ブラザー(Brother)のミシン「BC-2500」を使ってみたよ♪

この記事が気に入ったらシェアしてね♪

ソーシャル

ミシンを買っちゃいました!

ブラザー(Brother)の「BC-2500」です。

コンピューター制御のミシンで、50種類のステッチが出来るという、すごいすごいマシーンです。

新製品がもうすぐ発売されるらしく、この旧型はセール品になってました!通常$600の高価なミシンですが、半額セールで$299に!

もう買うしかない!

ミシンの全面には、50種類のステッチ見本が印刷されています。・・・が、これだけ見ても実際に布に縫ってみた時の感じがつかめないのですね。

ステッチ見本表を手作り

というわけで、端切れ布に、実際に色んなステッチを試し縫いしてみました。

ステッチ見本を見る限りではそんなに可愛いとは思わえなかった刺繍模様でも、実際に布の上である程度の長さを縫ってみると、刺繍がつながるのですごく可愛かったりするんです。

例えば、「ステッチ24番」は、ステッチ見本では『米』マークのような形です。

これを実際に布に縫ってみると、これ!⬇︎

⬆︎ お花模様の刺繍っぽくなり、超可愛い!

シンプルで無地の布地でも、そこにカラフルな色で刺繍をする事により、色んなデザインを作れます。

この色の組み合わせを考えるのが本当に面白い!

この記事をお届けした
Yoko Kawabataの最新ニュース情報を、
いいねしてチェックしよう!

この記事が気に入ったらシェアしてね♪

フォローして新着記事を受け取ろう♪