クリエイティブで幸せに生きるアイディアを紹介。オージー旦那と国際結婚した日本人妻がメルボルンからお届け〜♪

中屋万年筆のキンギョ・赤溜とセーラー万年筆のプロフィット21、LAMYのSAFARIで試し書き

海外で学ぶ・働く

私、万年筆が大好きです!

私が万年筆を好きになったきっかけは・・・

カナダで、演劇留学していた時でした。

学内で知り合ったフランス人の男子学生セドリックは、ヒョロリと背が高く、無精ひげを生やして、ハンサムでした。

暇さえあれば、本を読んでたり、フランス語で詩や文章を書いてました。彼が、長年愛用してるという万年筆で書かれたフランス語の文章が、まぁあー、なんとかっこいいこと!!!彼の個性的な風貌にピッタリでした!

 セドリックの万年筆は、たまにインクが漏れて、指が青く汚れていた・・・。けど、それすらも、エキゾチックで、かっこよく見えました。

どこで、万年筆買う?

万年筆や、万年筆のインクを買うときには、ネットでレビューを読んだり、写真を参考にして、買うことが多いです。

東京近くに住んでいた頃は、銀座のITOYAや、丸善などで、実際に商品を手にとって、試し書きさせてもらってから、買ってました。

シドニーにも、万年筆を売ってるお店がいくつかあります。

(1)Dymocks Sydney

https://www.dymocks.com.au/stores/nsw/dymocks-sydney
シドニーのCBDにあります。

一般的な、いわゆる人気のある万年筆が多いです。万年筆に、そこそこ詳しい店員さんもいるし、すっごく親切。試し書きも、頼めば自由にさせてもらえます。ボトルインクも、試し書きさせてもらえるのもあります。

ただ、お店が忙しい時間帯は、ショップの店員さんも大変そう。なので、商品の試し書きをさせてもらうのは気が引けちゃう私・・・。

(2)Pen Ultimate

http://www.pensdeluxe.ashop.com.au/g/1088124/trading-hours.html
Pen Ultimateのお店は、シドニーのQVBのLevel2と、Chifley PlazaのUpper Groundにあります。

日本製のセーラー万年筆なども置いてます。私の個人的な感想だけど・・・。

Chifley Plaza店は、小綺麗な感じで高級感あります。ショップの店員さんも親切。

QVB店は、ショーウインドーに飾ってあるペンに結構なホコリが溜まっていたりして、ちょっと雑然とした印象。ショップの店員さんは、人によって親切だったり、そうでなかったり・・。

日本製の万年筆も買えます。セーラー万年筆とか。でも、日本で買う値段と比べるとべらぼうに高い。それにシドニーで手に入る日本製の万年筆は、数や色など、種類が限られています。「今すぐ欲しい!」と喉から手が出そうになったけど、数ヶ月後に日本に一時帰国する予定があった私は、日本のITOYAで買いました。

私、結婚してシドニーに来たばかりの頃は、ステーショナリーショップで販売員をしてた時期もあります。そのお店では、Visconti、Lamy、Porshe Design、Faber-Castell、Graf von Faber-Castell、Campo  Marzio Design、Caran d’Acheなどを置いてました。オーナーがセレクトした筆記具(万年筆、ローラーボール、ボールペン、シャープペンなど)でした。

もともと大好きな万年筆だったけど、お店で接客する時に、お客さんの質問に答えられるようにと、結構、勉強もしました。だって、本当に万年筆好きな人は、知識も経験も豊富だからねー。そんなマニアな愛好家の万年筆に対する愛は、すごいんです!

私の愛すべき万年筆たち・・・

私が特に好きな、出番の多い万年筆たちをご紹介します!

セーラー万年筆:プロフィット21

⬆︎出典:http://www.sailor.co.jp/lineup/fountainpen/11-2521

 

*ニブ:長刀とぎ、Broad nib(太字)、21kt(21金)。
*インク:セーラー。
*インクの色:エピナール。モスグリーンを濃くしたような深緑がとっても素敵!

日本に一時帰国した時、銀座のITOYAで買ったセーラー万年筆です。ペン先は21金。http://www.sailor.co.jp/lineup/fountainpen/11-252114金でも、かなりソフトな当たりだけど、21金は、14金よりも、もっとソフトな当たり心地!

私の買った万年筆は「長刀研ぎ」(なぎなた)というもの。(店頭で「長刀」の漢字が読めず、「ながとうとぎの万年筆を試させて欲しいです」と言ってしまったよー!)日本語のハネや止めを綺麗に表現出来るそう。

日本語の漢字を書く時には、やはり日本製の万年筆の方が、「トメ」「ハネ」「ハライ」が綺麗に書けるそう。西洋の万年筆は、横書きの筆記体の英文を書くのに適しているそう。

日本のITOYAのカスタマーサービスは、感動するレベル。万年筆のインクも、色を選びやすいように、工夫がたくさん。あらかじめ紙に試し書きされたサンプルが見れたり、透明な万年筆10本ぐらいに、いろんな色のインクがすでに入っていて、自由に試せたり。(日本に住んでる人には、それが当たり前に思えるかもしれないけど・・・)


中屋万年筆:キンギョ

⬆︎出典:http://www.narihon.co.jp/nakaya/product3.html

*ニブ:Music nib(ミュージックニブ)、14kt(14金)

*ニブ詳細:http://www.nakaya.org/manual/default.aspx?item=pensaki
*インク:プラチナ、カートリッジ。
*インクの色:ブルーブラック。


 中屋万年筆:赤溜

*中屋万年筆(赤溜)の詳細:
http://www.nakaya.org/review.aspx?id=193&type=body
*ニブ:Broad nib(太字)、14kt(14金)中屋万年筆の14金のペン先は、スチール製のペン先に比べると紙への当たりが柔らかく、カリカリと引っかかる感じが無い。
*インク:プラチナ、カートリッジ。
*インクの色:ブルーブラック。


LAMY万年筆:SAFARI

*ニブ:Medium nib(中字)、スチールニブ
*インク:LAMY。
*インクの色:ブルーブラック。

LAMY万年筆:abc

*ニブ:A nib(ビギナー用で、万年筆初心者や子供向けのニブ。ペンポイントが丸い形をしている)、スチールニブ。

*Aニブの詳細:http://www.leftylife.jp/blog/fountain-pen/2598/ 
*インク:モンブランク。
*インクの色:パープル。

私のお気に入り、全員集合!

写真を撮ってみて、ふと気づいたけど・・・

お気に入りの万年筆は、ほとんど赤!!

コメント