クリエイティブで幸せに生きるアイディアを紹介。オージー旦那と国際結婚した日本人妻がメルボルンからお届け〜♪

海外で安く日本の本を買う方法:オンラインショップのFULL OF BOOKSを知ってますか?

海外で学ぶ・働く

オーストラリアの、メルボルンに住んでる私ですが・・・

2018年7月1日のオーストラリアの税制の変更に伴い、オーストラリア在住の人は、アマゾンジャパンさんから、日本の本やモノを買えなくなってしまいましたね。

Amazonジャパン:2018年7月1日からオーストラリアに住む人は本が買えなくなる?
本日、2018年7月1日の今朝、「うへへ〜」とフェイスブックを眺めてたら・・・。メルボルン在住の友人の投稿が目に留まりました: じゃあ、もう、Amazonオーストラリア以外の、海外アマゾンサイトでは、ショッ...

これから、どうやって日本の本を買ったら良いの?

私の知ってる方法をご紹介します。

まずは、新品の日本語の本を買う方法です:

シドニーの紀伊国屋書店さんで、新品の日本語の本を買う

●新品の日本語の本が購入できます。ここにない本は、取り寄せも可能です。シドニーに住んでいた時、何度もお世話になりました:

https://australia.kinokuniya.com/t/books/japanese-books

 

オンラインショップ「honto!」で、新品の日本語の本を買う

●日本の書店「丸善さん」のオンラインブックストアです:

https://honto.jp

「honto!」さんは、EMSだけじゃなく、SAL便、船便などからも選べます。

WordPressでこのブログを立ち上げる時や、ソーイング大好きな私がリネンなど天然素材のワンピースの作り方の本などを、大量に購入するとき、SAL便を何度か利用させてもらいました。

↑電子書籍のクーポンをよくもらえます。少し割引で本が買えます。あまりモノを増やしたくない方は、電子書籍で購入するのも良いかも。

ただし、「honto!」さんは新本のみ。中古の本は、ありません。

The Japan Foundation Sydneyのライブラリーで本を借りる

©️http://www.alra.org.au/newsletter1501/1501_yada_1.html

シドニーのCentral駅から徒歩5分で、「Central Park Shopping Centre」に行けます。

ここの4階に「The Japan Foundation Sydney」があり、日本の本が借りれるライブラリーもあります。

https://jpf.softlinkhosting.com.au/liberty/libraryHome.do?SAMLResponse=&clientAlias=&time=&digest=&corporationAlias=JapanFoundationSydney

メルボルンのCity Libraryで借りる

©️https://www.weekendnotes.com/im/003/02/img104411.JPG

メルボルンに住んでるなら、Flinders Street駅から徒歩10分の、City Libraryがオススメ。 日本語の本、雑誌、DVD、CDがたくさ〜ん! 詳細はこちら:

メルボルン在住の日本人と知り合える場:City Libraryの日本語ブッククラブで本好きな仲間と知り合えるかも?
メルボルンに住んでて、「日本語の本が読みたーい!」と思うこと、ありますよね? そんな時、私は、オンラインで買ったり、ライブラリーで無料で借りてきたりしてます。 メルボルンに引っ越してきて、日本語の本が借りれるライブラリーを探した...

 

最新の新品本でなくてもいいから、日本の本が読みたいなら?

私、日本に一時帰国すると必ず行く場所があります。それは、BOOK-OFF。

最新の新品本でなくてもいいから、手軽な値段で、欲しかった日本語の本が読みたいって時に重宝してます。ソーイングの型紙付きの本、スピリチュアル系の本とかね。

実は、シドニーにも、似たようなコンセプトの、いい本がたくさんある書店があるって知ってました? オンラインブックストアーの「FULL OF BOOKS」さんです。

「ほんだらけシドニー」の運営する、オンラインショップFULL OF BOOKS とは?

©️https://fullofbooks.com.au/index.php?

ほんだらけさんは、シドニー最大の日本語古書籍買取・販売店です。

店内100,000冊の在庫があります。

2017年までシドニーに住んでいた私は、実店舗にも何度か足を運んだことがあります。

●下のオンラインショップで、日本語の本が買えます:

https://fullofbooks.com.au/index.php?language=ja

書店のオーナー「ともこさん」は、フレンドリーで、超親切な日本人女性。ものすごい量の本を読んでらっしゃる、本のエキスパート!

なので、具体的な本のタイトルや著者が分からなくても、「スピリチュアル系の、こんな本を探してるんだけど・・・」とお伝えすると、ともこさんの豊富な知識の中から、オススメ本を教えてくれます。

 

発送可能なエリア

オーストラリア各州、ニュージーランド、ヨーロッパなど。(日本も大丈夫!)

そう、世界中に日本の本を発送してくれます。

 

送料はいくら?

発送手段は、注文した商品の総重量により、一番リーズナブルな方法を提案してくれます。

これって、すごくうれしいサービス!

