ペットの世話をして無料で宿泊する方法(その4)Sevilleで犬1匹

この記事が気に入ったらシェアしてね♪

ソーシャル

メルボルンに来てから始めたハウスシッティング生活、4件目のお宅は「Seville」地区です。Sevilleの場所は、電車のLilydale駅から、バスで15分ほど行ったところです。

メス犬Chairie(チャーリー)の散歩

ここでのハウスシッターは、飼い主さんのお家に無料で住む代わりに、ペットの犬「チャーリー」の世話と、お庭の水やりでした。

下の写真は、お庭の一部。お庭は、すご〜〜く広くて本当に驚きました。写真に入りきらない広さ。

奥さんがオーガニックの野菜・ハーブ・フルーツなどを育ててます。ニンニク、ネギ、バジル、ミント、ラズベリーなど。

犬の散歩は、家の周りにある遊歩道「Warburton Rail Trail」でしました。

どうです、この豊かな自然!!

遊歩道を、犬と散歩してると、馬がいたり・・・

乗馬の看板もあります。

羊の群れもいます。

野うさぎも!

鶏も!

遊歩道には、こんな電車カフェもあります。ご飯や飲み物で休憩したり、トイレに行ったりできます。

電車カフェのくわしい情報は、こちらです。

犬の散歩の道沿いにあった電車カフェ「Carriage Cafe」 メルボルンのYarra Valleyという山沿いにある、Sevill...

Sevilleの「Warburton Rail Trail」でのお散歩動画

まとめ

今回のSevilleは、メルボルンCityの都心部から、電車とバスを乗り継いで2時間ほどの場所にあります。せっかくメルボルンに来るなら、一般的なCityの観光だけでは本当にもったいない!

ちょっと離れると、こんなに緑あふれる場所もあり、まるで別世界です!

場所は、こちらです。

この記事をお届けした
Yoko Kawabataの最新ニュース情報を、
いいねしてチェックしよう!

この記事が気に入ったらシェアしてね♪

フォローして新着記事を受け取ろう♪