シドニーで歯列矯正:輪ゴム装着中(2015年7月31日)

この記事が気に入ったらシェアしてね♪

ソーシャル

小さい輪ゴムを装着してます

これで、上の歯と下の歯の隙間を調整するようです。

輪ゴムをすると喋るのも結構大変。人前で喋る必要のある時、口を開けると輪ゴムがビヨーーーンと、伸びるので結構びっくりされる(笑)。

物を食べる時は、外さないと食べれません。旦那くんと外食に行った時、輪ゴムを外してたらドン引き〜!!なので、あらかじめ外してから出かけた方が良いです。

輪ゴムが小さいので、装着する時や、外す時に知らぬ間に1つ、2つ落とすことがあるようで・・・。多分、私や旦那くんの足にくっついて運ばれるのか、「えっ?なぜトイレの床に輪ゴムが?!」みたいに、予想外な場所でこの輪ゴムに遭遇することがあります。

朝から晩まで出来る限り長時間装着するのが理想らしい。でも正直に白状すると、私、結構怠けてました。

ご飯やおやつを食べる度に外さないといけないし、装着する時は鏡が無いと正しい場所に付けれないので面倒臭くて・・・。

矯正医にも正直に告白したら、「1日の装着時間が長い程、早く終われるからね。面倒なのは分かるけど、寝る時だけは付けてね」と言われました。

なので、寝る時だけは必ず装着。

この記事をお届けした
Yoko Kawabataの最新ニュース情報を、
いいねしてチェックしよう!

この記事が気に入ったらシェアしてね♪

フォローして新着記事を受け取ろう♪