だって、全部が全部、速達でなくてもいいって思うのですよ。場合によっては、「重い本を大量に購入したい。そんなに急いでいないし。ゆっくりでもいいから、少しでも安い送料の方が助かる」って時もあるじゃないですか?

(ちなみに、お見積もりだけでもOKだそう。^^)

 

1冊だけのご購入の場合

オンラインショップの、「チェックアウト上で自動計算される送料」より安く送れることもあるそうです。

その場合は、一旦、注文を受け取った後に、個別に直接対応してくれて、新たな発送方法と料金の提案をもらえます。

これって、すごい! 私が最近読んだ本「家電の神様」に書いてあったことと、すごくリンクしてます。本の感想はこちらで読めます:

本「家電の神様」を読んだ感想:江上剛(えがみごう)さんの書いた本
最近読んだ本で、すごく良い本があったので、ご紹介させてください。 江上剛(えがみごう)さんの著書「家電の神様」です。 江上剛さんの写真です: 本のあらすじは・・・ 大手家電メーカーをリストラされた、主人公男性「轟雷太...

上の本の中で、こんなことが書かれています:

「大手家電量販店」の真似をするのが悪いわけではないけど、地域に密着した「街の電器屋さん」には、自分たちにしかない持ち味があり、それを伸ばし、発揮するのが大事だ。

「ほんだらけシドニー」のオンラインストアーは、ぶっちゃけ、巨人のオンラインブックストアー「アマゾンジャパン」のような品揃えではありません。

でも、個別に直接対応できるのは、「ほんだらけシドニー」の強みだと思います。「ほんだらけ」のともこさんは、自分のところにしかない持ち味を知っていて、それを伸ばし、ちゃ〜んと発揮されてる!

「非効率なことこそ付加価値」というか、一見、無駄に見える効率の悪いことだけど、お客さんが何を求めているかに氣づいている。

「一旦、お店が注文を受け取った後に、個別に直接対応してくれて、新たな発送方法と料金の提案をもらえる」のは、お客さんの立場に立ったら、それはうれしいサービス。

だって、効率よくやろうと思えば、全部の注文を「速達」にしちゃえば済むわけ。発送料金はお客さん持ちだしね。速達で送れば、早くて、便利で、追跡機能もあるし、お店側は管理も楽だと思うんだ。(でも、お店側の視点で見ると、手間がかかるサービスだと思うんだ〜。何度もメールでやりとりすれば、時間もかかるし、効率的じゃないもん。だから、あえてそこをやっちゃう、ほんだらけさんって、本当にすごいと思うの)

 

少しでもお得に送ってもらう方法

「お客さまに、少しでもお得に送りたい!」という、書店オーナーのともこさんが、その方法を提案してくれてるので、以下、抜粋します:

オーストラリア国内で一般的に一番リーズナブルなのは、郵便局の3kg (または5kg)袋利用でのご発送です。実際、現在オンラインショップをご利用のお客様に、一番お選び頂いている発送手段です。この場合、

3kg袋利用・・・送料手数料込 $16.80

5kg袋利用・・・送料手数料込 $20.60

で、全国どこでもお送りできます。

つまり、5キロまでのご注文なら、$20.60以上の送料がかかることはありませんので(普通郵便の場合)、ぜひ目安にしてご利用下さい。

 

シドニー市内(または付近)にお住まいの方の場合

普通郵便で、20kgまで$13.55でお送りできるエリアが多いそうです。(※POST CODEによるので、一度お尋ね下さい)

 

お探しの本が見つからないと思われた方へ

私は、ソーイングや、クラフトのハンドメイドが好きなので、「FULL OF BOOKS」で買えるかな〜と、氣になって調べてみました。

「日本の本」 → 「暮らし、料理、教育・子育て」 → 「手芸 園芸 陶芸 暮らし」で検索するのですが、ソーイングの本は、見つかりません。

ともこさんによると、「ソーイング系の本は、オンライン掲載がなかなか間に合わなくてごめんなさい」ということでした。

つまり、オンラインショップ上に掲載されていない商品も、店内在庫にある可能性があるのです。

ともこさん曰く、「メール、お電話、フェイスブック、インスタグラムのメッセージ等でお気軽にお尋ね下さいね♪」とのこと。

しかもっ、

ともこさんに、Facebookで質問したら、速攻で店内のソーイング本の在庫の写真を送ってくれました(10秒後ぐらいに!早っ!)。

なので、気になる本があるけど、オンラインショップ「FULL OF BOOKS」を検索しても見つからない!と思ったあなた、まずは氣軽に、ともこさんに質問してみてね!

 

●「FULL OF BOOKS」のブログで、オーストラリア各州や、その他の海外への発送方法について読めます:

https://fullofbooks.blogspot.com/2018/07/blog-post_12.html

 

●ほんだらけさんのFacebookです:

https://www.facebook.com/Hondarake

 

●ほんだらけさんのアメブロです:

https://ameblo.jp/hondarakesydney

 

海外在住の方に、お役に立てたらうれしいです。(*´∀`)♪

コメント