クリエイティブで幸せに生きるアイディアを紹介。オージー旦那と国際結婚した日本人妻がメルボルンからお届け〜♪

オージーイングリッシュ名言集:日常生活にささやかな笑いをもたらす効果あり

海外で学ぶ・働く

 

オージー旦那の「使える」オージーイングリッシュ名言集

オーストラリアでは、「笑いの潤滑油」って、とっても大事だなーって思います。

「ここぞ!」っていう瞬間に、機転の効いた面白い一言を言えると、オージーとのコミュニケーションもスムーズに。

オージー旦那のラッセルと一緒に出かけると、

「朝、職場で、同僚や上司と会った時」

「エレベーターで、偶然一緒になった人」

「バスで、たまたま隣に座った人」

・・・のコミュニケーションで、ポンポンとジョークをやりとりしてます。パンチの効いた、軽めの「笑いの潤滑油」によって、人間関係をよりスムーズにしてる感じです。

こういう時、あまり真面目で深刻な話は好まれません。これって、真面目で親切丁寧が得意な日本人には、難しいハードルですが・・・。( ;´Д`)

うちの旦那は、ライターという職業柄、「言葉の魔術師」ぶりが本当にすごいんです!一緒にいると、「すごいなー、よくこんな面白い表現が、彼の口からポンポン飛び出すもんだ!」と感心するぐらい。

そこで、彼の口から飛び出す、思わず「プッ!」と吹き出しちゃうような名言集を集めてみました。(旦那、本当に日常生活で、この表現使ってます!)

これを使えば、オージーとのコミュニケーションも、とってもスムーズになる・・・かも?!

じゃ、行ってみよう!

Easy Peasy Japanesey.(とっても簡単さ)

「Easy peasy」は、「とっても簡単さ」と言う意味。

でも、「Japanesey」を付け足すことにより、「Easy」「Peasy」とも韻を踏み、語呂合わせが良くなります。

日本人以外の人種がこれを言うと、少し差別用語のニュアンスが加わりかねないので、注意して使う必要あり。

でも日本人好きなオージーや、日本人自身が言うと、めちゃくちゃ面白いニュアンスとして爆笑を買います。

このフレーズの起源: 有名な役者「James Whitmore」が、「Brooks Hatlen」という役柄を演じた時のセリフの一つが 「Easy Peasy, Japanesey」だったことから。

You can take the girl out of Japan, but you can’t take the Japan out of the girl.

(日本人女性を日本から連れ出すことは出来るけど、日本人独特の考え方・行動は、もれなく付いてくる)

元々のフレーズは、「You can take country man out of country, but you can’t take the country out of the man」(田舎者を田舎から連れ出すことは出来るけど、ダサさはもれなく付いてくる)です。

田舎者が、オシャレな都会にノコノコと出てきても、なんか洗練されてなくて、冴えない感じを指すらしい。

そして「田舎者」の部分を、「日本人女性」に差し替えたのが、この応用バージョン。海外在住の日本人が、いわゆる日本人っぽい考え方・行動をしちゃった時に使えます。

上の文では「Girl」を使ってますが、「Boy」に入れ替えれば、日本人男性でも使えます。「Girl」のまま使っちゃうと、「お前は、実は女だったのか?」と疑惑の目で見られるでしょう。(*´艸`) クスクス

私は、独身時代にカナダに10年暮らしました。オージーの旦那との結婚後は、オーストラリアで7年暮らしています。長年の海外生活を経験して、現地の生活・文化にも順応したつもりでも、オージー旦那の視点で見ると、「やっぱりお前は日本人だな」と呆れる瞬間があるようです。そんな時に、旦那が面白がって放つジョーク。

一般的に、オージーは、おおらかで大雑把な国民性だと言われます。細かいことを気にしないとも。

逆に、日本人は、几帳面、馬鹿丁寧、真面目すぎる、異様に綺麗好き、細かいディテールにこだわり過ぎる、冗談が通じない、時間にうるさいなどなど・・・。(全部の項目に当てはまる日本人はいないと思うけど)

そんな、大雑把なオージー旦那の視点で見ると、時に「日本人独特の考え方・行動」は、驚きを持って迎えられるよう。


Near enough is good enough.

(だいたい合ってれば十分さ)

オーストラリアの国民性を、かなり的確に表した表現。

おおらかで、大雑把で、細かいことを気にしないオーストラリア人のする仕事は、やっぱり大雑把で、時には、非常に適当で、いい加減。( ̄Θ ̄;) ムゥー

こういう場面に出くわした時に、「全く、これだから、オーストラリア人ってやつは!」と、いう気分を、愛情を込めて(時に憎しみを込めて。笑)言うフレーズ。

参考例:こんな状況に陥った時に使えます

トホホ・・・な、オーストラリアの郵便事情(郵便事故に遭遇)
通販で商品注文後、オーストラリアの郵便事情に泣く・・・ シミ・シワに効く美容オイルとして有名な、John Masters社製の、オーガニック製アルガンオイルを注文して、ワクワクして・・・ 待つ・・・ 待つ・・・・・・ 待つ・・・...

