沖縄プロジェクト:マイ箸ホルダーのデザインプロセス / Okinawa Project: Portable My Chopstick Holder’s Design Process

この記事が気に入ったらシェアしてね♪

ソーシャル

ご縁あって、沖縄の布で、ものづくりすることになりました。

まずは、沖縄で作られた布を4種類お借りして、サンプル作品を作ってます。下の写真が沖縄の布。上4種類の布の柄物の布です。左上から順に:

  • 黒地に、松、竹、梅の文様
  • 紫地に、蝶、ハイビスカス(?)、植物の葉の文様
  • 白地に、松、竹、梅、水の文様
  • 黄色地に、鳳凰、ボタンの花

沖縄の布って、とてもカラフル!7色のレインボーカラーが使われてます。どれもコットンの布。紫地は少し厚めだけど、その他の3色は薄手の生地です。どんなものを作ったら、このパワフルな色のエネルギーを生かせるのかと、試行錯誤中!

まずは、沖縄人が提案してくれた作品アイディア、「箸入れ」のデザインを考えてみました。箸入れと聞いて、すぐに思いついたのは「PRACTICAL ORIGAMI」という本に載っていた、折り紙で作る箸入れの形。この本は、日常生活で使える折り紙の折り方が沢山載っている優れもの。ただ単に可愛い飾りものを作る折り紙もいいけど、この本の作品は実際に役立つ「箱」「入れ物」「包みもの」を作れる本です。

PRACTICAL ORIGAMI: Folding Your Way to Everyday Accessories. Tuck, wrap, flatten, layer, gift, decorate. Turn simple paper into all kinds of useful objects.

本「PRACTICAL ORIGAMI」の購入は、こちらからどうぞ!

日本国内で、Amazon.co.jpから買うならこちらをクリック

アメリカで、Amazon.comから買うならこちらをクリック

「PRACTICAL ORIGAMI」の本を見ながら作ったのが、下の黄緑色の折り紙作品。箸を入れるところが、着物みたいなデザインで素敵です。

沖縄の着物って、派手で可愛いデザインだけど、沖縄の布で「沖縄の着物みたいな箸入れ」が作れないものかと思いつきました。「PRACTICAL ORIGAMI」の箸入れは、折り紙で作ることを想定してるので、同じ形を布で作ることは出来ません。布で似たような形を再現するにはどうしたら良いのかと、方眼紙で何個も試作品をデザインしました(下の写真の右)。

紙で模型作りし、アイディアを試行錯誤中

そうやって生まれたのが、下の試作品第1号!

沖縄のテキスタイルデザイン

沖縄出身の人に「沖縄と言えば、何色?」と聞いてみたら、即答で:

紫!黄色!赤!緑!

派手な柄物の布のエネルギーを生かすために、作品の裏地は、沖縄人おすすめの4色を使うことにしました。裏地も派手な柄物だと、喧嘩するかなーと思って。

The following two tabs change content below.

yokopoko

ソーイング大好き❤︎ 1969年4月9日、福井県生まれ。B型、おひつじ座、とり年。カナダのレスブリッジ大学で演劇と人類学を専攻後、カルガリー大学院で演劇を学ぶ。2017年の東京国際映画祭で旦那ラッセル(メルボルン生まれのオージー)と知り合う。2年間の遠距離恋愛を経て結婚。結婚後はシドニーに移住し、毎日ワイワイ楽しく、国際結婚7年目です!(2017年現在)。 Loves sewing! Born & grew up in Fukui prefecture in Japan. Obtained the MFA in Theatre Studies at the University of Calgary, and the BA in Drama & Anthropology (Double-majored) at the University of Lethbridge in Canada. Met my lovely Aussie hubby Russell at the Tokyo International Film Festival in 2007. We had 2 yrs of long distance love. We've been happily married in Sydney since our marriage in 2009.
この記事をお届けした
Yoko Kawabataの最新ニュース情報を、
いいねしてチェックしよう!

この記事が気に入ったらシェアしてね♪

フォローして新着記事を受け取ろう♪