アイスクリームメーカー用カバー

この記事が気に入ったらシェアしてね♪

ソーシャル
↑ 手前に、縦に長いピンク色のジッパーがついている ↑

↑ 袋上部のアップリケ&刺繍デザイン ↑

↑ 袋側面の刺繍デザイン ↑

先日アイスクリームメーカーを買いましたが、マシーン本体を使っていない時にホコリがつかないように仕舞っておける袋が欲しくなりました。

『どんな袋の形にしようかな・・・』と考えてみました。日本のアイスクリームメーカーは0.5~0.6リットル分のアイスを作る為の小柄なマシーンが多いようですが、ここオーストラリアにはそんな小型な機種はありません。私の買ったのも1.5リットル分のアイスが作れます。それだけの量を作る為には、マシーンもそれなりに大きくて重いです。この重さのマシーンを出し入れする為には、きんちゃく袋では大変です。袋上部から重いマシーンを取り出す際に、うっかり手を滑らせて落としたくもありません。

『長いジッパーをつけて、袋の横から出し入れ出来る袋だと、重いマシーンを出し入れするのもスムーズでいいなぁ・・・』と思っていたちょうどそんな時・・・。日本の100円ショップで購入し、ずっと愛用してた洗濯ネットの一つが破けてしまいました。洗濯ネットのジッパーは長いので、『アイスクリームメーカーを出し入れするのに便利かも!』とひらめきました。

オーストラリアではジッパーがやたら高いので、破けた洗濯ネットがリサイクル出来て一石二鳥でした。

The following two tabs change content below.

yokopoko

ソーイング大好き❤︎ 1969年4月9日、福井県生まれ。B型、おひつじ座、とり年。カナダのレスブリッジ大学で演劇と人類学を専攻後、カルガリー大学院で演劇を学ぶ。2017年の東京国際映画祭で旦那ラッセル(メルボルン生まれのオージー)と知り合う。2年間の遠距離恋愛を経て結婚。結婚後はシドニーに移住し、毎日ワイワイ楽しく、国際結婚7年目です!(2017年現在)。 Loves sewing! Born & grew up in Fukui prefecture in Japan. Obtained the MFA in Theatre Studies at the University of Calgary, and the BA in Drama & Anthropology (Double-majored) at the University of Lethbridge in Canada. Met my lovely Aussie hubby Russell at the Tokyo International Film Festival in 2007. We had 2 yrs of long distance love. We've been happily married in Sydney since our marriage in 2009.
この記事をお届けした
Yoko Kawabataの最新ニュース情報を、
いいねしてチェックしよう!

この記事が気に入ったらシェアしてね♪

フォローして新着記事を受け取ろう♪