大阪で、龍のガイドさんに会ったよ!

この記事が気に入ったらシェアしてね♪

ソーシャル

この話は、3−4年ぐらい前に、私の龍のガイドさんに会った話を、思い出しながら書いてます・・。

「自分のスピリチュアルガイドに会ってみたいなー」と、憧れていた私は、これまでにも、色々試しました。その結果わかったのは、

私には、龍のガイドさんがついているってこと!

じゃ、どうやって、そのことを知ったか、お話ししますね。

これまでに私が試した、スピリチュアル系のもの色々

(1)レイキのレベル1を受講
シドニーのMaki Shinkaiさんが運営する「Touch the World Crystal」を受講。
レベル1のみの受講なので、遠隔レイキとか高度なことは出来ないけど、自分の生理痛や、旦那のこむら返りの時などに、手を当てると、暖かくて痛みが和らぐ。
http://thegaiahouse.com/home/ワークショップ/レイキクラス/
(2)レイキカフェで、レイキの練習
大阪の辻葉子さんが主催する「NPO法人日本レイキ協会」で、定期的に開かれています。レイキカフェは、まるでカフェに遊びにくるみたいな感じで、堅苦しく考えず自由に参加して、レイキの練習をするというコンセプト。「ひびき」が、どんなものか体感できました。
http://www.japan-reiki.com/1_4_cafe.html
(3)ミディアムにリーディングしてもらう
大阪のミディアム(霊媒師)「マリディアさん」が、シドニーに出張リーディングに来た時に視てもらいました。自分の過去生を教えてもらいました。
https://www.facebook.com/magicmirror.maridia.hana/
マリディアさんのリーディング内容は、こんな感じ:

ブルガリアみたいな綺麗な景色のところに、大きな湖があり、そこで大きな水瓶に水を汲んでる女性が視えます。ようこさんですね。

ようこさんは、水瓶から水がこぼれないように、上手に汲む才能がありました。

他の人は、あなたのように上手に汲めないので、ようこさんは、他の人の分も代わりに汲んであげていました。

この水は、多目的に使えるもので・・・。ある人は、これを飲み水に使ったり。また別の人は、この水を洗濯に使ったり。ようこさんから、受け取った水は、一つの目的にしか使えないのではなく、それぞれの人が、自分に必要な、異なる用途に使えるから、とても助かっていたよう。

その湖の水は、溢れ出てくる泉のようで、ようこさんが、いくら汲んでも汲んでも、水は無尽蔵に出てきて、無くなる心配がありません。

ようこさんが、他の人の水を組んであげる時は、大きな水瓶にたっぷり汲みます。

でも、ようこさんが自分で使う分を汲む時は、小さい水瓶にすくうだけ。と言うのも、ようこさんには、「いつでも上手に水を汲むスキル」があるので、大きな水瓶に汲んで、貯めて置く必要がないから。だから、その時に欲しい分だけの分量を、小さい水瓶にすくって、新鮮なうちに使える。

まずは、自分の周りの人の水瓶を満たしてあげ、湖の水をシェアするところから始めて。そうすると、皆に喜ばれ、そこから、もっとたくさんの人を巻き込んで、大きな流れになるから。

私、この話を聞きながら、「ピピ」と直感が降りてきました。
「大きな湖の水を水瓶にこぼれないように汲む」というのは、比喩的な表現であり・・・。
ここでいう「水」は、実は「クリエイティブなアイディアのこと」。
アイディアは、生み出しても、生み出しても、まだまだ無尽蔵に出てくる。
私には、他の人にない、クリエイティブなアイディアを生み出すという才能がある。その才能を生かして出てきたアイディアを、他の人にシェアすると、周りの人も潤う。
 そして、上のマリディアさんのお話を聞きながら、「ありがたい、ありがたい」という気持ちが溢れてきて、なぜか号泣。
そして、もしかすると、「クリエイティブなアイディアを生み出して、それを周りの人にシェアする」が私の今世の、お役目なのかもと、「ふと」思いました。
(4)透視リーディングレッスン講座
大阪の「宇宙そら」さんが、行っています。
気さくで、親切な、大阪の温かいお母さん、って感じの方でした。
http://sora-in-osaka.la.coocan.jp/sub2.html

大阪の縮毛矯正の専門美容院に行く

この時ね、一年ぶりぐらいに、日本に一時帰国でした。

せっかく日本に行くなら、日本でしか出来ないことを沢山やろうと決めてた。日本の美容院で、縮毛矯正をしてもらうのも、リストに入ってた。

スタイリストさんと話しをしてると、お子さんの名前が(美容師さんの息子とか)。「龍」と判明!!!

