メルボルンのNunawading Craft Marketの見学レポート

この記事が気に入ったらシェアしてね♪

ソーシャル

知り合いの日本人女性から、「お友達がNunawading Craft Marketでハーブティーを販売してるよ」という情報をゲット!

旦那ラッセルと、マーケット視察を兼ねて、遊びに行ってきました。

旦那曰く、「ホット・ジャム・ドーナツ」は、メルボルン名物。「メルボルンに来たからには、食べてみなきゃダメだ」とゴリ押しされた

たっぷりまぶした白砂糖が、口の中でジョリジョリする甘さ(汗)

野外テントは、はちみつ、野菜、チーズの販売テントなど

建物の軒下には、ハンドメイド作品を販売するオバちゃんらが、ひしめき合う

このNunawading Craft Marketの詳細

【Facebook】https://www.facebook.com/nunawadingmarket/

【ウエブサイト】https://artsnunawading.org.au

Nunawading Craft Marketで出店してたオージー女性の作品

ここのマーケット、確かに、ハンドメイド作品を販売するクラフト・マーケットでした。

あるストールで、40代後半ぐらいの、オージー女性が販売してたものは:

  • フットボールチームのチームカラーの、赤・青・白などのフリース素材を縫い合わせて作った膝掛け。
  • 同じフリース素材で作った、犬用のおもちゃ(中に綿を詰めて、噛んで遊ぶ)。
  • 犬や猫の柄の布で縫ったA4サイズのトートバッグ($15でした)。

$15のトートバッグを見た私は、頭の中で、

トートバッグ1つで$15か・・・。

これ1つ作るのに、1〜1.5時間かかるだろうな。素材の布代はカバー出来ても、1時間の労働時間の代金は無視した価格設定だなぁ。

オーストラリアの最低賃金は、少なくても時給$20以上だし。こんな料金で販売するなら、どっかの小売店でパートした方がよっぽどお金稼げるんじゃないのかしら?

などと思いながら、商品を手にとって眺めてました。

すると、ハンドメイド作家のオージーのおばちゃんが、すぐさま食いついて来て(ちょっと、怖いぐらいの気合いだった!)、

作家女性:このバッグは、いいわよー!トートバッグの取っ手部分は、まず内側の見えない部分を3回往復して縫ってある。外側の見えるとこも1回往復して縫ってる。だから、すっごい丈夫よ。重い荷物を入れても絶対に取っ手が取れないわよ!猫の柄もあるし、ほら、こっちには犬の柄もあるわよ。場所が限られてるから、全部のトートバッグを見やすい位置に置けなかったけど、ほら、このバッグの後ろの隠れたとこも、よく見て!まだまだ沢山の種類の猫ちゃんや犬ちゃんの柄のバッグがあるわよ!学校の重い教科書を入れても丈夫よ!1つ、どう?!
私:あ、あ、本当、すごいです・・・可愛いです・・・(汗)。ええと、猫や犬の柄の布が多いけど、猫や犬が好きなんですか?
作家女性:私が好きなんじゃないわよ。犬や猫のついた布でバッグを作った方が売れるからよ!
私:あ、そ、そうなんですね・・・。

なるほど、どうりで、コンセプトがバラバラな商品を販売してるわけだ。

「フットボールチームのチームカラーの、赤・青・白などのフリース素材を縫い合わせて作った膝掛け」と、「犬や猫の柄の布で縫ったA4サイズのトートバッグ」は全然違うコンセプトのもの。

この作家さんは、「売れる商品」「買ってもらえる商品」を作ろうとするから、そういう品揃えになってるわけだ。

横で、そのやりとりを聞いてた旦那は、なおも言う:

旦那:ここはメルボルン!フットボールは大人気!あーゆう、フットボールチームのチームカラーで出来た膝掛けは、野外でゲーム観戦する時には暖かくて便利やろうな。

まじか?!(大汗)

私には、無理や!

「売れるから」って言う理由で、「フットボールチームの膝掛け」や、自分が好きでもない「猫や犬の柄のついたトートバッグ」を作るなんてー!!

私の感想

ここのマーケットは、確かにハンドメイドの手作り商品を販売してるんだけど・・・。そして出店者の数が多いこと!

野外には、野菜、ハニー、チーズを手作りしてる人が、出店してました。

建物の軒下の雨がかからない場所や、建物の内部にも、お店が沢山あり、ハンドメイド作品を販売してました。

だけど・・・お客さんの数が少なすぎ!この日は、出店者の数の方が多いぐらいでした。(朝から雨が降りそうな天気だったし、昼から実際に大雨が降ったから、客足に影響したのかもしれないけど)

出店者は、40−60代のオージーのおばちゃんが大多数でした。編み針で、マフラーや手袋など編み物をしながら販売してるおばちゃんや、犬・猫柄のハンドメイドのトートバッグを販売してるおばちゃん。

日本の絹の花柄や、絞りの着物生地で、ショルダーバッグを作ってるオージーのおばちゃんもいました。多分、着物生地をほどいて、袖や見頃の部分を使ってるんだと思う。バッグは1つ$35でした。でも、このおばちゃんですらも、犬・猫柄の布で、ショルダーバッグを作ってました。

場所柄、犬や猫のペットを飼ってるお客さんが多いんだと思う。そういうお客さん自身が、自分のペットと似た犬や猫の柄のバッグを見つけると、買っちゃうのかな。または、犬・猫好きな母親や、友達へのプレゼントで、買うことも多いのだと思う。

ストール代は$40。(レギュラー出店者になると、もっと割引になる)

クラフト・マーケットの時間は、毎月第4日曜日の9AM〜2PM。

ストール代は安いけど、私には、いまいちピンと来ません。

この記事をお届けした
Yoko Kawabataの最新ニュース情報を、
いいねしてチェックしよう!

この記事が気に入ったらシェアしてね♪

フォローして新着記事を受け取ろう♪