“5 DAYS ART CHALLENGE”—DAY 2

この記事が気に入ったらシェアしてね♪

ソーシャル

“5 DAYS ART CHALLENGE”—DAY 2

Over on facebook, there’s an art challenge going on.  On my post, I’m revisiting my artistic works from the past.
  • RULES: 
  1. Participants who are nominated are to post 3 pieces of art for 5 days; and may nominate 1 or 2 artists to take up the challenge.
  2. And don’t forget to post the name of the artist that nominated you.
  • NOMINATED BY: Hana Akiyama 
  • I NOMINATE:  Meg O’Shea (You can continue this game, or stop. It’s up to you)

————————————————————————————

(In Japanese) 

“5 DAYS ART CHALLENGE”—2日目

アメリカ発祥のFacebook企画で、アーティスト・チャレンジが行われています。私のこれまでの作品を紹介します。
  • ルール:
  1. Facebookに5日間連続で自分の作品を3点アップする。他のアーティストを1名ないし2名ノミネート(指名)してチャレンジしてもらう。
  2. ノミネートして頂いた作家さんとノミネートした作家さんをタグ付けするルールなようです!
  • 私を推薦してくれたアーティスト:秋山華さん
  • 私が推薦するアーティスト:Meg O’Sheaさんバトンを受け取ってゲームに参加してもいいし、バトンは受け取らなくても大丈夫です)

————————————————————————————

[Click above link to view more photos / 上のリンクをクリックするともっと写真が見れます]



After graduated from Grande Prairie Regional College, I enrolled at the University of Lethbridge in Alberta. I saw a dance audition notice on campus. Although I had never learnt to dance before, I was curious to learn a new medium. I’m thankful to my choreographer Betty Paulson who chose me. Betty created this inspirational dance piece, which incorporated stomp dance and Indonesian dance movements. It was such a valuable experience for me to participate and observe her incredible creation process. Like I explained in my previous post “5 DAYS ART CHALLENGE–DAY 1“, I had previously acted in plays, which were written by playwrights–my role as an actor was to interpret the script and act genuinely. During this dance productions, I discovered that a dance creation process also involves many ‘ah-ha!’ moments. I witnessed that Betty was often jumping with joy whenever she received ‘ah-ha!’ intuitions.  Through this dance production, I met this incredible dancer, Meg O’Shea.  I really admired her attitude during our hard rehearsals–she was always positive, energetic, hardworking, and danced with a charming smile.     


グランド・プレーリー・リージョナル・カレッジを卒業後は、アルバータ州のレスブリッジ大学に進学しました。ダンスオーディションのチラシを見て、挑戦したくなりました。ダンスの経験はゼロでしたが。振付師のベティー・ポルソンにはすごく感謝してます。ストンプダンス(足を踏みならして踊るダンス)とインドネシアの踊りを組み合わせたダンスで、彼女のクリエイションプロセスに触れる事が出来て素晴らしい体験でした。脚本家が書いた劇を演じる際は、俳優は脚本を「自分なりに解釈する」事を通して「アハッ!」を体験しますが、ダンスのクリエイションプロセスでも「アハッ!」体験が起こるんだと学びました。ベティーが「アハッ!」の直感を得た時には、喜びで飛び上がっていたのを覚えています。このプロダクションを通して、Meg O’Sheaさんという素晴らしいダンサーに出会いました。リハーサルは大変だったけど、彼女はいつもポジティブなエネルギーに満ちていて、勤勉で、素敵な笑顔でダンスを踊り、チャーミングな彼女に憧れてました。

————————————————————————————

WORK 2–Elements of Our Hearts (2000, Lethbridge, Canada)

[Click above link to view more photos / 上のリンクをクリックするともっと写真が見れます]

I was so lucky to have had another opportunity to learn dance by Betty Poulson.  If I were 1 year late to come to this school, Betty wouldn’t be there any more. Betty discovered a way to utilise my unique double-jointed, super-flexible body into a dance piece. I had never thought such things would be useful for dancing!!   I’m very thankful to Betty because I later made more and more performing pieces, which I used my uniquely flexible body features. I wouldn’t be creating such pieces if I didn’t meet Betty at this point of my life, seriously. 