シャンプーしてもらうことになり、洗面台の方に歩いて行くと、奥の小部屋の目隠し用に、大きなのれんを垂れ下げてたけど、そこに大きな龍が描かれてたの!!その上、(うぎゃーーー!!!)もう、龍づくし!!!これでもかー、これでもかーみたいな!!

大阪の宇宙そらさんの透視リーディングレッスン講座

そらさんが、開口一番、まず話してくれたのは、私たちはみんな愛であり、光だということを知り、思い出して頂きたいのです」と。

そして、そらさんの守護ガイドの白いひげのおじいさんに繋がる練習をしました。そのガイドさんに誘導されてもらいながら、自分のガイドの一人が視えるようになるというものでした。

その時、私は、自分のガイドとして、

能面の般若(はんにゃ)のような、

怖い形相のイメージを見ました。

その時は、それが何を意味してるのか全然分からなくて、「私の守護ガイドさんは般若なのかーー??!」と思いました。

(つうか、「私のガイドさんは、木で出来た、お面ですか?」みたいな??!!)

ところが、その晩、不思議なことが起こりました。

ある中華料理店に入り、焼き飯を注文。

私のテーブルの前には、ある中年男性が座って食事してました。

その男性は光沢感のあるサテン生地のスカジャンという、和柄刺繍入りのジャンパーを着てました。大阪の男性がよく着てそうな、鯉、富士、雲とかが背中に刺繍されてるチンピラ風なジャンパーです。
↓ こんな感じのやつね ↓

Source: http://item.rakuten.co.jp/a-gogo-wear/3rsj-024/

でも、ふと、その刺繍を見たら、椅子から転げ落ちそうなぐらいビックリしました。
その刺繍のデザインは、だったのですが・・・。

そのの顔が、その日の朝の透視リーディング講座で見た、能面の「般若」の顔と全く同じだったからです!!

(↓ 目がこんな感じでギョロっとしてた)

Source: https://read01.com/5nxQxz.html

これって、もしかしたら、私のガイドさんが:

あんたねー、私、龍なんですけどー!

般若じゃないっつうーの!

と伝える為にメッセージくれたのかなと、「ふと」思いました。

でもね!

大阪じゃ、よく見るジャンパーだし・・・・

龍のデザインも、この手のジャンパーにはよくありがち・・・

「でも、単なる偶然かもなぁ・・・」

・・・と半信半疑でした。

翌朝の飛行機の中で、またもや、不思議な出来事が・・・

釜山で10日間ほど仕事中だった旦那に会いに行くため、私は関西空港から飛行機に乗って、韓国の釜山に行くことに。

飛行機の席で「さて、持ってきたお弁当でも食べるか」と思いました。

飛行機って、前の席の背後に、機内食を食べるためのテーブルが備えついてるでしょ?
こんなやつね。↓

これをパタンと倒しました。

すると!!!

そのテーブルの上に鉛筆で落書きが。

なんと、「龍」と書いてありました!!!

また椅子からずっこけそうなぐらい驚きました。

「アーーーー!!!私がまだ半信半疑やったから、ガイドさんがまたメッセージ送ってきたー!!」と思いました。

龍神さま:

あんたなー、念のために、もう一回言うけどぉ!! 

わて、龍でっせ!!(怒)

こんだけ言うてんねんから、

もうほんま、ええ加減、信じてやぁー!

(横山やすし風に)

みたいな感じ???

大阪で出会っただけに、大阪弁にしてみた。(笑)

The following two tabs change content below.

yokopoko

ソーイング大好き❤︎ 1969年4月9日、福井県生まれ。B型、おひつじ座、とり年。カナダのレスブリッジ大学で演劇と人類学を専攻後、カルガリー大学院で演劇を学ぶ。2017年の東京国際映画祭で旦那ラッセル(メルボルン生まれのオージー)と知り合う。2年間の遠距離恋愛を経て結婚。結婚後はシドニーに移住し、毎日ワイワイ楽しく、国際結婚7年目です!(2017年現在)。 Loves sewing! Born & grew up in Fukui prefecture in Japan. Obtained the MFA in Theatre Studies at the University of Calgary, and the BA in Drama & Anthropology (Double-majored) at the University of Lethbridge in Canada. Met my lovely Aussie hubby Russell at the Tokyo International Film Festival in 2007. We had 2 yrs of long distance love. We've been happily married in Sydney since our marriage in 2009.
この記事をお届けした
Yoko Kawabataの最新ニュース情報を、
いいねしてチェックしよう!

この記事が気に入ったらシェアしてね♪

フォローして新着記事を受け取ろう♪