそうです。

オージー旦那の友人で、「鼻のガンを取った」という白色人種の人も、数人知っています。鼻の皮膚ガンと言えば、オージーのハリウッド男優「ヒュー・ジャックマン」も、何度も手術して取ってるしね。

オーストラリアの日射しは非常に強く、夏期では15分という短時間で日焼けによる炎症を引き起こします。したがって、曇りの日でも一年中日射しから身を守ることが重要です。

皮膚ガンは、オーストラリアで最も多く診断されているガンです。

出典:オーストラリア政府観光局公式サイト

オーストラリアの紫外線に関して、以前、東京のオーストラリア大使館のサイトでも読んだことがあります。

オーストラリアの夏である11月から2月の紫外線は、年間で最も強く、その強さは赤道直下の国と並ぶ量。

紫外線は10AM〜3PMがピーク。この5時間で、1日の紫外線の60%分を受けます。

出典:東京のオーストラリア大使館(現在はリンク切れ)。

これ、すっごく大事で、気をつけて欲しいんだけど・・・

紫外線の強弱は、気温と比例しません!!

「今日は涼しいから、紫外線も弱いわね」と、油断せずにね!!

紫外線対策、どうやってやる?

オーストラリアでは、紫外線対策として、1980年代に「Sun Smart」プログラムが導入されました。

「Slip, Slop, Slap」という、合言葉を通して対策が取られています。

ちょっと紹介すると・・・

Slip = 着る(洋服を着る)
Slop = つける(日焼け止めを付ける)
Slap = かぶる(帽子をかぶる)
Seek = 探す(日陰を探す)
Slide = かける(サングラスをかける)

私のオージーの旦那は、日差しの強い真夏日は、長袖のシャツに、麦わら帽子をかぶって出かけます。

私は、日焼け止め、帽子、サングラス、長袖のシャツです。長袖のシャツが着れない程暑い日は、傘をさします。

紫外線は上からも、下からも!照り返し対策も必要!

アルファルト、ビル、水面、砂浜は、約20%の紫外線が照り返してます。

日傘で上からの紫外線を防いでいる時も、下からの照り返し対策で、日焼け止めを併用するのがベストです。

 私とオージーの旦那は、真夏の外出時は、ビルや木の陰などを選んで歩いてます。

私は年中、日陰を歩いてますが・・。)

THE・日陰の女!(笑)

信号待ちの時は、太陽が降り注ぐ場所で待たず、少し離れた木や、建物の木陰で待ちます。「そこまでやるー?!やりすぎじゃない?」と思うかもしれないけど、日常のちょっとした工夫が積もり積もって、10年後の肌年齢に大きな差を生むんだ、と自分に言い聞かせてます。

最近の研究結果では、目に紫外線を浴びるだけでメラニンが作られる為、肌(皮膚)が黒くなり、日焼けしてしまうことが分かってきたようです。サングラスは、白内障から目を守るだけでなく、美容にも大事なのです!

紫外線のピークは正午前後ですが、目に入る紫外線の量は、実は朝夕が最大。涼しい時間帯も油断は禁物です。

サングラスを選ぶ時は、色の濃さよりも、紫外線のカット率が高く、ガラス部分の大きいものを選ぶと良いです。

 ・・・その一方で・・・

 真夏の炎天下の中、公園の芝生の上でビキニで寝転んで、コンガ〜リ焼いてる白人女性(ヨーロッパ人?)も時々見かけます。

日本人の私は、「紫外線は、お肌の大敵だぞぉー!今は良くても、20年後に後悔するぞー!」、と思いながら、横目で通り過ぎてますが・・・。

オーストラリアでは、日焼け止めは必須アイテム!