本当にラッキーな事に、ベティー・ポルソンの元でもう一度ダンスを学ぶ機会がありました。1年遅かったら、ベティーから学ぶ事は出来なかったのです。私は昔から関節が異様に柔軟ですごく奇妙な動きが出来るんだけど、ベティーはそんな個性をダンスに生かす事を教えてくれました。こんなヘンテコリンな特性が、まさかダンスに役立つとは夢にも思いませんでした!ベティーから学んだお陰で、この後も自分の関節の柔らかさを生かした個性的なパフォーマンスをいくつも作り上げる事になったんです。あの時、彼女に出会っていなかったら、そういうアイディアは思いつかなかったと思うので、彼女に出会えたことは本当に幸運でした。

————————————————————————————WORK 3–The Octopus Piece (2000, Lethbridge, Canada)

[Click above link to view more photos / 上のリンクをクリックするともっと写真が見れます]

This was my first performing art piece, which I created from the scratch.  As I had never created my own performance piece before, it was very scary for me to this. My drama/dance teacher Lisa Doolittle was so amazing, and I received many encouragements and inspirations. I experienced many magic ‘ah-ha’ intuitions during this creation process.  My juggler friend Niall Mckenna also gave me great insights for how to incorporate music with a performing piece.  Niall had been creating his own juggling performing pieces, and taught me to listen to the music carefully, and use the emotional tone/mood of the music to assist what I wanna express in my dance movement.    


この作品は1から自分で作ったものです。何も無いところから、自分でパフォーマンスを創作するなんて初めてのことで、めっちゃくちゃ怖かったのを覚えてます。当時の演劇・ダンスの先生だったLisa Doolittleは、沢山の励ましとアイディアをくれて本当に感謝してます。 クリエイションプロセス中に、沢山の「アハッ!」な直感を得ました。友人のNiall Mckennaも夜な夜なリハーサルを見に来てくれて、色々とアドバイスをくれました。 彼はジャグラーで、彼自身も1からジャグリングのパフォーマンスを何度も作っていたので、彼の助言は本当に助かりました。音楽をよく聞いて、その音楽に含まれるトーンやムードをどうやってダンスの動きに組み込んでいくかを学びました。

————————————————————————————

WORK 4–The Opposite Man (2001, Lethbridge, Canada)

[Click above link to view more photos / 上のリンクをクリックするともっと写真が見れます]





Lethbridge wasn’t a big city, but many artistic actives were happening. There was a collaborative art project called, ‘Dada Cabaret‘ at the Trianon Gallery, and I performed an original solo performance art piece.  I used both Gil Shaham and Karen Finley music in my piece. I enter the stage in my beautiful yukata (summer kimono) with a big white laundry basket. On stage, I started to take off my yukata and put on a man’s clothes instead–transforming from a Japanese woman to a Western man. On the 3rd photo, I may look like facing front and making a bow to the audience, but I was actually facing toward the window. I was using my super flexible double-jointed body to make an illusion, as if I was dancing toward audience. I saw many more intriguing Dada performance pieces on that cabaret night. 


私が住んでいた街レスブリッジは大きな街ではありませんでしたが、アーティスティックな活動が盛んな街でした。この日は、アートギャラリーで、「ダダ・キャバレー」というアートプロジェクトが行われ、私はソロのパフォーマンスを披露しました。3番目の写真は、一見するとお辞儀してるように見えるかもしれないけど、体の柔軟さを生かして、後ろ向きなのに、まるで前を向いてダンスしてるかのよう見せてます。

The following two tabs change content below.

yokopoko

ソーイング大好き❤︎ 1969年4月9日、福井県生まれ。B型、おひつじ座、とり年。カナダのレスブリッジ大学で演劇と人類学を専攻後、カルガリー大学院で演劇を学ぶ。2017年の東京国際映画祭で旦那ラッセル(メルボルン生まれのオージー)と知り合う。2年間の遠距離恋愛を経て結婚。結婚後はシドニーに移住し、毎日ワイワイ楽しく、国際結婚7年目です!(2017年現在)。 Loves sewing! Born & grew up in Fukui prefecture in Japan. Obtained the MFA in Theatre Studies at the University of Calgary, and the BA in Drama & Anthropology (Double-majored) at the University of Lethbridge in Canada. Met my lovely Aussie hubby Russell at the Tokyo International Film Festival in 2007. We had 2 yrs of long distance love. We've been happily married in Sydney since our marriage in 2009.
この記事をお届けした
Yoko Kawabataの最新ニュース情報を、
いいねしてチェックしよう!

この記事が気に入ったらシェアしてね♪

フォローして新着記事を受け取ろう♪