ポケットティッシュカバー:風邪や花粉症で鼻水が大量に出る時の外出に役立つ!【ソーイングレシピ】

この記事が気に入ったらシェアしてね♪

ソーシャル

先週、風邪をひいたみたい。

「箱ティッシュを丸ごと一箱持ち歩きたーい!」というぐらい、鼻水が大量に出るわ、出るわ。

外出する時は、さすがに箱ティッシュをバッグに持ち歩く訳にもいかず・・・。

日本だったら、駅前で無料のティッシュ配ってて便利だけどね。オーストラリアには、そんなものないし・・・。買うと高いし。

なので、市販の箱ティッシュから抜き出したティッシュペーパーを、自分でハンドメイドした布製のティッシュケースに詰めて持ち歩いてました。

花粉症の時期に、持ち歩きたいティッシュケース 花粉症の季節は、外出中の鼻水が厄介。 日本なら駅周辺を歩けば、広告入りのポケットティシ...

これね、使う時は、とっても便利!鼻をかみたい時に、スッと引っ張ればすぐにティッシュが出てくるからね。

でも、一日で使い切っちゃう。翌日の外出用に、また新たに布ケースにティッシュペーパーを仕込むのが面倒臭い

だって、箱ティッシュから取り出したティッシュを、1枚1枚折りたたむ作業があるからね。

もっと良いアイディアがないもんか?

箱ティッシュから取り出したティッシュを、折りたたまずに、そのままのサイズでティッシュケースに入れられないものか。

・・・ってことで作ったのが、この試作品。

あれ?

ケースが小さすぎて、ティッシュペーパーが入らない!

( ̄□ ̄;)ガーン

最初の試作品は、大失敗。

そして、2つ目のティッシュケースをリベンジ製作!

今度は、ちゃんとティッシュが入りました!(パチパチ)

このままでは持ち運びしにくい・・・もうひと工夫!

だよね、広がったまんまじゃ、持ち運びしにくいんだよね。

二つ折り財布みたいに、折りたためないものか・・・

そして、出来上がったのが、これ!! 

⬆︎ 巻いてる紐を解くと、こんな感じ

むふ❤️

(*´艸`) クスクス

江戸っぽくて、いい感じ!

自分用のが出来上がると、今度は旦那ラッセルのも作りたくなりました。だって、ラッセルったら、鼻水が出る時、トイレットペーパーを丸ごと一つ、バッグに入れて持ち歩いてるんだもん。

ラッセルは外人なので(厳密に言うと、オーストラリアで『外人』なのは私ですが)、「外人と言ったら、相撲だろう!」と勝手に決めつけ、相撲柄のティッシュケースを作りました。

赤いこれです⬇︎

相撲柄の布が、少し余ったので、ラッセルの小銭入れも、ついでに作りました。(あ、写真取るの忘れた)

だって、ズボンのポケットに小銭をそのまま突っ込むので、家でズボンを脱ぐと、小銭がジャラジャラ床に落ちるんだもん。小銭入れがあれば、楽じゃないかと思って。

気に入ってもらえるといいな。

・・・と言うか、有無を言わさず使わせようっと!(笑)

v( ̄∇ ̄)v

The following two tabs change content below.

yokopoko

ソーイング大好き❤︎ 1969年4月9日、福井県生まれ。B型、おひつじ座、とり年。カナダのレスブリッジ大学で演劇と人類学を専攻後、カルガリー大学院で演劇を学ぶ。2017年の東京国際映画祭で旦那ラッセル(メルボルン生まれのオージー)と知り合う。2年間の遠距離恋愛を経て結婚。結婚後はシドニーに移住し、毎日ワイワイ楽しく、国際結婚7年目です!(2017年現在)。 Loves sewing! Born & grew up in Fukui prefecture in Japan. Obtained the MFA in Theatre Studies at the University of Calgary, and the BA in Drama & Anthropology (Double-majored) at the University of Lethbridge in Canada. Met my lovely Aussie hubby Russell at the Tokyo International Film Festival in 2007. We had 2 yrs of long distance love. We've been happily married in Sydney since our marriage in 2009.
この記事をお届けした
Yoko Kawabataの最新ニュース情報を、
いいねしてチェックしよう!

この記事が気に入ったらシェアしてね♪

フォローして新着記事を受け取ろう♪