クリエイティブで幸せに生きるアイディアを紹介。オージー旦那と国際結婚したアラフィフ日本人妻がメルボルンからお届けしています。

2018年7月1日からオーストラリアに住む人はAmazonジャパンで本が買えなくなる?

海外で楽しく学ぶ・働く・暮らす

本日、2018年7月1日の今朝、「うへへ〜」とフェイスブックを眺めてたら・・・。メルボルン在住の友人の投稿が目に留まりました:

じゃあ、もう、Amazonオーストラリア以外の、海外アマゾンサイトでは、ショッピングできなくなっちゃうんだ。

えっ?!

びっくりして「もっと情報ないの?」と、ググる。

ソーシャル

オーストラリアのABCニュースによると・・・

最初に見つけたのが、ABCニュース記事。一部引用すると:

Australians have been free to buy goods from the United States via Amazon.com for years.

However, from July 1, local customers will only be able to purchase goods from Amazon’s Australian website, which was launched last year.

The company says it will no longer ship to Australian addresses starting from the new financial year, and will redirect all Australian customers trying to reach the US website back to the local one.

出典:ABCニュース http://www.abc.net.au/news/2018-05-31/amazon-blocks-australia-shopping-deal-how-it-affects-you/9820312

(和訳)オーストラリア在住の人は、以前から何年間もAmazon.comを利用して、アメリカから商品を購入してきた。ところが7月1日からは、オーストラリアの住所宛には発送しないという声明が出された。つまり去年から導入された、アマゾン・オーストラリアのウエブサイトからしか買い物ができなくなる。オーストラリアの7月1日からの新しい税制に伴い、アメリカのAmazon.comサイトから買い物をしようとするオーストラリア在住の顧客は、アマゾン・オーストラリアのサイトにリダイレクトされるようになる。

私、オーストラリアに来てから、アメリカのAmazon.comサイトを2回ほど使ったことがある。「旦那ラッセルが欲しかったDVD」と、「私の欲しかった家紋に関する英語の本」が、アメリカのAmasonサイトにしか売ってなかったから。

でも私が知りたいのは、オーストラリアに住んでる私たちが、日本のAmazon.co.jpサイトから日本語の本が注文できるかどうか。日本のソーイング本とか、スピリチュアル系の本とか、すごい好きでよく利用してるから。

日本語のニュース記事によると・・・

さらにググると、TechCrunchという日本語の記事が出てきた:

7月からは、オーストラリアの人はAmazonのアメリカのサイトで買い物ができなくなる。今日(米国時間5/30)の同社の発表によると、オーストラリアからの買い物客は自国のサイトAmazon.com.auへリダイレクトされ、同社の国際的なサイトであるAmazon.comはオーストラリアの住所に発送をしない。この変更は7月1日に施行される新しい税制への対応で、それによると年商75000AUD(オーストラリアドル)以上の企業から消費者が少額品目を輸入すると、それに対し10%のGoods and Services Tax(商品およびサービス税, GST)がかかる。

“Amazon税”と呼ばれるこの新しい施策は、Amazonなどの大きな海外eコマース企業が、すでにすべての販売品目でGSTを払っているオーストラリアの小売企業に与える、影響への懸念により導入された。これまでは、海外小売企業から買った品目が1000ドル以上だった場合に限りGSTが適用されていたが、それに対し地元企業は、それではAmazonやeBayなど海外の競合他社にとって不公平に有利だ、と主張していた。

Amazonのオーストラリアサイトは昨年12月に開設され、今では6000万品目を扱っているという。それはAmazonのアメリカサイトの推定5億品目の足元にも及ばない。その埋め合わせとしてオーストラリアの顧客は、Amazon.comが新たに設けたGlobal Storeで400万品目にアクセスできていた。

本誌TechCrunchに宛てたメールでAmazonのスポークスパーソンは次のように述べている:

“7月1日に施行されるオーストラリアのGST法の改正により、オーストラリアの顧客のための国際的ショッピングオプションが変わる。これによって顧客にご不便が生ずるとしたらそれは残念だが、われわれは複数の国際的サイトのあるグローバル企業として、その税制への有効な対応策を検討せざるをえない。そしてその検討に基づき、われわれはオーストラリアの顧客を弊社の国際的サイトからamazon.com.auへリダイレクトし、今日からそこで、従来Amazon USのGlobal Storeで売られていた製品をお買い上げいただくことになる。これによってわれわれは、われわれの顧客に、国際的な特選製品へのアクセスを提供し続けることができ、そしてまた、Amazonのサイトで売られ海外から発送される製品に対してはGSTが課税されるという、新しい税制へのコンプライアンスを維持できる。”

出典:TechCrunch記事 https://jp.techcrunch.com/2018/05/31/2018-05-30-australians-will-no-longer-be-able-to-order-from-amazons-american-site/

すごいな、この日本語のニュース記事、Catherine Shuさんという人が書いたんだ!ただ、3回読んだけど、意味がよく分からないのは私だけ?

とにかく、自分で買って実験してみる!

最近、氣になっていた本が1冊あったので、実際にAmazon.co.jpから買って実験してみることにした。

その本とは:「史上最悪の重症のいぼ痔を治す、すごい方法」

(・・・じゃない!)ジョーク、ジョーク!!

もとい、その本とは、

金城幸政(きんじょう ゆきまさ)さんが書いた「愛でメシが食えるかって?愛でこそ食えるんだよ:人生を幸せに導く次元を超える経済学」

Amazon.co.jpで、単行本が1620円。

Amazon.com.auで、日本語の本が買えるか実験

まず、Amazon.com.auで、《Kinjo Yukimasa》で検索してみた。

1件もヒットしない。

2018年3月発売の本だから、まだ新しすぎるのかな?Amazonオーストラリアでも、日本語の本は、いくつか取り扱いはあるみたい。

次に《金城幸政》で検索してみた。けど、一件もヒットしない。

 

Amazon.co.jpから購入してみる

私の欲しい「愛メシ」は、Amazon.com.auでは買えなさそうなので、Amazonジャパンに行く。

ショッピングカートに「愛メシ」をポチッ!

「愛メシ」をカートに入れ「レジに進む」

お届け先住所の選択の画面にきた。

直近で使用したメルボルンの住所が表示されている。

ここまでは、何の問題もなくスムーズ。今までと、全く同じだ。

そして「この住所を使う」をポチッと押すと・・・。

Amazon.co.jpで1,620円だった本の値段が・・・

「発送オプションと配送オプションを選んでください」の画面になりました。

さっきまで「1,620円単行本。Amazon.co.jpが販売、発送します」だったけど、この画面から「単行本1,500円Amazon Japan G.K.から発送」になりました。

本の代金が1,620円から、1,500円になりました。日本の消費税を抜いた額になるんだね。

ちなみに、「Amazon Japan G.K.」は、「AmazonGlobal海外配送」の略かな?「G」が「Global」の略語ね。「K」は、もしや「海外配送」の略語?

略語と言えば思い出した、とても恥ずかしい思い出・・・。

Amazonジャパンとは、全く関係のない余談ですが・・・

2006年ごろ、カナダ留学を終えて、日本に帰国した私。東京で、まずは生活費稼ぎと思い、比較的高時給だったペリカン再配送センターで、「テレフォンアポインター」の派遣の仕事に挑戦したことがあります。

ペリカン便の運転手は、留守宅に不在票を残していくでしょ?外出先から戻ってきたお客様が、不在票を見て、再配達をお願いするために電話をかけてくる。テレフォンアポインターは、お客様からの電話を受けて、再配達の日時を設定する仕事です。

当然ながら、新人は、いきなり予備知識もなしに、お客様対応はさせてもらえない。まずは研修期間があり、ペリカンセンターの仕事の流れを学ぶ。

新人10人ぐらいが、ペリカンセンターの会議室に集まり、学校の授業のようにレクチャーを受ける。分厚いマニュアルに沿って、講師が丁寧に説明してくれる。

暖房のよく効いた暖かい部屋で、眠たくなる私・・・。ちょうど、そんな時に限って当てられる!!

女性講師
女性講師

ペリカンセンターでは、作業を迅速にするために略語が多く使われます。では、マニュアル25ぺージに書いてある「PC」は何の略か分かりますか?川畑さん、答えてください。

ようこ
ようこ

あふっ、ふえっ?!あ、えーと「PC」は・・・。Personal Computerの略かな?

