右の股関節痛3:痛み出して2ヶ月後に絶望。そしてGosfordのしょうじマッサージでワラをも掴む思い

この記事が気に入ったらシェアしてね♪

ソーシャル

2017年2月ぐらいから始まった、私の右の股関節に走る激痛ですが・・・。

私の実体験を、「痛み始めるところから、回復に向かうまで」を、順を追って時系列に記録しています。

今回は、この記事の続きです:

この「右の股関節痛」の話は、私が実際に体験したことを、正直に書いています。 2017年2月ぐらいから始まった、私の右の股関節に走る激痛...
2017年2月ぐらいから始まった、私の右の股関節に走る激痛ですが・・・。 私の実体験を、「痛み始めるところから、回復に向かうまで」を、...

Balance and Posture:2017年4月15日にしょうじさんの予約

オステオパス1件と、Physioにも2件行ったけど、私の股関節痛の回復は行ったり来たり・・・。施術を受けた直後は、ちょっと具合も良いけど、完全に完治する兆しはなし。

相変わらず、日々の生活で激痛が襲います。

一体どうしたら良いのか・・・。

そう思った時、な・ん・と・な・く・・・Gosfordのしょうじマッサージのことを思い出しました。

実は、シドニーに来たばかりの頃、「万年肩こり」をどこかでマッサージしてもらえないかなと思い、ググったのです。そしたら、しょうじさんのマッサージクリニックのウエブサイトを見つけました。

「腰痛闘病記」と書かれたそのブログは、しょうじさん自身が、腰痛から下半身不随寸前になるまでの実話を語ったものでした。

そこに書かれてる症状は、身体的にも精神的にも、本当に辛そうで、痛そうで・・・。

でも、それと同時に、しょうじさんの文章力の凄さに、グイグイ引き込まれるのです!

ものすごい長文なんだけど、読んでて飽きない!むしろ、「その次は、どうなったん?」「そんで、そんで?その後は?」と、早く次が読みたくなる文章!(文章書くの、うますぎ〜!!)読んでて本当に面白いの!(痛みで苦しんでた本人に失礼だけど・・・)

ま、その当時は、「なんか良さそうなクリニックやけど、Gosfordじゃ遠いしな・・・。」って感じで、別の近場のオステオパスクリニックとかに行ったんですが・・・。

でも今回の股関節痛は、めちゃめちゃ手強い。オスティオパスや、Physio2件にも診てもらったけど、全然回復の兆しすら見えない。「私の人生、この先ずっと、右足を引きずって歩くしかないのかも」と、絶望しかけてました。

もしかしたら、あの下半身不随寸前まで行った、しょうじさんなら何とかしてくれるのかも・・・。

2017年3月15日:しょうじクリニックに連絡する

絶望の中から、ワラにもすがる気持ちで、しょうじさんのクリニックにメール連絡してみました。すると、しょうじさんの返事は、

股関節痛の抜けるような痛み、大変そうですね。分かりますよ、僕も経験者ですから(^_^)

初診が水曜日なのは、Sydney Clinicだけで、Gosfordではそれ以外の日でも受け付けています。

ゴスフォードのHPです。http://www.shojimassage.com/default.html

土曜日に来られるのでしたら、一番早く空いている土曜日が、4月15日の午前10時になっています。

予約を入れたい場合はお知らせくださいね。

えっ?! い、1ヶ月後??!そんなに人気なのか? (゜▽゜;) オドロキー

あれ、でもこの日って、イースターサタデー。世間のみんなが「ロングホリデーだぜー!!きゃっほー!!」と、うかれてる時に、施術してくれるの???(涙)

2017年4月15日:Gosfordクリニックで、しょうじさんに会う

Gosfordってすごく遠い印象だったけど、Central駅から7:45AMの電車に乗れば、9:18AMには着いちゃう!

Gosford駅から、しょうじclinicまでの歩き方を調べたら、これ!「道をすっ飛ばして、斜め一直線に飛べ」ってか?!Google mapも田舎方面の地図は、はしょってるな(笑)

Central駅から、Gosford駅までの電車の中。景色が綺麗で癒される〜♪

Gosford駅に着いたら、出口が2箇所あるの。しょうじClinicに行くなら、こっち側の出口からだよ!

Gosford駅を離れるとすぐに、店らしきものが、どんどん減っていく。

山が近い!

あちらもこちらも緑だらけ。でも都会から離れてる割にはGosfordって、アパートも結構あって驚き!

すっごい急な坂道が見えて「あれ、道間違えた?」と思ったら、しょうじクリニックまで、もう少しだよ!

予約時間より随分早く着いてしまった!急な坂道を登り付近を探検。(車なしでは、大変そうな地形だ!)

