“5 DAYS ART CHALLENGE”—DAY 1

この記事が気に入ったらシェアしてね♪

ソーシャル

“5 DAYS ART CHALLENGE”—DAY 1

Over on facebook, there’s an art challenge going on.  On my post, I’m revisiting my artistic works from the past.
  • RULES: 
  1. Participants who are nominated are to post 3 pieces of art for 5 days; and may nominate 1 or 2 artists to take up the challenge.
  2. And don’t forget to post the name of the artist that nominated you.
  • NOMINATED BY: Hana Akiyama 
  • I NOMINATE:  Shinsuke Funaki (You can continue this game, or stop. It’s up to you)
——————————————————————————————————
(In Japanese) 

“5 DAYS ART CHALLENGE”—1日目

アメリカ発祥のFacebook企画で、アーティスト・チャレンジが行われています。私のこれまでの作品を紹介します。
  • ルール:
  1. Facebookに5日間連続で自分の作品を3点アップする。他のアーティストを1名ないし2名ノミネート(指名)してチャレンジしてもらう。
  2. ノミネートして頂いた作家さんとノミネートした作家さんをタグ付けするルールなようです!
  • 私を推薦してくれたアーティスト:秋山華さん
  • 私が推薦するアーティスト:舟木紳介さんバトンを受け取ってゲームに参加してもいいし、バトンは受け取らなくても大丈夫です)



————————————————————————————WORK 1–The Sound of Music (1995, Fukui, Japan)

[Click above link to view more photos / 上のリンクをクリックするともっと写真が見れます]





My drama career has started when my friend Shinsuke Funaki asked me to join his local English musical group, ‘The Fukui Theatre Company’.  For our 1st production, we performed ‘The Sound of Music’.  My role was ‘Elsa’ the beautiful, but mean mother-in-law.  This was my first performing experience, but I really enjoyed it. For our 2nd production, a new Canadian director Ron Dick joined and he taught ‘Theatre Impro warm-up games’. This was a wake-up call for me, and lead me to pursue drama  education in Canada. I’m still thankful to Shinsuke Funaki who included me to his theatre group–this experience basically changed my life.  



私の友人の舟木紳介さんが、地元の福井市で、英語ミュージカルグループの「フクイ・シアター・カンパニー」に入らないかと声を掛けてくれたのがきっかけで、私の演劇の一幕が始まりました。 最初のプロダクションは「サウンド・オブ・ミュージック」。私の役は美人だけど意地悪な「エルサ」。生まれて初めての体験だったけど、とても楽しかった。2回目のプロダクションではカナダ人演出家のロン・ディックさんが加わり、「シアター・インプロ・ゲーム」について学びました。雷に打たれたようなビビッという衝撃を受けて、カナダでもっと演劇を学びたいと思うきっかけになりました。私をシアターグループに誘ってくれた舟木紳介さんには今でもすごく感謝してます。何しろこの体験が私のその後の人生を変えてしまったのですから。

————————————————————————————WORK 2–Alias (1997, Grande Prairie, Canada) 

[Click above link to view more photos / 上のリンクをクリックするともっと写真が見れます]




After I arrived in Canada, I started learning English at a ESL school in the Grande Prairie Regional Collage, Alberta. I saw drama audition notice posters on campus, but I was afraid that my English was not good enough to perform with other Canadians…but I took the audition anyway and got my role ‘Amy’ as a saloon prostitute.  I still remember the excitement when my director called me and said, “Congratulation. You got a role for Amy!” But he warned me that this role would require possible nudity or underwear showing on stage. I said, “I would do anything. I mean, ANYTHING if I can perform”.  In the 2nd photo, I was in a ‘penis’ costume at a saloon–and yes, my panty was fully exposed to view. There was no nudity in the show. But ‘an accident’ happened on the 2nd night production, and my boob was accidentally exposed when my penis costume was taken off during the show. (I didn’t notice the accident and another actress fixed it for me later on stage. But it looked so natural and audience thought it was part of the show).  I’m very thankful to the director Joe Amon who took a risk and casted me–after all, I had just arrived to Canada 3 months ago and was the only ESL student among other experienced Canadian actors. 