 


…and which country are you living now?

(えっーと、君は、今どの国に住んでいるんだっけ?)

上のフレーズ「Near enough is good enough」と同じような状況で使える。

オーストラリアの不便な公共交通機関・物流システム・カスタマーサービスに出くわし、「トホホ・・・(涙)」な状況におちいってる家族・友人に使えるフレーズ。

ちなみに、この質問を投げかけると、家族・友人から「ハァー(ため息)、オーストラリア・・・(苦笑)(ノ´д`)」という回答が返ってくる。

<使用例>

・本来なら15分置きぐらいに来るはずのバスや電車が時刻通りに来ない。「40分ぐらい待たされて、やっとバスが来たと思ったら3台分続けて来た!」と嘆く友達に。

・「駅の案内所で道を聞いたら、めっちゃくちゃ不親切にされた!ありえない!」と嘆く友達に。

●こんな状況でも使えます:

ダメダメなオーストラリアに、またやられたぜぃ!
あぁ、まただ〜!これぞ、Australian moment! 今日の朝、私たち夫婦が「Australian moment!」(オーストラリアのガッカリな瞬間)と呼ぶ、悪夢なオーストラリア体験をしてしまいました(笑)。 その瞬間の、呆...

 


Never trust a fart. (オナラは絶対に信用するな)

これは、オージー旦那が、アメリカ人の友達から聞いたフレーズ。あまりに面白いので、パクって乱用してるよう。

これは、「お腹の調子が悪い友人」に使える表現です。

お腹がゴロゴロする時に「これは、どうせオナラだろう!」と安易に考えて、

思いっきり「ブリッ」と出してみたら、

下痢便だった・・・( ̄□ ̄;)ガーン

・・・っていう、悪夢なホラー体験、誰にでもありますよね?

(えっ、無い?)

お腹の調子が悪い友人が、「あぁー、トイレ行きたい」と言ったら、タイミングを逃さず、すかさず言いましょう。

爆笑をお約束します。


Better OUT than IN.

(内に引っ込めるより、出した方がいい)

「オナラ・ゲップが出てしまった友達・自分」に、使える表現です。

予期してない時に、うっかり出てしまうこと、ありますよね?

そんな時に、間髪入れずに、すかさずコレを言えると、「こいつヤルなぁ!」と、オージーから超リスペクト視線(尊敬のまなざし)をもらえます!

タイミングが大事です!オナラの音が聞こえた瞬間に、すぐ言うのがポイント!

肝心な瞬間に噛んでしまうと、面白さ半減。日頃から、スラスラ言えるように練習しておきましょう!


Better than a poke in the eye with a sharp stick.

(鋭利な枝で、目を突かれるよりはマシ)

オーストラリアは、イギリスとの深い歴史があり、このフレーズも、イギリスから来た表現らしいです。

「すごく良くもなかったけど、それ以上悪くならなかっただけマシ」とか、「無いよりはマシだし、すっごい不満があった訳でも無いけど、そんなに興奮するほど良かったって訳でも無い」みたいなニュアンスです。

使い方としては、例えば、

母:How was your holiday visiting your grandma?
(ホリデーに、おばあちゃんとこ訪ねてみて、どうだった?)
息子:Better than a poke in the eye with a sharp stick.
(まあ、そんなにすごく良かった訳でもないけど、あれ以上悪くならなかっただけマシ)

ただし・・・

実際には、あからさまに「自慢気味に話しをしたく無い時」に、控えめに喜びを表現する時にも使われているよう。

例えば、めちゃめちゃ忙しく仕事をしていた同僚に「ハワイのホリデー、どうだった?」と聞かれたとします。

そんな時に、馬鹿正直に「もう、すっごい良かったー!」と言ってもいいのですが・・・。でも、ちょっと嫌味に聞こえるかもしれません。

そんな時に、このフレーズを、軽くジョーク気味に言うと、お互いに「ハッハッハーーーッ!!」と、笑える感じ?


OUT like a bride’s nighty.

(もう、今すぐに、外出するよ)

英語の直訳は、「結婚初夜の花嫁の寝間着が脱がされるような早いスピードで、今すぐに出かけるよ」です。

ちょっと想像して欲しいんだけど・・・。

結婚式を終えたカップルが、「ガルル・・・!」と、ものすごい勢いでベッドに挑む時のこと。花嫁が着ていた寝間着は、もう、あっという間に脱がされちゃう感じがイメージ出来るじゃないですか?

この英語のフレーズは、まさに、そういうスピード感をイメージして、そのぐらいの速さで、「まさに、今すぐに外出するよ!」という感じらしい。(*´艸`) クスクス

 


Does a bear shit in the woods?

(熊は、森でクソするかい?)

「どう考えても、答えはYESだろ? そんなこと、いちいち聞くかい?」的な質問をされた時に、使えるフレーズです。

「あのさー、そんなこと、いちいち聞く?」と言うと、質問した人の気分を害しますが・・・。

こういうユーモア溢れる言い方なら、質問者も質問された側も、ニンマリ笑ってしまいます。(*´▽`*) プッ

コメント