でも、どんな日焼け止めでも良いという訳ではありません。日本では紫外線量が少なめなこともあり、紫外線吸収剤の入ってる日焼け止めも多いようですが・・・。これが入っていると、肌に負担がかかるのです。

独身時代、私がまだカナダで演劇留学をしていた時は、4ヶ月の夏休みを利用して出稼ぎ労働してました(朝から晩までバイトを掛け持ちして、学費を稼いでたのです)。

その時に働かせてもらった「エンゼルランドふくい 福井県児童科学館」や、「遺跡の発掘」のバイト先では、頻繁に屋外に出る仕事をしてました。日焼けしたくなかったので、「SPF50++」の日焼け止めをよく使ってました。

でもね、夜、クレンジングクリームで洗おうとしても取れないの!「いつまでも何かがまだ肌に残ってる」感じがするの。すっごく気持ち悪かったのを覚えています。石鹸で何度ゴシゴシ洗っても、日焼け止めを塗った部分だけはいつまでも水を弾くのです。まるで顔に膜が張ったようで、皮膚呼吸出来てない感じというか。こういう日焼け止めを毎日使い続けていると、肌が荒れたり、吹き出物が出来るのが悩みでした。

紫外線対策の進んだオーストラリア:オススメ日焼け止め

 私の愛用してる日焼け止めは、「i-white」というメーカーの「Day skin veil」(SPF26++)です。

この日焼け止めは私の肌にすごく合ってるみたいで、毎日つけてもトラブル知らず・・・。むしろつけた方がお肌の調子が良いから驚きです。(うふふ・・)

開発者は、シドニー在住の日本人女性「山岡生香さん」です。私は、初めてこのシリーズを使う前に、生香さんのショップに足を運んで、お肌の水分測定をしてもらいました。

目の前で生香さんのお肌を見たのですが、彼女は、本当に美しいお肌の持ち主でね!彼女の、白くてモチモチの肌は、まさに歩く広告塔! 

私がこの「i-white」が大好きなのは、全商品、肌に老廃物を溜めて、ダメージを引き起こす原因となる添加物は、一切無使用だからです。化粧品には珍しく、消費期限があります。(・・・と言っても普通に使っていれば、消費期限前に消化出来る量なので、あまり神経質にならなくても大丈夫です) 

この日焼け止めは、紫外線吸収剤が入っていないのでお肌に優しいです。紫外線をカットしながら美容液レベルの成分が、乾燥やシミをケアしてくれます。

ベタベタした感じも無いし、「顔が皮膚呼吸が出来ない」感じもありません。つけた感じはまるで乳液のように自然です。 

実はこれ「日焼け止め化粧下地」らしいですが、私はこれしか使ってません。ファンデーション、一切、何もつけません。

初めてお会いした人に、「私、ファンデ使ってないの。日焼け止めだけー」と言うと、「ええっ、お肌、綺麗ー!本当にアラフィフ?」と、かなり驚かれます。

この日焼け止めには、色ムラを修正するヴェール効果があって、超薄づきながらもお肌を綺麗に見せてくれるんです。

一般的なファンデーションって、時間が経つとヨレたり、シワっぽくなる製品もあるじゃないですか?いくらシミのカバー力があっても、あれって年齢を感じさせるというか・・・。

日焼け止めだけだと、ヨレたりしないから、余計に若く見えるんです。

このアイホワイトの日焼け止めに、新製品が登場!

最近、Day skin veil plus(SPF33++)が発売されました。

「今までの商品と比べてどう違うんだろう?使い比べてみたい!!」という好奇心がムクムク・・・。

これまでの商品が無くなりそうになったのをきっかけに両方の商品を買って、実際に自分で使って実験してみることにしました。上の写真が、この2つの日焼け止めです。

商品の外観がめっちゃ似てますが、向かって右が新製品のDay skin veil plus(SPF33++)です。

左が、既存のDay skin veil(SPF26++)です。手の平にも少しづつ乗せてみましたが、色も香りもほぼ同じです。

写真でも、違いは全く分かりませんね。

この日焼け止め、困った点が1つ・・・

私は今回、2つの商品を比較したかったので、一度に両方購入しちゃったのですが・・・。

商品外観が、ほぼ同じで困りました。急いでる時に、どっちがどっちか迷ってしまいます。

私は、新製品のDay skin veil plus(SPF33++)のキャップの上に、油性マーカーで「+33」と書き込みました。マジックで書き込みしちゃって、見た目は全然オシャレじゃなくなりますが(汗)、自分用なので全然気にしてません。