カナダに到着して、アルバータ州のグランド・プレーリー・リージョナル・カレッジ付属の英語学校で英語を学び始めました。学校内で演劇オーディションのポスターを見かけましたが、自分の英語力ではカナダ人俳優に混じって演じるのは難しいんじゃないかと不安でした・・・でもダメ元でオーディションを受けてみることに。すると酒場の売春婦「エイミー」の役をもらってしまいました。演出家が電話で「おめでとう!エイミーの役をやってもらうよ」と言った時の感動は今でも忘れられません。でも演出家は「劇中で裸、もしくは下着になるシーンがあるよ」と警告してきました。私は「演じられるなら何でも、本当に何でもやります!」と無我夢中でした。2番目の写真は「酒場でペニスのコスチュームを着てる」シーンですが、はい、パンツ丸見えでした。裸になるシーンは無かったはずですが、2日目の夜の公演時に「事故」が起きました。ペニスのコスチュームを脱がしてもらうシーンで、うっかりおっぱい丸出し事故が!(自分では全然気づかなくて、後ほど他の女性パフォーマーが直してくれました。あまりにも自然だったので、観客達はパフォーマンスの一部だと思ったらしく、事故だったと気づかなかったようです)今でも演出家のジョー・アモンさんには感謝してますーー当時カナダに来てまだ3ヶ月目で英語学校で学んでる最中の私を、他のもっと演劇経験のあるカナダ人役者達との舞台に起用してくれたのですから。

————————————————————————————WORK 3–The Snow Queen (1998, Grande Prairie, Canada) 

[Click above link to view more photos / 上のリンクをクリックするともっと写真が見れます]


After I finished my ESL course, I enrolled the Grande Prairie Regional College and started taking drama courses. My teacher/director Karla Parks produced ‘The Snow Queen’ show. I played the parts of “Grandma” and “Robber Woman”.  I’m very thankful for Karla for trusting me and gave me such important characters to perform.  It was a major challenge for me, but I went through the so-called ‘ah-ha’ moment during this creative process. Karla also introduced me an amazing book ‘The Courage to Create’ (written by Rollo May).  This book, along with my own ‘ah-ha experiences’ eventually led me to pursue my master’s degree in drama so that I could learn more about creativity and its magical process. 


英語学校を終えた後、グランドプレーリー・リージョナル・カレッジに入学し、演劇のクラスで学び始めました。先生/演出家のカーラ・パークスが「氷の女王」の劇を手がけることになり、私は「おばあさん」と「泥棒一味の親分」の2役を演じることに。私のことを信じてくれてこんな大役をくれたカーラにはとても感謝してます。すごく難しい役だったけど、クリエイティブプロセス中に起こる、いわゆる「アハッ!」的なアイディアが生まれる瞬間を経験出来ました。カーラは、‘The Courage to Create’ (Rollo May著)という素晴らしい本も紹介してくれました。この本と、 自分自身の「アハッ!体験」がのちに演劇で修士号を目指し、クリエイティビティーや創造のプロセスを学ぶきっかけになりました。

The following two tabs change content below.

yokopoko

ソーイング大好き❤︎ 1969年4月9日、福井県生まれ。B型、おひつじ座、とり年。カナダのレスブリッジ大学で演劇と人類学を専攻後、カルガリー大学院で演劇を学ぶ。2017年の東京国際映画祭で旦那ラッセル(メルボルン生まれのオージー)と知り合う。2年間の遠距離恋愛を経て結婚。結婚後はシドニーに移住し、毎日ワイワイ楽しく、国際結婚7年目です!(2017年現在)。 Loves sewing! Born & grew up in Fukui prefecture in Japan. Obtained the MFA in Theatre Studies at the University of Calgary, and the BA in Drama & Anthropology (Double-majored) at the University of Lethbridge in Canada. Met my lovely Aussie hubby Russell at the Tokyo International Film Festival in 2007. We had 2 yrs of long distance love. We've been happily married in Sydney since our marriage in 2009.
この記事をお届けした
Yoko Kawabataの最新ニュース情報を、
いいねしてチェックしよう!

この記事が気に入ったらシェアしてね♪

フォローして新着記事を受け取ろう♪