これは便利!100均の激安ボビン糸巻きを自作してみた, 手織り用のボートシャトル に使うボビンを高速で糸巻き, ダイソーの電動ハンドミキサーで高速糸巻き機, :手織り機Clover(クロバー)咲きおり(40cm)30羽セットを使ってオーストラリアで手織り, 咲きおりで手織りを始めるときに便利な小道具, Automatic bobbin winder DIY, with an electric hand mixer from DAISO, Japanese table loom, Clover Sakiori (40cm),

手織りの道具・本

オーストラリアのメルボルンで手織りしてまーす。

日本から通販で手織り機 さきおり Clover(クロバー) 手織り機 咲きおり 40cm 30羽セットを買い、自宅で手織りしています。

咲きおりセットには、木製のスティックシャトルが、付属で2本ついてきました。

写真左上の道具が、咲きおりセットに付属でついてくる「スティックシャトル」

でも私は、スティックシャトルが苦手・・・。チンタラ、チンタラと遅くてスピードが出ない!

メルボルンの手織り教室「Art Weaver SAORI Studio」で使ったボートシャトルが恋しい!ボートシャトルを使うと、「シャー、シャー」とアイススケートのようで、めちゃめちゃスピーディーに手織りできるのです。

なので、咲きおりにも使えるボートシャトル を調べまくって、ついに、ダブルボビンシャトル「Bluster Bay 14″ Swedish double bobbin closed-bottom shuttle」を発見しました!

出典:https://www.etsy.com/au/listing/128750954/14-swedish-style-double-bobbin-shuttle?ref=yr_purchases

そして、アメリカのショップから商品が届きましたー!私が選んだのは、クルミの木で出来たダブルボートシャトル です。

これが、私が注文したダブルボビンシャトルです

私が買ったダブルボビンシャトルの詳細はこちら:

ボビン(Quill)への、手織り糸の巻き方

一般的なボートシャトル は、ストロー状のプラスチックの筒に、手織り用の糸を巻きつけて使います。

私が買ったダブルボビンシャトルは、ボビンの代わりに紙製のQuill(クイル)を使います:

出典:https://www.etsy.com/au/listing/122496574/paper-quill-bobbin-pack-of-10-various

Quillへの糸の巻き方

最初は、手でQuillに糸を巻いてたのですが・・・。

時間かかるし、チマチマとした作業が面倒で・・・。

もっと早く糸巻きが出来る機械が欲しくなりました。ダブルボビンシャトル を購入したアメリカのショップに問い合わせしたら、この糸巻き機を案内されました:

出典:https://www.etsy.com/listing/159729762/thinlace-spindle-bobbin-winder-glimakra?ref=shop_home_active_26

上の商品は、「THIN/Lace Spindle Bobbin Winder – Glimakra Tool」と呼ばれるものです。これを使ってQuillに糸を巻くわけです。値段はAU$190.55(約13,664円)です。

前回、ダブルボートシャトルとQuill10本セットを購入した時は、

  • Item Total(商品合計):AU$87.66
  • Delivery(アメリカからオーストラリアへの配送料):AU$33.20
  • GST(税金):AU$12.09
  • Order Total(総合計金額):AU$132.95

・・・という感じでした。

もし今回、このゴツくて重そうな糸巻き機をアメリカからオーストラリアに取り寄せたら、「$250は超えるかなー、いや重さがあるからもっとするかな〜?」って思ったのですが・・・。実は心配するまでもなく、「オーストラリアには配送不可」との表示が!(ええっ〜!)

買えぬなら、作ってみようホトトギス♪

「電動でクルクルと回る小型モーターはないかしら?」と、ダイソーを物色したら、こんなものを見つけました:

ダイソーで物色してきたもの

右の「電動字消し」は、Quillを通す芯となる、「しっかりした細い棒」が必要です。でも適当な長さ・太さの棒が見つからなかった。

なので、左のハンドミキサーで作ってみました。

ダイソーのハンドミキサーで電動糸巻き機を作る手順

(1)ハンドミキサーの頭をチョン切る

ハンドミキサーの頭(赤丸で囲んだ部分)をニッパーなどで、チョン切る

赤丸で囲んだ部分を、ニッパーなどでチョン切ります。

金属なのでちょっと硬いけど、がんばれば女の私でも出来たよ。

(2)ハンドミキサーの金属部分にマスキングテープを貼る

針金部分にマスキングテープを巻きつける

ハンドミキサーの金属は細いので、Quillを差し込んで電源を入れると、Quillがすっ飛んで行ってしまう。

なので摩擦を大きくするために、ハンドミキサーの金属の棒部分にマスキングテープを貼ってみた。すると、Quillをはめ込んだ時に収まりが良い。そう簡単にスルスルとは抜けなくなった。

金属の棒にマステを貼って改造したものに、Quillを押し込んでみる

(3)ハンドミキサーのスイッチを「オン」すると、高速自動で糸巻きが出来るよ!

この糸巻きのスピードを動画で見て欲しい。

ハンドミキサーの電源をオンにすると、一瞬ですごい量の糸を巻き取れる。

本来なら2万5千円ぐらいのお金を出して買う機械を、「ダイソーのAU$2.80のハンドミキサーで手作りしてしまった」と思ったら、すごい達成感!

(つうか、日本で買ったらこのダイソー商品は、たったの100円だ!)

(4)ダブルボビンシャトル 「Bluster Bay 14″ Swedish double bobbin closed-bottom shuttle」に糸を巻きつけたボビンをセットする

オレンジ色の糸をセットするところ
オレンジ色の糸がセット完了

コメント Leave your feedbacks