(6)メルボルンYarra ValleyのWarburton駅と遊歩道/The Lilydale to Warburton Rail Trail/Aussie House Sitters

ハウスシッター生活/Aussie House Sitters

旦那ラッセルと、メルボルン各地のお宅で、ハウスシッターをしています。

メルボルンのYarra Valley地区の街Seville(セヴォー)に、ステイしていたことがあります。

牧羊犬「ケルピー犬」の血が混じった、茶色の賢い犬ちゃん「Charie(チャーリー)」をお世話していました。

チャーリーの毎日のお散歩は、近所の遊歩道「The Lilydale to Warburton Rail Trail」でしました。

ここが、とっ〜ても素敵だったので、写真入りでお伝えします。

The Lilydale to Warburton Rail Trailは、どこ?

↑当時住んでいた、Seville(セヴォー)地区から、「Warburton駅」にいく最中に、バスの窓から撮影。こんな景色が延々と続く!

↑「Warburton駅」に到着。

メルボルン中心部の「Flinders Street駅」から行くなら?

まず、「Flinders Street駅」で、「Lilydale行きの電車」に乗ります。

電車で52分間行くと、「Lilydale駅」に着きます。「Lilydale駅」で降りて、すぐそばから遊歩道が始まります。

●遊歩道の公式サイト(英文)です。英語がわからなくても、写真だけでも素敵さが伝わるよ:

Lilydale-Warburton Rail Trail
The Lilydale to Warburton Rail Trail is one of Australia’s iconic Rail Trails which meanders through the Yarra Valley between the Dandenong Ranges and the Great...

上のウエブサイトを抜粋すると・・・

The Lilydale to Warburton Rail Trail is one of Australia’s iconic Rail Trails which meanders through the Yarra Valley between the Dandenong Ranges and the Great Dividing Ranges.  The 38km recreation trail for walkers, cyclists and horse riders follows the path of the historical railway line which was established in the 1900s to service the agricultural industry of the time.

(和訳)遊歩道は、Lilydale駅からWarburton駅までの、全長38kmです。Yarra Valley という広大な谷沿いを、うねうねと流れるように進みます。

●自転車でサイクリングしてもいいし・・・。

●馬に乗って、乗馬してもいいし・・・。

●歩いてもいい・・・・・・・

(・・・とは書いてあるけど、38kmですからねぇ・・・(汗)。まぁ、全距離歩かなくてもいいんだけどね)

遊歩道になる前は、何があったの?

この遊歩道がある場所は、もともと1900年代に鉄道が敷かれた、歴史的な場所です。農作物を運ぶための鉄道だったようです。

↑今はもう、こんな蒸気機関車は走っていません。でも鉄道があった時の名残りで、駅の看板が残っています。

多分、時代の流れと共に、大型トラックで農作物を運んだりするようになったのでしょうか?

 

「Warburton駅」の周りの景色がすごい!

↑もう緑、緑、緑〜!空気も澄んでて、おいしー!

↑Yarra River(ヤラ川)です。

↑こちらも、Yarra River(ヤラ川)です。

Yarra Riverは、メルボルン中心部の「Flinders Street駅の付近」にも流れていますが、そこらへんまで来ると、川幅も随分と広くなり、濁った黄土色の水になってます。

でも、山に近い側だと、同じ川の水も、まだまだ色が澄んでいて、綺麗な水なんですね。

↑ヤラ川の上にかかる橋。歩く部分は、木です。

↑「お〜い」と手を振ってみた。

↑こんな、でっかい木もありました!

↑緑に囲まれた場所です。まるで天国!

↑緑に吸い込まれてしまいそう・・

↑木漏れ日がうつくしい・・

↑Duck(カモ・あひる)が道を横切る場所みたいです。

↑映画館かな?

街の伝言板で見かけた、お知らせチラシ

↑街の掲示板で見かけたお知らせ「刈った干し草の、丸め方のワークショップ」です。こんなお知らせ、都心では絶対に見かけられないです。

ワークショップは、全6回コース。土日の週末を使い、3週間に分けて学ぶコースみたい。

この丸〜い形の干し草は、カナダやオーストラリアの田舎に行くと、よく見かけます。牛、馬、羊、ヤギなど放牧されてる場所では、この丸〜いのがゴロゴロと転がっています。干し草は、動物たちの餌になるんですね。

↑これも、街の掲示板で見かけたお知らせ。1.7トン仕様の採掘機の販売チラシです。都心の掲示板では「デスク」、「自転車」、「ピアノ」の販売はありそうだけど・・。こういう大型機械の販売は、さすがに田舎ならではの珍しい光景です。

遊歩道でお茶したくなったら、電車カフェがおすすめ〜

昔の電車の車両を、改造したカフェです。

遊歩道で、ちょっと休憩したくなった時にどうぞ。

(5)メルボルンYarra Valleyの街「Seville」の電車カフェ「Carriage Cafe」と遊歩道「Warburton Rail Trail」で森林浴/Aussie House Sitters
前回、旦那ラッセルと一緒に、メルボルンのYarra Valley地区の、街「Seville(セヴォー)」で、ハウスシッターをした時の話を書きました。 今回は、この記事の続きです: Seville(セヴォー)にある電車カフェ「...

 

オーストラリアでハウスシッターをしながら無料で暮らす方法とは?

