Dining room design for lorikeets / とりの食堂をデザイン

この記事が気に入ったらシェアしてね♪

ソーシャル

PROJECT NAME: The Lorikeets’ Dining Room

CLIENTS: Lorikeets in Ultimo, Australia

PROJECT BRIEF: 
The clients (lorikeet birds) lives in Ultimo.  They love “The large wild bird treat” and come to the balcony for breakfast.  As this treat was solidified by honey, the honey melts easily when it rains.  After the rain, the treat gets soggy and become less appatising for the clients. In order to keep the treat dry and maintaining the quality, the clients want an innovative, contemporary design dining room that respects the integrity of the balcony.  The designer need to develop the design from the site, the needs, interests and personalities of the clients. 

ASSESSMENT/COMMENTS BY THE CLIENTS: “Chirp, chirp, chirp, chirp” 

(Please note, this is not an assignment from my Interior Design school…)
プロジェクトネーム:とりの食堂

クライアント氏名:オーストラリアのウルティモ地区在住のオウム「ローラキート」

プロジェクト詳細:
ウルティモ地区に在住のオウム様からのご依頼。「大型鳥用の餌」を朝食として召し上がる為にバルコニーにご来店される常連顧客。蜂蜜で固めたお食事が、雨に濡れると溶けてバラバラになる事がご不満。濡れて湿っぽくなると、せっかくの味も落ちるとご立腹。お食事が濡れずに品質を保つ為の、革新的かつコンテンポラリーな食堂のデザインをご依頼。既存のバルコニーとの調和するデザインをご希望。

顧客レビュー:「チュン、チュン、チュン、チュン」

(ちなみに、これはインテリアデザインの学校の宿題ではありません。。。)

The following two tabs change content below.

yokopoko

ソーイング大好き❤︎ 1969年4月9日、福井県生まれ。B型、おひつじ座、とり年。カナダのレスブリッジ大学で演劇と人類学を専攻後、カルガリー大学院で演劇を学ぶ。2017年の東京国際映画祭で旦那ラッセル(メルボルン生まれのオージー)と知り合う。2年間の遠距離恋愛を経て結婚。結婚後はシドニーに移住し、毎日ワイワイ楽しく、国際結婚7年目です!(2017年現在)。 Loves sewing! Born & grew up in Fukui prefecture in Japan. Obtained the MFA in Theatre Studies at the University of Calgary, and the BA in Drama & Anthropology (Double-majored) at the University of Lethbridge in Canada. Met my lovely Aussie hubby Russell at the Tokyo International Film Festival in 2007. We had 2 yrs of long distance love. We've been happily married in Sydney since our marriage in 2009.
この記事をお届けした
Yoko Kawabataの最新ニュース情報を、
いいねしてチェックしよう!

この記事が気に入ったらシェアしてね♪

フォローして新着記事を受け取ろう♪