しょうじさんの第一印象

ブログやHPでも、沢山顔写真が出ていたので、「初めて会った」という氣は全然しませんでした。

にっかー!(*´▽`*)と、爽やかーな笑顔で迎えてくれ、「ようこそー、どうぞどうぞー!」と。

最初はまず、カウンセリング。椅子に座り、どこがどう痛いのか説明。

しょうじさんが「お水をどうぞ」と出してくれたので、ふと見ると、赤と黄色のグラデーションが綺麗なガラス製のコップ。

「あら、これは沖縄の琉球グラス!沖縄に行かれたんですかー?」と驚く私。(⬅︎ 2016年の年末ぐらいから、私、なぜか沖縄が縁で引き寄せられることが多く、新しい人と出会う度に、沖縄がどこかに登場するんです!)

しょうじさんのマッサージ施術

マッサージ台に乗ると、天井に天窓があり、柔らかな自然光が入って来る素敵な空間。

マッサージ台は、ふかふかのベージュのタオル地のカバーで覆われてます。このカバー、マッサージ台の顔を入れるために空いてる穴にぴったり添うように縫製されている。このマッサージ台にぴったり合うように特注したのかな?(⬅︎私ったら、なんでこんなことまで覚えているんだ?)

しっかし、まぁ、しょうじさんの施術、痛いこと!体のあちらこちらを押されるんだけど、どこも痛い!(一番最初の施術が一番痛いらしいです。それだけコリがあるってことですね)

そして、痛くない場所は、逆にこそばすぎて、

(≧∇≦)ゲラゲラゲラゲラゲラゲラゲラゲラゲラゲラゲラゲラゲラゲラゲラゲラゲラゲラゲラゲラゲラゲラゲラゲラゲラゲラゲラゲラゲラゲラゲラゲラゲラゲラゲラゲラゲラゲラゲラ・・・

これに関しては、前回の話でも書いたけど、しょうじさんから鋭い指摘が:

しょうじ:身体中がこそばゆいのは、一番アカンやつです。

こそばゆすぎる筋肉は、患者さんにとって不健康度MAXだからアカンのです。

要するに、そこが悪の元凶であることが多いから、何とかせんとアカンってことです。(ピシャリ!!)

こそばゆいところが、悪の元凶だなんて!!まさに、

「鳩が豆鉄砲くらう」とは、このこと!!

さてさて、しょうじさんの治療の様子が、分かりやすい動画を見つけたので、どうぞ〜♪:

私が毎日、朝晩と、熱心にやっていたストレッチが、あだに!

私ね、カナダで演劇留学してた時、ダンスもやってました。昔から関節が異常に柔らかく、普通の人が出来ないようなポーズまで簡単に出来てしまう私は、「Human gumby」と呼ばれてました。ヨガのレッスンの時も、ヨガの先生より柔らかく曲がってしまうほど。

出典:http://gotwod.com/gumby/

ダンスの授業の前には、先生のお手本を見ながら、生徒たちは柔軟運動をやります。その時に、股割りとか、前屈とか、いろんなストレッチ運動をします。

それ以来かな?そういうダンスやヨガのクラスで覚えたストレッチや、あとは自己流に勝手に筋肉を伸ばすストレッチを組み込んで、毎日、朝起きてすぐと、夜寝る前に、ベッドの上で熱心に15分ぐらいのストレッチをしてたのは。

うちの旦那ラッセルも影響されて、私と一緒に毎日やってました。

しょうじさんの前で、いつもやってるストレッチをやってみせる

しょうじさんから、「診察台の上で、簡単でいいから、いつもやってるストレッチ見せてください」と、言われました。

私ったら、超張り切って、いつもやる順番で、やりました。

すると、すでに最初からダメ出し。

しょうじ:はい、それダメ。
私:えっ?(次のストレッチ運動を続ける)
しょうじ:はい、それもダメー!
私:まじ?(次のストレッチ運動を続ける)
しょうじ:あ、それサイアク〜!
私:えええーー?!これも??(次のストレッチ運動を続ける)
しょうじ:うわっ、あかん!
私:えええええ!!!? そんなぁ、ほぼ全部じゃないですか? ( ̄Д ̄;) ガーン
しょうじ:そうです。今日から、今までやってたストレッチ、全部辞めて下さいねぇ。
私:えええええええええええええええええええ?????!!!!だって、うちの旦那と一緒に、毎朝、毎晩やってましたヨォ!!
しょうじ:はい、旦那さんも今日から辞めてもらって下さいねぇ。
私:呆然・・・ ( ̄◇ ̄;) ハゥー

しょうじさんによる、私の股関節痛の見立て

これは私の言葉で語るよりも、専門家のしょうじさんに、正しい言葉で伝えてもらった方が良いので、しょうじさんの書いてくれたメール文章を全部抜粋しますね(この詳細な見立ては、私がかなり回復した後に教えてもらいました):