この時の私は、10年間のカナダ留学を終えて、日本に帰国したばかり。半分寝ぼけてた私の発音は、日本語風な「ぱーそなる・こんぴゅーたー」ではなくて・・・。

「プーソノーコンピューラー!」

(☝︎ ՞ਊ ՞)☝︎

という、非常にバタ臭い、超ハズカシイ英語風の発音!

半分寝ぼけまなこな私の口から、勝手に、ほとばしっていた・・・(汗)。

その発音に、ギョッと驚いた講師は、

女性講師
女性講師

うわっ!なんか、今すごい発音しましたね!でも不正解。我が社では、「PC」は「ペリカンセンター」の略です。

がくっっ!!(*゚∀゚*)

何じゃそりゃ?そのまんまやんか!もちょっと、ひねらんか〜い!(● ˃̶͈̀ロ˂̶͈́)੭ꠥ⁾⁾

・・・めっちゃ脱線したけど、またAmazonジャパンの注文に戻ります。

Amazonジャパンで配送オプションを選ぶと、配達料金・手数料を含めた合計金額が出ました。

配達料を含めた、海外発送の合計額が出る

「選択されたお支払い通貨」をクリックすると、日本円の代金も確認できました。《1円=0.0126016771オーストラリアドルの為替レート》での計算です。

今さらだけど、Amazonジャパンさんの、ショッピングカートって、本当にすごい!

「どっちのボタン押したらいいんだろう?」と、迷うことがない。関連商品も、パッと提示されて、ついつい欲しくなる。

そして一番すごいと思うのは、海外発送の商品の配送料・手数料を含めた合計金額を、「購入ボタンを押す前」に提示してくれること。しかもAU価格と、日本円での価格を、クリック一つで一瞬にして見せてくれること!

納得して、安心して、迷わず買える。何度も、改善・工夫の繰り返しで、ここまで積み上げてきたんだろうなぁ・・・。

今回のショッピングの総合計金額をまとめると

最初から、おさらいすると:

Amazon.co.jpでの商品価格は、1,620円

Amazon.G.K.での商品価格は、1,500円。それにメルボルンまでの配送料・手数料1,200円が加わり、合計で2,700円

そして、オーストラリアドルに換算すると、商品代金はAU$18.90。配送料・手数料のAU$15.12が加わり、合計でAU$34.02

お届け予定日は、2018年6月6日ー2018日6月7日か・・・・・・・・・・・・

え?!え?!届くのは6月?

あーーーーーー!!!!!しまったー!!

今日、7月1日だと早とちりしてたーーーー!!

Amazonジャパンで本買っても、全然問題なく買えたから、

「あれぇ?7月1日からは、オーストラリア在住者はAmazonオーストラリアで買い物しないといけないはずなのに、Amazonジャパンだけは特別か!」と、妙な優越感に浸ってた私。

いやーん!

おバカさーーーんっ!!( ´Д`)y━・~~

 

私、丸一日かけて、このブログ記事書いちゃったよ〜。(遠い目)

まとめ

最後の情けない「早とちりして、Amazonジャパンから2018年6月1日にポチっちゃった」オチは、さて置いて・・・。(トホホ)

私が理解してる範囲だと、2018年7月1日からはオーストラリア在住者は、アメリカのAmazon.comのサイトで買い物ができなくなるのは確かです。Amazon.comは、オーストラリアの住所宛に発送をしなくなるのです。オーストラリアの買い物客は、自国のサイトAmazon.com.auへリダイレクトされます。

このAmazon.comの方針の変更は、2018年7月1日に施行されるオーストラリアの新しい税制への対応策です。

7月1日にオーストラリアのGST法が改正になると、どうなるのか?

