クリエイティブで幸せに生きるアイディアを紹介。オージー旦那と国際結婚した日本人妻がメルボルンからお届け〜♪

トホホ・・・な、オーストラリアの郵便事情(郵便事故に遭遇)

海外で学ぶ・働く

通販で商品注文後、オーストラリアの郵便事情に泣く・・・

シミ・シワに効く美容オイルとして有名な、John Masters社製の、オーガニック製アルガンオイルを注文して、ワクワクして・・・

 

待つ・・・

待つ・・・・・・

待つ・・・・・・・

待つ・・・・・・・・

待つ・・・・・・・・・・

待つ・・・・・・・・・・・・・

待つ・・・・・・・・・・・・・・・けれど、

待てども、待てども商品が届かなーーい!!

同じNSW州から、Express Post(速達)で送付されてくるはずなのに、8日間待っても届かない。

さすがにおかしいと思い、オーストラリア郵便局に、メールで問い合わせをする。

5分ほどして、郵便局から電話がかかってきた。

オーストラリア郵便局:配達先を間違えて、別の郵便局に配達された。グリーブ郵便局にあるから、そちらに行って受け取って欲しい。

(やっぱりね!汗)

ところが、グリーブ郵便局に行くと、

グリーブ郵便局女性スタッフ:うちには無い!(ドヤ顔で断言
私:えーと、でも今朝、オーストラリア郵便局から電話があって、ここの郵便局にあるから取りに来いと連絡があったから来たんですけど・・

さて、私も、シドニー生活7年目だ。ここで、「はい、分かりました」と、スゴスゴと帰ってはいけないことぐらい分かってる。

強い態度で、粘り強く交渉を続ける。

私:スーパーバイザーと話したいから、ここに呼んでください!

グリーブ郵便局の職員は、とても面倒くさそうに、スーパーバイザーを呼びに行ってくれた。

そして、ガタイの大きい女性のスーパーバイザー、登場!

ギョギョ!! めっちゃ怖い。(でも、ここまで来たら、引き返せない!涙)

スーパーバイザー:うちには無い(ドヤ顔で断言)。でも調査する。明日の朝、結果を電話で連絡する。

翌朝、郵便局からの電話を待つ私・・・。午後になっても、電話は鳴らず。

(やっぱりね!!!!涙)

しょうがないので、またグリーブ郵便局に足を運ぶ。昨日、最初に応対してくれた、同じスタッフに話しかける。

私:昨日、スーパーバイザーが、『明日連絡する』と言うので待ったが、連絡がこない。どうなってるの?
グリーブ郵便局女性スタッフ:スーパーバイザーは病気で休み。明日も来ない。あさっての朝には回復してるだろうから、電話連絡が行くはず。

でも、「あさって」になっても電話は鳴らず・・・。

(やっぱりね!!!!!!!!!!!号泣)

しょうがないので、また、グリーブ郵便局に足を運ぶ。

グリーブ郵便局女性スタッフ:スーパーバイザーは、今日も病気で休み。多分、翌週の月曜日には回復してるかも。
私:調査は進展してるの?本当に連絡はくれるの?来週月曜日に、途中経過の電話を一本欲しいけど・・。
グリーブ郵便局女性スタッフ:途中経過の電話連絡はしない。調査結果が出たら、電話連絡する。

イライラが、マーーーーーーーーーーックスに、なった私は、思わず・・・

私:調査ってどれだけかかるの?もうあれから1週間だけど。

と不満をこぼす。すると、

グリーブ郵便局女性スタッフ:普通は調査に3週間〜1ヶ月かかる。もっと長くかかる場合もある。

・・・と言われ、呆然。

ええっと・・・

トラッキングサービス(追跡記録)付きの、Express Postで送ってもらった意味、あんの?(苦笑)

確か、私が、一番最初にスーパーバイザーに言われた言葉は・・・

スーパーバイザー:うちには無い(ドヤ顔で断言)。でも調査する。明日の朝、結果を電話で連絡する。

だったよね??

もうね、怒り通り越して、あきらめの境地。

私:あかん・・ここは日本じゃないんだ・・・。カスタマーサービスを期待した私がバカやった。この国には、カスタマーサービスは存在しないんだった・・・。

トホホ・・・(涙)。

気分を取り直し、もう一度、注文し直そうかな・・・と思っていた私。

その後、2週間以上経ってから・・・何の前触れも無しに、私のいつもの郵送先に商品が届きました!!

もちろん、郵便局から「遅延のお詫び」は、ナシ!

(やっぱりね!!!!!!!!!!!!!怒)

郵便局のウエブサイトで、トラッキングサービスを見ました。

すると、発送主の会社は、随分前に、「商品をExpress Postで送付した」となってる。

なのに、商品は、Express Post用の封筒でもない、妙な封筒に入ってました。

明らかに、郵便局内で手違いがあり、「発送主が使用したExpress Postの封筒を破棄し、代わりに、郵便局内に転がっていた適当なサイズの封筒を、使い回した」っぽい雰囲気。

宛名は、手書きでなぐり書き。しかも、字がめっちゃくちゃ汚い。

封筒には、発送主の名前も住所も、一切記載がなかった。普通なら、万が一、商品が誤配達された時の為に、封筒に発送主の名前や連絡先を記載するでしょう?)

明らかに、郵便局内で紛失したでしょー?

郵便局内で誰かが発見して、

発見者の郵便職員:おお、やべーっ!これExpress Postやんけ!受領日のハンコ押されたままやと、客カンカンに怒るわな。ほな、元の封筒は捨てて、証拠消そっ!どっかそこら辺に転がってる封筒に入れ直して、そっと郵便箱に届けるべ・・。
*No worries, mate!!

・・・と言う会話があったかどうかは不明だけど。

「*No worries, mate!」は、オーストラリアの魔法の言葉。どんなトラブルも、一瞬に和解解決(するか?!)

オーストラリアの郵便事情、いろんな意味で、日本とは大違いで驚きます(苦笑)。

それでもやっぱり、おおらかで、素敵なオーストラリア!

コメント