ようこさんの股関節痛は僕の見立てでは、筋肉の不健康&不均等が原因

なぜならば、痛みが出ている箇所はあくまでも「結果」であり、それは「被害者」であることが筋骨系疾患の大半だから。

これは僕のセラピスト人生&患者人生(20年近く腰痛で苦しんできました)から出した、ほぼ間違いのない結論。

西洋医学では「結果」=「原因」でしょうが、僕ら手技療法家では「結果」≠「原因」すなわち他の箇所に原因があることが多いわけですよ。

だからその「原因」または「被疑者(犯人)」を見つけ、正常化するのが治療の一番の近道であるわけです。

逆に言えば、深く深く原因を探っていって、その対策さえできたら、一生問題が出にくい、いわゆる「根本治療」になることが多いんですね。

その「根本治療」がウチの一番のウリで、だから僕ところの患者さんって、めっちゃハッピーなわけです(≧▽≦)

で、ようこさんの施術の話ですが、一回目のときに、僕は姿勢分析をして、ようこさんのカラダの特徴をつかみ、さらに触診をして不健康な筋肉を触った瞬間に「あ、この人は助かるな」って確信できたんですよ。

で、大げさでなく、将来が見えたわけですよ。

「ウチに何度か来てくれさえいたら、この人はスタスタと歩けるようになるな~。人生が劇的に楽になるわ」って ( ̄ー ̄)ニヤリ

まあ結果はあの通り(^_^)

しょうじさん、1回目の触診で、すでに私の股関節痛が回復すること確信してたんですね。

まるで予言者みたい・・・。

そして、私の万年肩こりについても、アドバイスくれました:

肩こりのストレッチのことですが、

間接ストレッチうんぬんの前に、知っておいて欲しいことは、

人間の全身の筋肉ってつながっていて、綱引きのように引っ張り合っているわけですよ。ってことは、強い筋肉(群)が弱い筋肉(群)を引っ張って、歪みを作ってるわけです。

で、ようこさんの場合は、前面(胸や腕を曲げる筋肉・屈筋群と言います)が長年のストレッチやクセでめっちゃ短くなって、逆に後面(肩甲骨や背中側の筋肉・伸筋群)はノビノビになってたわけです。

で、その後面が「伸ばされてて」痛みやコリが出ている状態だったのに、それをさらにストレッチで「伸ばしてた」からアカンかったんです。

ようするに、毎日カラダの歪みを大きくするストレッチをしてたわけです。

消火しようとして、必死で水をかけてるつもりだったんでしょうが、実はそれはガソリンだったというwww

だから長年消えなかったんです。

こんな感じで、ほとんどの世の中の「慢性痛の正体は無知」から生まれています。「愛のムチ」とか言ってる場合じゃあないんですよ(笑)

ってことは、「有知(こんな言葉ないでしょうけど)」を世の中に増やせれば、苦しんでいる人たちが激減するだろうし、世の中もっとハッピーが増えるだろうな、のもとに僕は日々活動してるわけです。

何とかしてこの真実のメッセージを一人でも多くの方に広め、一人でも多くの方をお助けさせてもらいたい!って想いのみで生きてます。

いやはや・・・。こんなマッサージクリニック、初めてです!

そもそも、万年肩こりって、治らないものだと思ってました!慢性的な痛みだし、「しょうがない」ものだと思ってました。「治る」って概念すらありませんでした。

しかも、私の万年肩こりが、熱心にやっていたストレッチが原因の一つだったとは!!良かれと思ってやってきたのに、逆に悪化させていたとは・・・。

悪いストレッチは、百害あって一利なし!!

しょうじさんが、肩こり・首の痛みを改善する正しいストレッチを動画で紹介してます:

ついでなので、正しい前屈改善ストレッチも、ご紹介:

しょうじさんの、Balance and Posture – Gosford Clinicは、オーストラリア1のホンモノの「治せる」治療院です。

*しょうじさんのサイト:
https://balanceandposture.jimdo.com

さて、今回は、ここでおしまい。

続きは、こちら:

2017年2月頭に、右の股関節痛が始まりました。私の実体験を、「痛み始めるところから、回復に向かうところ」まで、順を追って時系列に記録しています。今回は「【右の股関節痛4】股関節痛になって3ヶ月後:Sydneyのしょうじマッサージクリニックで引き続き施術中」です。股関節痛の緩和に役立つ動画や、しょうじマッサージの施術ビフォー・アフター動画もあります。

The following two tabs change content below.

yokopoko

ソーイング大好き❤︎ 1969年4月9日、福井県生まれ。B型、おひつじ座、とり年。カナダのレスブリッジ大学で演劇と人類学を専攻後、カルガリー大学院で演劇を学ぶ。2017年の東京国際映画祭で旦那ラッセル(メルボルン生まれのオージー)と知り合う。2年間の遠距離恋愛を経て結婚。結婚後はシドニーに移住し、毎日ワイワイ楽しく、国際結婚7年目です!(2017年現在)。 Loves sewing! Born & grew up in Fukui prefecture in Japan. Obtained the MFA in Theatre Studies at the University of Calgary, and the BA in Drama & Anthropology (Double-majored) at the University of Lethbridge in Canada. Met my lovely Aussie hubby Russell at the Tokyo International Film Festival in 2007. We had 2 yrs of long distance love. We've been happily married in Sydney since our marriage in 2009.