年商75000オーストラリアドル以上の企業(←Amazonも含まれます)から、私たち消費者が少額商品を輸入すると(←私のように本1冊の買い物とかね)、その購入商品に対して10%のGoods and Services Tax(商品およびサービス税, GST)が割り増しになるのです。

なぜなら私たちオーストラリア在住者が、Amazonオーストラリア以外の、海外Amazonショップで買い物をしようとしても、Amazon.com.auのサイトにリダイレクトされてしまうから。

これまでオーストラリア在住の人たちが、アメリカのAmazon.comの「Global Store」で購入してた商品は、2018年7月1日以降にAmazon.com.auにリダイレクトされ、そこでお会計を済ませることになります。

これを、オーストラリア在住の日本人に当てはめると・・・

例えば、あなたがAmazonジャパンで、日本語の本「史上最悪の重症のいぼ痔を治す、すごい方法(1,620円単行本)」を買いたいとしますね。

「いや、私は買いませんけど」・・・とは言わず、おつきあい下さい。♪(´ε` )

本日2018年6月1日なら、Amazonジャパンのサイトで「1,620円単行本。Amazon.co.jpが販売、発送します」と、まず表示されます。

でも本をカートに入れてレジに進むと、海外の発送先を選んだあと、「単行本1,500円 Amazon Japan G.K.から発送」になります。

はい、「Amazon Japan G.K.」は、「AmazonGlobal海外配送」の略でしたね?「G」は「Global」の略語。「K」は、多分「海外配送」の略語です。(これが、アメリカのAmazon.comの「Global Store」と同じものだと予想してます)

そう、今なら、私たちオーストラリア在住の日本人は、日本の消費税を抜いた額(本の代金1,620円から、120円分を差し引いた1,500円)で、お買い物ができています。

でも、2018年7月1日以降は、私たちオーストラリア在住の日本人が、Amazonジャパンで日本語の本「史上最悪の重症のいぼ痔を治す、すごい方法(1,620円単行本)」のお買い物をしようとしても・・・・(あ、しつこいですか?)

Amazonオーストラリアのサイトにリダイレクトされ、そこでお会計を済ませることになるのですね。

つまりオーストラリアに住んでいても、7月1日以降も、Amazonジャパンで販売してる日本語の本を買うことは出来るはずです。

あなたの欲しい「史上最悪の重症のいぼ痔を治す、すごい方法」の本も買えるのでご心配なく。(● ˃̶͈̀ロ˂̶͈́)੭ꠥ⁾⁾

じゃあ、今までと、そんなに変わらないじゃないか?地球上のどこに住んでいても、これまでと同じように、日本の本も買えるし。

そうですね。

ただ、オーストラリアでは、2018年7月1日からGSTの改正という、新しい税制がスタートするので、私たちオーストラリア在住の消費者は、GST10%を割り増しした料金で、Amazonジャパンの商品を購入することになりそうです。

もし、Amazonジャパンから、欲しい本やモノがたくさんあるなら、2018年7月1日までに注文すると、GST10%の割り増し料金を支払わなくてすむから、少しお得かな?

私、てっきり7月1日以降は、Amazonジャパンからお買い物ができなるのかと心配しましたが、それは大丈夫。

ホッと安心しました。

以上ここまで、私の理解してる内容で書かせてもらいました。私の旦那ラッセルにも質問してみたけど、「俺、アマゾンでショッピングしないから、そのニュースもよく読んでないし分からない」との、つれない返事。

また、最新情報が分かったら、追記記事書きます!

。。:*:。。:*:。。:*:。。:*:。。:*:。。:*:。。:*:。。:*:。。

いつも、ありがとう。

今日も、ありがとう。

「ブログの投稿、いつも楽しみにしています!元気ないときでも元気出ちゃう!」と言われると、とってもうれしいです!♪( ´▽`)

 

●「いつもブログ見てるし、本の一冊でも買ってあげようかな!」という、愛情あふれる方がいましたら、ぜひお願いしま〜す。(≧∀≦):

Amazonほしいものリストを公開したらいいことが?今実験中♪
Amazonの「ほしい物リスト」とは? Amazonジャパンの、「ほしい物リスト」って使ったことあります? 「今すぐは買わないけど、そのうち買おう!」って商品を、いつも入れてるよ。 ・・・って思いました? 私も、他人...

 

フェイスブックに「いいね!」お願いします!最新記事をいち早く読めます。
https://www.facebook.com/yokokawabatadesign/

 

ブログ《アイディア、ピカ!⚡️クリエイティブに生きる:Ah-ha! Live Creatively!》は、メルボルンからお届け中。クリエイティブで幸せに暮らすアイディアを紹介してます。

。。:*:。。:*:。。:*:。。:*:。。:*:。。:*:。。:*:。。:*:。。

 

コメント