旦那ラッセルと私は、2017年にシドニーからメルボルンに引っ越してきました。

メルボルンでは、ハウスシッター生活をしながら、無料で暮らしています。

私たち夫婦は、ハウスシッター検索サイト「Aussie House Sitters」を利用して、無料で住めるハウスシッター先を見つけています。

「ハウスシッター」とは、ペットの飼い主さんがホリデーなどで家を留守にする間、ペットの世話をしながら、その家に無料で住むという仕組みです。

・通常、宿泊費・光熱費・水道代などの支払いは不要。

・必要なのは、自分の食費だけ。

・ペットの世話は、犬や猫の「餌やり、散歩、ブラッシング、トイレ掃除」など。

・ハウスシッターの期間は、短期・長期といろいろ。

・ペットの種類もいろいろ。

ハウスシッターは、こんな人にオススメ!

●犬・猫の世話を、《自分のペットのように》できる方。ペットの餌やり、散歩、トイレの掃除を、愛情を持ってできる方なら、飼い主さんも安心です。

●英語のコミュニケーション能力がある方。ハウスシッター検索サイトで出会う飼い主さんとは、基本的には英語でのやり取りです。ハウスシッター先が見つかり、家に住み始めてからも、「ペットの体調が急に悪くなったり」、「家のお湯が急に出なくなったり」など、緊急事態は発生します。そんな時も、飼い主さんに連絡を取ったり、飼い主さん指定の業者さんとのやり取りなど、英語でのコミュニケーションが必要になります。

●オージーや、NZ人など、ネイティブスピーカーと一緒にハウスシッターをする方。ハウスシッター先の飼い主さんも、英語のコミュニケーションがスムーズだと、より安心されるようです。

●綺麗好きな方。特に日本人は、きれい好き・誠実というイメージがあるようで、飼い主さんにも喜ばれます。飼い主さんが家に戻ってくる時は、自分が入居した時と同じぐらい、きれいな状態に掃除してから退出すると喜ばれます。

私たちの友人たちも、ハウスシッターをして、放浪の旅を楽しんでいます

●【友人・なぎささん】:普段は、日本在住の日本人女性。日本では、キッズ英会話の講師・スクール運営をしている30代女性。2017年から、NZ人のボーイフレンドと、ハウスシッターをしながら、NZとAU各地を、1年近く旅していました。

●【友人・アリスさん】:オージーの友人夫婦が、子連れでハウスシッターしながら旅していました。自宅は人に貸し、自分たちはオーストラリア各地を旅する生活をしていました。

上の友人たちも、私たち夫婦と同じハウスシッター検索サイトを見て、ハウスシッター先の家を選んでいました。

どうやって、ハウスシッター先を探すの?

私たち夫婦や、上でご紹介した友人たちは、みんなハウスシッター検索サイト「Aussie House Sitters」を利用しています。

ハウスシッター検索サイトで、どんなハウスシッター先があるのか、無料で見てみることができます:

Aussie House Sitters
Australia's largest House Sitting site. Aussie House Sitters helps to facilitate hundreds of house sits every month. We've been around a long time, and we recko...

 

ハウスシッター検索サイト「Aussie House Sitters」の登録方法は?

●日本語で、登録方法を読む(写真あり):

(登録方法)オーストラリアに無料で宿泊する裏技:ハウスシッター検索サイトの登録方法を写真入りで解説/Aussie House Sitters
オージー旦那ラッセルと結婚して、オーストラリアに住み始めた私ですが・・・。一番驚いたことは、物価の高さ! 特に、家賃。 そんなオーストラリアで、《豪華な一軒家で、ペットの世話をしながら、無料で暮らす裏技があるよ》と聞いた...

 

なぜ、ウエブサイト「Aussie House Sitters」がおすすめなの?

ハウスシッター先を探すためのウエブサイトは、「Aussie House Sitters」以外にも沢山あります。

私たち夫婦も、初めてハウスシッターをする時は、いろんなウエブサイトをリサーチしました。

なかには、「ハウスシッターしながら、お金ももらえる」というサイトもありました。確かに、「家賃・光熱費無料で家に住めて、ペットの世話をしながらお金がもらえる」ことは、ハウスシッターにとっては魅力的です。

でも、ペットの飼い主さんの立場で考えると・・・。「他のウエブサイトなら、自分たちの家に無料で住むのと引き換えに、無料でペットの世話をしてもらえる」わけです。なのに、なぜ、わざわざお金払って、そのウエブサイトに登録したいかな〜と思うの。そう思うと、ペットの飼い主さんの登録者数は、他のサイトに比べて少なめだろうなと思いました。なので、却下。

そんなこんなで、いろんなハウスシッターのウエブサイトを比較検討してみた結果、分かったのは、この「Aussie House Sitters」のウエブサイトが、

●一番ユーザーフレンドリーで、使いやすい。

●使う人の身になって、より使いやすいように、改善・工夫をしてる。

●私たちの友人たち複数人が、実際に利用したことがある。

・・・ということ。

私たち夫婦も、1年8ヶ月ほどの期間に、15件のお宅でハウスシッターをさせてもらった、このサイトなら、自信を持ってオススメ出来ます。おかげさまで、今のところ、なんの大きなトラブルもなく、ハッピーにハウスシッター先を見つけられています:

Aussie House Sitters
Australia's largest House Sitting site. Aussie House Sitters helps to facilitate hundreds of house sits every month. We've been around a long time, and we recko...

かわいいワンちゃんや猫ちゃんとの、楽しいハウスシッター生活を体験してみてね♪ (≧∀≦)

素敵な出会いと、楽しい旅を♪

 

スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク
ハウスシッター生活/Aussie House Sitters
アイディア、ピカ!⚡️クリエイティブに生きる!

コメント Leave your feedbacks