ついでに消費期限のステッカーも、目立つようにお隣に貼ってます。

私は毎日使ってますが、普通に使ってると、この消費期限以内に十分消費しちゃいます。「あー、もうすぐ消費期限がきちゃうー!もったいない!」という体験は一度もありません。

両方の日焼け止めの比較写真、並べてみましたよ♪

⬆︎上の写真は、Day skin veil plus(SPF33++)を塗った側のお肌。

 

⬆︎上の写真は、Day skin veil(SPF26++)を塗った側のお肌。(こっちの頬の方がピンクに見えるのは、光の加減によるものです。実際にお肌に乗せた感じは、2つの商品とも同じように見えました)

 

⬆︎上の写真の、向かって右半分はDay skin veil plus(SPF33++)を塗った側のお肌。左半分はDay skin veil(SPF26++)を塗った側のお肌。

この写真は、室内でiPad miniで撮影しました。日焼け止め化粧下地のみで、ファンデーションや、コンシーラーは一切使っていません。眉毛、チーク、薄づきの口紅は塗ってます。フォトショップや写真修正アプリも使ってません。

2つの日焼け止めの使用感は、ほぼ同じでした。強いて言えば「Day skin veil plus」(SPF33++)の方が、ほーーんの少しだけテクスチャーが固めかなっと思ったぐらいです。(でも気のせいかもしれません)

私は、紫外線の強い時間帯に外出する時は「Day skin veil plus」(SPF33++)を使って、気合を入れて紫外線対策してます。室内にいることが多い日はDay skin veil(SPF26++)を使ってます。

 i-whiteのオンラインショップでDay Skin Veil(SPF26++)を買うi-whiteのオンラインショップでDay Skin Veil Plus(SPF33++)を買う

アラフィフの私ですが、これからも綺麗に歳を取りたいなと思ってます。私は毎朝、旦那と一緒に欠かさずやってることがあります。起きてすぐに、ベッドの上で全身ストレッチをします。ヨガのキャットのポーズ、股割り、首や肩の周りも回転させ、全身の筋肉を伸ばし、血の巡りを良くします。

 美顔ローラー「ソフィル-e」を愛用中

その後、美顔ローラーで顔や肩周りをコロコロ(下の写真の左側です)。これで顔をコロコロすると、顔の筋肉も案外凝ってることに気づきます。

コロコロが終わると、キュッとタルミが上がる感じで良いです。

この美顔ローラーについて知ったきっかけは、40歳過ぎてお顔のタルミが気になり始めた時、友人知人にオススメの美顔器について聞き回ったんです。するとある知人から、この磁性電子美顔ローラー「ソフィル-e」のことを教えてもらい、即買いしました。

余談だけど、ソフィル-eのサイトを覗いたら深田恭子さん主演の「ダメな私に恋してください」でこのソフィル-eが登場したと書いてありました。

 


髪の毛のブラッシングは、これでやってます

そして、全身ストレッチ、ソフィル-eで顔をコロコロの後は、仕上げにMason Pearsonでヘアーブラッシング(上の写真の右側の黒いヘアブラシ)。

猪毛100%のブラシでヘアーブラッシングすると、頭皮にガリガリと硬い猪毛が当たって痛気持ち良く、頭皮にグングン血が巡ってきてきます。

ヘアーブラッシングの後は、キッチンに移動して、まずは水をコップ一杯飲みます。
 
その後、手作りスムージーを二人分作って、旦那と飲みます。スムージーは、バナナ、オレンジ、フローズンベリー、豆乳、ヨーグルト、Chai seeds、Flaxseedsなどを攪拌して作ります。このスムージーを飲むと、15分ぐらいで第一回目のお通じが来ます。

これを毎日飲むと、本当に快腸です。調子の良い時は一日3回ぐらいお通じが来ます。うちの旦那は、最近「一日5回」の最高記録を出して、大(便)自慢してました!夫婦二人とも便秘とは無縁で、毎日、絶好「腸」です。

(日焼け止めと美顔ローラーの紹介のはずだったけど、ウンチネタで終わってしまった・・・ハハハ)

コメント